「L-リンゴ酸」と「DL-リンゴ酸」その違いとは?リンゴ酸の効能や効果のまとめ

リンゴ酸によるダイエット効果!リンゴ酸との相性の良い栄養は?
2018年4月10日
スピルリナの効能と効果、作用とは?スーパーフードと言われる理由とは?
2018年4月10日

「L-リンゴ酸」と「DL-リンゴ酸」その違いとは?

リンゴ酸は、1785年に発見された有機酸(酸性の有機化合物の1種)の1種で、リンゴをはじめ、野菜や果物に多く含まれています。
この成分は体の中にあるブドウ糖を分解するクエン酸サイクルの中の化合物の一つで、リンゴ酸を摂取すると、クエン酸サイクルが良く活動をして疲労を回復させる作用があります。
その他、ダメージをうけた毛髪は表面に空洞ができているのですが、リンゴ酸はこの空洞を埋める作用がありヘアケア商品としても使われています。

さらに、カルシウムを加えたクエン酸リンゴ酸カルシウムはカルシウムの吸収を高める性質があり、特定保健用食品としても発売されています。
私たちの体は本来は弱アルカリ性に保たれていますが、弱酸性に体が傾くと太り過ぎたり白髪や皺が増えたり老化現象が進みやすくなります。
リンゴ酸には体内を弱アルカリ性に保つ作用があるので、アンチエイジングに役立つばかりでなく胃腸病を予防したりデトックス作用があったり自然治癒力を高める作用があります。

その他、この成分には爽やかな酸味があるので食品添加物の中の酸味料として使われています。
ジュース等の飲料やシャーベットやアイスやゼリーによく使われます。
マヨネーズや漬物の酸味料としても使われています。
その他、食品の酸性度、アルカリ性度を調整して適度のph度に保つためにも使われます。
この適度のph度を保つことにより、食品に細菌が増えるのを防いだり、食品の変質や変色を防いだり、水と油のように混ざりにくい物を混ぜる乳化剤としても使われます。
乳化剤としては口紅などのメイクアップ製品の顔料を均質にするのにも使われています。

L-リンゴ酸とDL-リンゴ酸の違い

リンゴ酸は、真ん中に炭素を持つ化合物です。
炭素には4本の手があり、それぞれの手が別の化合物と手をつなぐと、化学式では全く同じように書き表すことができますが、違った性質の化合物が2種類出来上がります。
いいかえると、炭素の上と下の手が持つ化合物は同じで右手に持つ化合物と左手に持つ化合物が入れ替わった場合、鏡に映すと同じ構造になるものが存在して、一方をL-リンゴ酸、他方をD-リンゴ酸と呼んで区別します。
天然に存在するのは、すベてL-リンゴ酸です。

従って体内で疲労回復や、アンチエイジングようにサプリメントとして用いられるのは、すべて、L-リンゴ酸となります。
一般に酸味料やph調性剤、乳化剤のような食品添加物、口紅などのメイクアップ商品などの乳化剤に使われる場合はL-リンゴ酸とD-リンゴ酸が等量混じったものが安価に手に入りますのでよく使われます。
その理由は化学合成によってDL-リンゴ酸は作ることができるからです。

このDL-リンゴ酸はL-リンゴ酸とD-リンゴ酸に分けることは困難です。
なお、D-リンゴ酸は、空気中の水分を吸いこみやすい無色の針状であり、融点が100℃、水、アルコールに溶けやすい性質を持っています。
DL-リンゴ酸は、融点130℃から131℃で、食品添加物や口紅やヘアケア商品に添加するのに非常に適した物質です。
体に有用で食品添加物としても広く用いられているリンゴ酸ですが注意すべき事は過剰に摂取してしまうと、口内炎を起こすと言う作用が見られる場合があるのでサプリメントとして利用する場合は、目安量を守るようにしましょう。

自然界に存在するリンゴ酸

リンゴ酸は、自然界に存在するものがL-リンゴ酸であり、この成分がヒトの体の中のブドウ糖を分解するクエン酸サイクルの中の1種の化合物であることから疲労回復に効果があります。
クエン酸サイクルは疲労で体内に乳酸がたまると、その乳酸を分解する事により活発に活動しますのでリンゴ酸によりクエン酸サイクルを活性化させるとストレスや食生活の乱れやストレスで停滞していたクエン酸サイクルが良く動き疲労回復がなされるのです。
さらに、この働きにより体内にエネルギーがスムーズに提供されますので新陳代謝が活発となります。
このために使われるリンゴ酸は天然に存在するL-リンゴ酸であり、サプリメントとして販売されています。

しかしながらリンゴ酸自体を1日1200mg以上を摂取すると、口内炎が起きる可能性がありますので過剰摂取に注意しましょう。
前述したように、化学反応でつくられるリンゴ酸はL-リンゴ酸とそれと鏡に映った関係のあるD-リンゴ酸が混じったもので化学反応により作られDL-リンゴ酸と呼ばれます。
こちらは、値段が安価なので食品添加物や口紅などの化粧品の顔料の乳化剤や歯磨き粉などに広く使われています。
食品の中では野菜や果物に多く含まれていますが果物の方は野菜より多く含まれています。
その他、この成分を多く含む果物を原料としたワインや、酢にも多く含まれています。

例えばリンゴ酢や、ブドウを原料としたワインにも含まれていますので、リンゴ酸を摂取したいと思えばワインやリンゴ酢を利用するのも良い方法の一つです。
もちろん自然界に存在するリンゴ酸もL-リンゴ酸です。

「リンゴ酸」の健康効果まとめ

毎日を健康で元気でいる為に

健康で元気な体を維持したいと考えた場合に有効と注目を集めているのが、リンゴ酸です。
その名前の通り、リンゴに多く含まれている有機酸の一種です。
リンゴというのはただ甘いだけでなく独特の酸味があります。
この酸味を生み出しているのがリンゴ酸と呼ばれる成分です。

この成分はリンゴのみに含まれているというものではなく、バナナやザクロ、サクランボやブドウ等の果物にも含まれていて、その中でも代表的な果物がリンゴの為、リンゴ酸と呼ばれています。
このリンゴ酸の特徴は、疲労回復効果や新陳代謝の促進効果です。

疲労というのは体内に疲労物質が溜まる事で起きるものです。
疲労をしにくい体を作りたい、疲労をしても短時間で回復する体を作りたいと考えた場合に、有効な成分のひとつが疲労物質を分解する働きを持つクエン酸です。
クエン酸を摂取する事で疲労物質を素早く分解し、疲労に悩まされない体作りをしていく事が出来ます。
リンゴ酸はそんなクエン酸と同じ働きをしてくれる成分で、摂取をすれば疲労物質を分解してくれる働きを期待する事が出来ます。
その為、疲労回復を考えた時に有効な成分として注目を集めています。

更に、新陳代謝を高める事で体の細胞を若々しい状態に変えていく事が出来るだけでなく、肌トラブル等も早く改善しやすい効果を期待する事が出来ます。
それ以外にも血液浄化作用や胃腸の働きを活性化させてくれる効果もありますから、健康で元気に生活をしたいと考えた場合には、リンゴ酸を生活に取り入れておく事がおすすめです。
それにより様々な健康効果を期待する事が出来ます。

リンゴ酸は様々な年代の人におすすめ

リンゴ酸は健康効果がある事で注目を集める成分ですが、それ以外にも綺麗になりたい人にもおすすめです。
綺麗になりたいと考えた場合に有効とされるのは、肌を若々しく保ってくれる効果があるだけでなく歯を白くしてくれる効果も期待出来るためです。
歯が白くない事で悩む人は少なくありません。
ですが、歯というのはしっかりと磨いても簡単に白く変わるものではありません。
それは歯磨きでは落としきれない汚れが付着している為です。

リンゴ酸はそんな歯の黄ばみ汚れを取り除いてくれる効果がある事で注目を集めています。
実際に歯の黄ばみ汚れを落としたいと考えたら、直接、歯につけるのでなく、水などで薄めながら口に含む、チーズや牛乳で中和しながら口に含んでいく事がおすすめです。
それによりエナメル質に影響を与えない状態で、歯の黄ばみ汚れを減らしていく事が出来ます。
実際にこの歯の黄ばみ汚れを取るという効果は審美歯科で行われているホワイトニングの治療等でも使われています。
ですから、歯の黄ばみが気になる人はリンゴを食べる習慣をつけるなどリンゴ酸が働きやすい状態を作っておくと良いでしょう。

リンゴ酸というのはただ健康に良いだけでなく、美容面でも良い働きを期待できると注目を集めています。
その為、健康効果を期待する年齢の人が摂取した方が良い成分というイメージを持つ人は少なくないでしょう。
ですが、肌の状態や歯の見た目などは若い人でも気になる美容面にも効果を発揮する成分です。
ですから、年齢に関わらず気になる効果や効能があるのであれば取り入れておく事がおすすめです。

リンゴ酸を摂取をしたいと考えたら

実際にリンゴ酸を摂取したいと考えたら、リンゴをはじめとしたリンゴ酸が含まれた果物を食べるようにしておく事が有効です。
ただ、果物を食べる機会が少ないという人も多いでしょう。
その場合は、日常食べている食品の原料に注目をしてみるという事も有効です。

リンゴ酸というのは酸味がある食品添加物として、様々なものに使われています。
多いのはゼリーやキャンディー、ジュースなどです。
そのため気づかない間に口にしているという事が多いものです。
それ以外にも様々食品等に使われています。

ゼリーやジュースなどではある程度の量の摂取を期待できますが、それ以外の食品の場合は香り付け程度に使われている事も少なくありませんので手軽に摂取したいならゼリーやジュースがおすすめです。
それ以外にも、サプリメントでの摂取も有効です。
サプリメントに対して抵抗を感じる人もいるでしょう。
ですが、リンゴ酸というのは他の成分との組み合わせによってカルシウムの吸収率を高める効果や、胃腸の働きをより良い状態に変えていく効果を期待する事が出来る成分です。
その為、単独で摂取を考えるよりも他の成分と組み合わせた方がより高い健康効果を期待出来るようになっています。
サプリメントの場合、この健康効果をしっかりと意識して作られているものが多く、一緒に摂取しておきたい成分も合わせて含まれている事がほとんどです。
その為、高い健康効果を期待するのであればサプリメントの活用が有効です。
素早い疲労回復や健康促進効果を期待するのであれば、リンゴを食べるなど生活にリンゴ酸を取り入れておく事がおすすめなのです。
また、リンゴ酸の優れた消炎作用やクエン酸の疲労回復作用を高めてくれる赤ぶどうエキスと一緒に取り入れるのもおすすめです。

1 Comment

  1. akiko より:

    なるほどと読ませていただきました。ありがとうございます。毎日のこと気遣いしてみます。

Share on Google+
Instagram

コメントを残す