美貌録 – 成分語録

2018年3月30日

飽和脂肪酸の効果と効能、作用について

飽和脂肪酸は、脂肪酸の一つで、体内でも作ることが出来る脂肪酸のことです。 脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、飽和脂肪酸の主な働きは体を動かすためのエネルギー源となります。 また、コレステロールを高める働きなどもあります。 そのため、この飽和脂肪酸の摂取が不足すると体が疲れやすくなったりしてしまうのです。 こうし […]
2018年3月30日

食物繊維の効果と効能、作用について

食物繊維は栄養素の一つとして考えられ、 人の消化酵素では消化することが出来ない食品の成分のことです。 食物繊維は「ダイエタリー・ファイバー」とも呼ばれ、 水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」とに分類されます。 食物繊維の主な働きとして、排便を促す役割があります。 そのため、食物繊維が不足する […]
2018年3月30日

類パロチンの効果と効能、作用について

類パロチンは、ホルモン物質の一つで、ローヤルゼリーの中に含まれています。 類パロチンは「若返りホルモン」とも呼ばれています。 こうした名前の通り、類パロチンの主な働きは、肌の代謝を助ける役割があり、 類パロチンを摂取することで、肌にハリや潤いをもたらすことが出来るのです。 この類パロチンの摂取が不足すると、加齢とともに […]
2018年3月30日

非必須アミノ酸の効果と効能、作用について

非必須アミノ酸はアミノ酸の一つで、体内で合成が可能なアミノ酸です。 アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けられ、 非必須アミノ酸にはアスパラギンやグリシン、チロシンなどが含まれます。 アミノ酸は人体のうち、筋肉や皮膚、内臓などのあらゆるタンパク質の元となっています。 そのため、アミノ酸の摂取は生命活動上非常に大切 […]
2018年3月30日

銅の効果と効能、作用について

銅は、赤血球を作るのを補助する栄養素で、赤血球を作る際に鉄を運ぶ役割をしています。 そのため、この銅が不足すると体内で赤血球を上手く作れなくなってしまい、貧血といった症状を起こしてしまいます。 また、銅は活性酸素を除去する働きがあり、アンチエイジングにも用いられます。 そして、現在の食生活を見る限りでは一般的には銅の不 […]
2018年3月30日

鉄分(鉄)の効果と効能、作用について

鉄は主に赤血球を作るのに必要な物質で、別名「血のミネラル」と呼ばれたりします。 この鉄は赤血球を作っているヘモグロビンの成分になっています。 このヘモグロビンは、酸素を体の全体まで運ぶ役割をしているため、 鉄分の不足は貧血などを起こしやすくなる原因となるのです。 その結果、頭痛がしたり、疲れてしまったりといった症状が出 […]
2018年3月30日

酵素の効果と効能、作用について

酵素とはタンパク質性の触媒の総称のことであり、生きる上で不可欠な物質です。 この酵素は人間が栄養素などの物質を消化、吸収、輸送、代謝、排泄するまでのいたるところで関与しています。 そして、この酵素は大きく分けると「消化酵素」と「代謝酵素」、「食物酵素」の3つに分かれます。 それぞれの働きとして、 消化酵素は食べ物を分解 […]
2018年3月30日

赤ブドウエキスの効果と効能、作用について

赤ブドウエキスは、赤ブドウから抽出されたエキスのことをいいます。 赤ブドウエキスの主な働きは、ポリフェノールが多く含まれており、 心臓病などの生活習慣病を予防する役割があります。 特に赤ブドウには、アントシアニンというポリフェノールが含まれており、 目の疲れを回復する働きがあるといわれています。 そのため、この赤ブドウ […]
2018年3月30日

血中脂質の効果と効能、作用について

血中脂質は、血液中に含まれている脂質のことで、コレステロールや、トリグリセライドなどが含まれます。 血中脂質の主な働きは血流の流れを整えたり、体内のエネルギー源となります。 そのため血中脂質のバランスが崩れると、動脈硬化や心筋梗塞、生活習慣病などを引き起こしてしまう可能性があります。 こうした病気を防ぐために、血中脂質 […]
2018年3月30日

葉酸(ビタミンB9)の効果と効能、作用について

葉酸はビタミンB群での中の「ビタミンB9」とも呼ばれおり水溶性ビタミンです。 葉酸と呼ばれるようになった理由は、発見当初、ホウレンソウから見つかり、 その語源がラテン語で「葉」を意味したからです。 葉酸の働きは、タンパク質や核酸の合成に働いて体の発育を促します。 この中で核酸はDNAなどの生成を意味していて、赤ちゃんの […]