インスリンの効果と効能、作用について

注目の美肌成分「スクワレン」で夜もぐっすり眠れるように♪肌トラブルや不眠に悩む方におススメです!
2019年9月5日
ローズヒップのパワーでやけどの色素沈着がみるみる薄く…!トリロジー ロザピンプラスの使用レポ
2019年9月9日

ブリリアントで一番人気を誇るサプリメントと言えば「プラセンタ」です。

このプラセンタには胎児を成長させるために必要な「成長因子」がたくさん含まれています。

この成長因子にはいくつかの種類があり、IGF(インスリン様成長因子)と呼ばれる成長因子がたっぷり含まれているんです。

ではIGFはインスリンのような働きをする成長因子になりますが、インスリンはどのような働きをするのでしょうか?
ここではインスリンの効能・効果をまとめてみましょう。

 

【インスリンとは?】

インスリンと聞くと、「糖尿病」をイメージする人が多いでしょう。
糖尿病がひどくなると、インスリンを自己注射して、血糖値を下げる…という情報は知っている人が多いかもしれません。

 

インスリンはすい臓のランゲルハンス島と呼ばれる組織にあるβ細胞で作られているホルモンです。
食事をすると、ご飯などの糖分を摂取することになるので、血糖値が上昇します。(血糖の量が増える)
この血糖値が上昇したことを、すい臓のβ細胞はすぐに情報としてキャッチして、インスリン分泌を促していくのです。

 

全身の組織に血糖が行き届くと、インスリンの働きによってそれぞれの組織は血糖を取り込んでエネルギーに変換します。
変換されたエネルギーは、臓器に蓄えられたり、タンパク質の合成や細胞増殖を促進したりするのです。

食事で増加した血糖はインスリンによってすぐに処理され、血液中では糖分の量は一定量に保たれるようになっています。
インスリンの量や働きが正常であれば、血液中のブドウ糖を必要な時に、好きなだけ細胞に取り入れることができるでしょう。

 

自動車はガソリンがなければ走ることができません。
これと同じように、私達人間の体も、血液中のブドウ糖を燃料にして動いているのです。

ブドウ糖は、ご飯、パン、メン類などの炭水化物やイモ類、お菓子などに多く含まれています。
食事から摂取したブドウ糖は、血液中に溶け込み、全身に運搬されてからエネルギーとして働くのです。
筋肉、臓器、脳などがきちんと働くのは、ブドウ糖があるおかげと言えるでしょう。

 

血液中に溶け込んだブドウ糖は「血糖」と呼ばれており、血糖量は食事をすることで増えて、食後1〜2時間後がピークで、その後徐々に減っていきます。
血糖量は、食事やいくつかの要因で変動するのですが、健康な人であれば体内で変動する血糖は上手にコントロールされて、一定幅で保たれるのです。

これは、全て「インスリン」が関与しています。
糖尿病の人は、インスリン分泌が減少することで、血糖値を下げることができず様々な体の不調につながります。

 

インスリンは血糖値を下げる働きをするほぼ唯一のホルモンなので私達にとって非常に重要なホルモンと言えるでしょう。
糖尿病患者さんでは、インスリン分泌が減少したり、全くでなくなったりするため、血糖値が上昇したままの状態になります。

インスリン治療では、本来すい臓で作られているインスリンを、体外からインスリン注射で補う治療法です。
インスリン注射をすることで、人間が持つ本来の血糖値を下げる働きを取り戻していく、体に優しい治療法と言えるでしょう。

 

【インスリンの効能・効果とは?】

インスリンの効果は以下の通りです。
それぞれまとめてみましょう。

・糖代謝
・脂質代謝
・タンパク代謝

 

<糖代謝>

インスリンの作用として最も有名なのが、糖代謝です。

糖代謝には

・筋肉、脂肪組織のブドウ糖の取り込みを促進する
・筋肉、肝臓でのグリコーゲンの蓄積をする
・肝臓からの糖放出の抑制をする

などの作用があります。

全身のほぼ全ての臓器細胞にブドウ糖を取り込ませてくれ、肝臓や筋肉でブドウ糖から貯蔵糖であるグリコーゲンが合成されるのを促進するのです。
また貯蔵されているグリコーゲンが分解されるのを抑制する作用もあります。

 

<脂質代謝>

インスリンは糖代謝だけではなく、脂質の代謝にも作用します。
肝臓や脂肪組織での、中性脂肪合成を促進してくれるでしょう。

 

<タンパク代謝>

インスリンは筋肉組織でのタンパク合成を促進したり、アミノ酸の取り込みを促進します。
さらにアミノ酸のタンパクへの取り込みも促進してくれるでしょう。

 

【インスリンがキチンと働かないとどうなるの?】

もしもインスリンの分泌量が減ったり、正常に働かくなったりするといったいどのようになるでしょうか?

インスリンの分泌量が極端に少なかったり、分泌されても上手に働くことができなかったりすると、血糖値は一定の値を超えて高い状態が続いてしまいます。
この状態を「高血糖」と呼んでおり、この高血糖状態が続く病気こそと「糖尿病」なのです。

 

糖尿病の患者さんは日本において、年々増えています。
ではなぜ糖尿病患者さんんが増えているのでしょうか?

その原因は、食生活の欧米化が考えられます。
食生活が欧米化すると、糖分をたくさんとるようになります。
また欧米食は高カロリー食が多いので、内臓脂肪が蓄積しやすいです。

 

内臓脂肪型の肥満で、運動不足の状態が続くと、血糖を下げるために必要なインスリンは通常な人の数倍にもなってしまいます。
さらに、日本などのアジア人は、元々の体の仕組みが欧米人とは違い、インスリン分泌量が欧米人よりも少ないのです。

つまり欧米人と同じ食事をしていると、欧米人のようにインスリンが分泌されないので血糖値がコントロールしにくくなります。
アジア人は、欧米人に比べると、軽度の肥満であってもすぐに糖尿病になりやすいのです。

また、糖尿病が増える理由として「食事の欧米化」以外にも、過度なストレス、運動不足なども影響しています。

 

【インスリン療法とは?】

インスリンと聞くと糖尿病が悪化しているというイメージがあるかもしれませんが、糖尿病の治療においては時が経つとともに病状が変わるため、インスリン療法が必要になる場合も多いです。

血糖値を下げるために必要なインスリンは、生きていくために必要不可欠なホルモンになります。

インスリンを自分で作ることができないI型糖尿病患者さんでは、発症早期からのインスリン注射、インスリン療法が必須となるのです。
2型糖尿病患者さんにおいては、すい臓を刺激してインスリンを分泌させる薬の効き目がなくなってきたら、インスリン注射に切り替えるのが一般的でしょう。

しかし、最近ではすい臓を休ませることを目的にして、早めにインスリン療法を始める患者さんも増えていますよ。
インスリンがあれば確実に血糖値が下がります。そのためインスリン療法の治療効果は高いです。

 

インスリン製剤を使用したインスリン療法は、使用するインスリンの種類、1日に投与する回数によっていくつかのタイプに分類することができます。
治療の種類は以下の通りです。

 

<強化療法>

1日3回以上のインスリン注射を行う治療法。
持続皮下インスリンを注射することで、追加分泌と基礎分泌の双方を補う方法になります。

 

<二相性インスリンアナログ>

朝と夕方1日2回のインスリン注射を行う治療法です。
追加分泌と基礎分泌の双方を補う方法であり、昼間にインスリンを投与しなくても1日2回で基礎分泌と追加分泌分のインスリンを補えるでしょう。
基本的には昼間に飲み薬を併用している患者さんが多いです。

 

<持効型インスリン>

1日1回のインスリン投与で、基礎分泌のインスリンのみを補う治療法。
患者さん自身で、インスリン分泌機能力が保たれている場合に選択される治療法です。

 

インスリン注射は皮下注射といって、皮膚の一番薄い部分と筋肉の間に注射します。
筋肉注射のような強い痛みはなく、皮下注射は比較痛みは少ないでしょう。

インスリン注射は毎日1〜3回ほど注射しなければならないので、毎回病院にいって医師に注射してもらうというのは不可能です。
そのため、自己注射でプラセンタを投与するのが一般的でしょう。

 

【プラセンタに含まれる成長因子「IGF」とは?】

プラセンタには、胎児を発育させるための成長因子がたくさん含まれています。
この成長因子は、プラセンタにだけ含まれる唯一の成分であり、非常に注目されている成分とも言えるでしょう。

 

プラセンタに含まれる成長因子には

・EGF(上皮細胞増殖因子)
・FGF(繊維芽細胞増殖因子)
・IGF(インスリン様成長因子)
・NGF(神経細胞増殖因子)
・HGF(肝細胞増殖因子)
・CFS(コロニー形成刺激因子)
・インターロイキン1〜4

などが含まれます。

その中でもIGFはインスリン様成長因子であり、インスリンに非常によく似た構造を持っている増殖因子であり、成長ホルモンにより肝臓や骨格筋などの他の組織で産生されます。

成長ホルモンの作用の多くは、IGFが介したものです。
IGFは、インスリンと類似した作用を持っています。

インスリンでは細胞膜にあるインスリン受容体に結合して、細胞内にシグナルを伝達しますが、IGFでは1型IGF受容体に結合して、細胞内にシグナルを伝達していくのです。

IGFの働きとしては、

・関節痛の軽減
・平滑筋細胞の増殖
・DNA合成の調整
・破損細胞の修復、増殖促進

などがあります。

 

【嬉しい作用がたくさんあるプラセンタサプリ】

インスリン様作用を示す(IGF)などの成長因子も豊富に含むプラセンタサプリは、私達の健康維持、美肌ケアには欠かせない成分がたっぷりと含まれています。

ブリリアントで取り扱っているプラセンタは、シープ由来(羊)であり、ニュージーランドの広大な自然の中でストレスなく育てられた羊の胎盤から抽出されたエキスをカプセルに凝縮配合したのがシーププラセンタサプリです。

 

日本で一般的なのは馬由来や豚由来のプラセンタですが、羊由来のプラセンタはアミノ酸組成が、ヒトに一番よく似ているため、浸透性、吸収性も抜群です。

また胎盤の大きさも、人と一番近いといわれているので、有効成分を吸収しやすいでしょう。
安全性も高く、副作用も起こりにくいので毎日のサプリとしておすすめですよ。

 

<参考商品>

 

ヘルスライフ シープ プラセンタ ( 羊由来 エキス ) 25,000mg