睡眠と育毛の関係とは?より良い睡眠について

フィッシュオイル コラーゲン オメガ3の美肌の効果 効能 まとめ10選 その2
2018年4月9日
美容と美肌には睡眠を!睡眠の質の向上するには?
2018年4月9日

睡眠と育毛の密接な関係とは?

睡眠と抜け毛、薄毛は実は密接な関係にあります。
髪の毛を育てる成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため眠る時間が短すぎる人は髪の毛が育つタイミングを逃していると言えます。
眠っている間に成長ホルモンを分泌させてくれる副交感神経を活発にすることも育毛に欠かせない要素です。
髪の毛はタンパク質でできていますので、タンパク質の合成を高める成長ホルモンが必要になります。
そして最初の3時間に大量の成長ホルモンが分泌されます。

ヒト成長ホルモンが髪の成長を助け、脳と体をリフレッシュしてくれますから、強い髪を作るためには、多くの成長ホルモンを分泌させる必要があります。
最低限必要な時間は7.5時間が良いと言われていますが、なかなか時間を確保できないと言う方は眠りの質を高める様に工夫しましょう。
寝ている時の人間は深い眠りと浅い眠りを繰り返しています。

よく1.5時間の倍数で起きるとスッキリすると言われるのはこれが論拠です。
人間の新陳代謝は午後10時頃から午前2時頃までがゴールデンタイムと言われており、髪もその影響を受けます。
成長ホルモンは頭皮が受けたダメージを修復してくれる効果もありますから、深夜は体にとって成長と疲労回復の時間と言えるでしょう。

夜更かしが原因で薄毛になることもあります。
朝起きて、枕に散った髪の毛を見て不安になった事はありませんか?
えりに付いた抜け毛も心配の種ですね。
そもそも髪の毛は毎日約80から90本くらい抜けますし、季節によってはもっと抜けることもありますから過剰に心配する事はないはずです。
しかし、抜ける本数が多く生え変わる本数が少なくなってくると、明らかに頭髪が薄くなって見えます。
こうなると何か原因を探り解決する必要があります。

その原因の1つに睡眠不足があると考えられています。
睡眠不足は血行が悪くなる原因でもあります。
すると頭皮に栄養が行き届かなくなるために新しい毛が薄く、弱くなりがちです。
また、過剰に皮脂が分泌され毛穴を塞いでいることも考えられます。
皮膚には常在菌という菌がいて、普段は病原菌の侵入を防ぐ抗体の様な働きをしてくれているのですが、睡眠不足による男性ホルモンの低下がこの常在菌のバランスを崩し、頭皮にトラブルを起こすこともあります。

このように、夜更かしは育毛の観点からは決して良い状態とは言えないでしょう。
そもそも、人間の体はダメージを受けると重要な部位、つまり内臓から先に回復しようとエネルギーを回します。
髪の毛の優先順位は低い為に不健康になると真っ先に影響が出てしまうのです。

では、抜け毛予防する為にどんな睡眠をとるべきなのでしょうか。
出来ればたっぷりと眠りたいところではありますが、仕事が遅くなれば午後10時までにぐっすりと就寝などという余裕はなかなかできないでしょう。
せめて日付が変わる前、0時には眠りたいところです。

質の良い睡眠とはどのようなものでしょうか?
就寝する時間が、日によってバラバラなのは良くありません。
人間の体は無意識のうちに睡眠のサイクルを記憶しています。
毎日同じ時刻に就寝すれば副交感神経もその時間を覚えて活動するためストレスがかからずに高い効果を発揮します。
逆にサイクルがバラバラになると、眠っている時間が長くてもストレスがかかり成長ホルモンの分泌も不足します。
他にも、寝る前の行動も育毛には関係しています。

寝る前に食事をしてしまうと、人体は食事を消化する為にエネルギーを費やしてしまい育毛までエネルギーが回りません。
そもそも脂分が多い食事は髪の毛にはよくありませんから、夜食をして〆にラーメンなどというクセがある人は髪の為にも考え直しましょう。
ヘアケアに必要なことは生活習慣の見直し、特に決めた時間に深い睡眠を取る事がとても大事になってきます。
ぜひ毎日の睡眠を見直して薄毛予防に役立ててください。

睡眠時間はどのくらい必要?質と長さの関係は?

睡眠時間は8時間が良いとされていますが、人間は生きていく上で睡眠は重要なものであり欠かせないものとなっています。
睡眠は短すぎるのも良くないし、また長すぎるのもよくありません。
睡眠には、最適な睡眠時間があります。
一般的には8時間が良いとされていますが、個人によって違いがあり一概に8時間がベストとは言えません。

6時間から8時間の間で、朝の目覚めがよく頭もスッキリしており、疲れも取れているといった状態が自分にとってベストな睡眠時間と言えるようです。
人のアドバイスや情報などを参考にすることは大切ですが、自分で試してみて探っていくのが一番いい方法だといえるようです。
たまに仕事が忙しい人や、やりたいことがたくさんあって睡眠時間が3時間ぐらいと短く、それでもぐっすり眠れているから大丈夫だという人がいます。
そのときは大丈夫かもしれませんが、やはり短時間睡眠というのは長期的に考えるといいものではないようです。

また睡眠が長すぎるのも、一見よさようにみえますが体にとってはあまりいいことではないようです。
糖尿病や脳卒中などになるリスクは短時間睡眠や、長時間睡眠をとっている人に多く見られるようですので毎日、適度な睡眠時間を確保したほうが良さそうと言えるでしょう。

そして、睡眠は質も重要です。
睡眠は適度な時間も大切ですが、同時に質も大切なことです。
きちんと8時間をとっていても質の良くないものだと意味はありません。

質の良い睡眠とは、朝起きた時に頭がスッキリしていて、疲れが取れていて昼間に眠気に襲われることはなく、自分のパフォーマンスを最大限に発揮できることをいいます。
睡眠の質が良くないと、頭が呆然としてしまったり、昼間眠くなってしまったり、能力を十分に発揮できなかったりします。
では質のよいものにするためにはどうしたらいいのか?というと日頃の生活習慣を少しずつ変えていくことです。

寝る前にやらないほうがいいことがあり、それは寝る一時間前はできるだけテレビを見たりパソコンやスマホをいじったり、ゲームをしたりしないほうがいいようです。
脳が興奮状態となり寝つきが悪くなり質の良い睡眠ではなくなるからです。
熱い風呂に入るのも脳を興奮させてしまうためあまりよくないようです。
また、カフェインも寝る前は控える方にしましょう。
良い睡眠を得るためには、寝る前には軽いストレッチをしたり照明を落としたりして寝る準備をすることが大切です。
そして、お風呂はぬるめの風呂にゆっくりとつかったほうがよく寝られるとともに質の良い睡眠も得られるようです。

レム睡眠と、ノンレム睡眠とは?

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。
人間が寝ているときは、この2種類の睡眠を繰り返しています。

レム睡眠とは、浅い眠りのことで体は寝ているのだけど脳は寝ていなくて活発に動いている状態をいいます。
この状態のときにトイレに行きたくなったり、夢を見たりすると言われています。
また金縛りにある人もいるようですが、金縛りもこの状態のときに起こります。
目覚めのときはこのレム睡眠のときに起きると頭がスッキリするようです。

ノンレム睡眠とは、深い眠りに入っている状態で脳も身体も完全に寝ている状態のことをいいます。
言わば、何も考えていない状態で脳も体も開放されているのですから、日頃のストレスはこのときに解消されていると言われています。
またこの状態のときにホルモンが分泌されており、寝ている間にエネルギーが使われているのです。
ついつい居眠りしてしまうことがありますが、居眠りはこのノンレム睡眠であると言われています。
寝たのだけど何となく疲れが取れていないということがありますが、これはレム睡眠の時間が長いことから起こるようです。
よい睡眠を得るためには、この2つの睡眠をバランスよく取ることが大切なことと言えるでしょう。

大人の理想的な睡眠時間は?

理想的な睡眠時間は8時間と言われていますが人間が生きていく上で欠かせないのが睡眠することで、やりたいことがたくさんある人には無駄な時間に思えるかもしれませんが、健康に過ごすために、また自分の能力を十分に発揮するには睡眠は必要なのです。
では睡眠時間はどれくらいにしたほうがいいのかというと、一般的には8時間と言われています。
これは誰でも当てはまるものではないのですが、パフォーマンスを十分にあげるには6時間から8時間の間で自分の頭がスッキリしたと思えるのが理想的な睡眠と言われています。
しかし睡眠は同時に質も重要で、起きたときにスッキリ感がなかったり、頭が呆然としてしまったり、倦怠感が残ってしまっては良いとは言えません。
また寝つきが悪かったり、睡眠中に何度も起きてしまうのも質が良いとはいえません。

質を高めるには、不安やストレスを取り除くのも大事ですが普段のちょっとした心がけも大切です。
寝る前にできるだけやらないほうが良いことで多いのは寝る前にパソコンをしたりスマホをしたりすることです。
どうしてもやってしまいがちですが、脳を興奮させることになり寝つきが悪くなります。
寝る前には軽いストレッチをしたり、照明を間接照明にするほうがいいようです。

また、寝不足も寝すぎも良くないです。
睡眠は人間に必要なもので、健康や自分の能力を発揮する上で欠かせないもので、日本人は忙しいことが良いことのように思われています。
忙しい人はよく3時間しか寝てないとか話しているのをよく耳にしますが、本人にとっては忙しいのはいいのかもしれませんが健康の上では良くないです。
たとえ3時間の睡眠で頭がスッキリしたとしても良くないことなのです。

ではたくさん寝るのは良いことなのかというとそうでもなくて、寝すぎるのも逆に体に悪い影響を与えてしまうようです。
糖尿病や脳卒中など重大な病気にかかってしまうひとは、短い睡眠や逆に長い睡眠をとっている人に多く見られ、6~8時間寝ている人は少ないようです。
そのほかに、仕事のときは短時間で休みの日はたくさん寝て家でゴロゴロしているという人も多いようですが、仕事の日と休みの日にかかわらず、毎日理想的な睡眠を取るほうが健康にも能力を発揮する上でもいいようです。

それに寝不足になると太ってしまうこともあるようです。
寝ている間も人間はエネルギーを使っており、寝る時間が短いとそのエネルギーを使う時間が減ってしまうので肥満につながりやすいということです。

また睡眠が不足すると人格が変わることもあるようです。
やることがたくさんあって忙しいひとは、どうしても寝不足になってしまいがちです。
それで質の良い睡眠が得られていればいいのですが、寝たいのに寝られないという人は体に疲れが残ってしまっていてイライラしてしまうこともあります。
イライラしてしまっては、本人にとっても良くないに周りの人も迷惑です。
それに寝不足になると、人によっては人格が変わってしまうという恐ろしいこともあるようです。

良くない宗教や、悪徳占い師などは、よく洗脳させるために寝る時間を与えないようにするそうです。
寝る間を与えないようにすることで、その人に考える能力をなくさせていき、その人の心をコントロールして思いどおりに操っていくのです。
同時に自分の意思のない無気力な人間にしていくのです。
それまでがどんなにやる気があって積極的な人間であったとしても、洗脳されると無気力になってしまうのです。
やることがあって寝る間もないぐらい忙しいという人は、自分にとっては充実しているかもしれませんが、ただ日々の仕事に追われているだけで自分の大事なことを見落としているかもしれません。
大事なことを見つけるためにも適度な睡眠は必要なのかもしれません。

睡眠不足がもたらす様々なリスクとは?

赤ちゃんから高齢者まで、誰もにとって必要な時間は睡眠時間です。
私達の人生の3分の1は眠るための時間と言われていますが、勤勉な日本人は他の国と比べて睡眠時間が短い傾向にあります。
睡眠時間は、長ければ長いほどいいわけではありませんが、多くの調査では、睡眠不足は死亡率を高めることが分かっています。
睡眠不足になると、ホルモンの働きによって食欲が増すため、肥満になる原因の一つとも考えられています。
他にも、糖尿病、高血圧などの生活習慣病を引き起こす原因にもなることが分かっています。

また体への影響だけではなく、物事をネガティブに考えてしまうなど精神面にも大きな影響を与え、場合によってはうつ病になることもあります。
アメリカの神経科学者によると、眠っている間に脳に溜まった老廃物が血液中へと排出されることが分かっています。
つまり、十分に寝ていないと脳に老廃物が溜まったままになるのです。
さらにアルツハイマー病の患者の脳には老廃物が蓄積されていることが分かっていることから、睡眠不足がアルツハイマー病にも関係しているのではないかという仮説が立てられています。
このように、睡眠不足は私達に様々なリスクをもたらします。

カフェインと液晶画面が良い眠りを妨げる原因にもなります。
良く眠れると起きた時に疲れが取れたようなすっきりとした感覚が得られます。
これは、脳と体がしっかり休息できているというサインなのです。
逆に疲れが取れていないように感じるなら、脳と体はもっと休息を必要としているということです。
翌日すっきりと目覚めることができない人は、寝る前の行動を見直してみましょう。

まずはカフェインです。
眠気を覚ますためにはカフェインが有効であることはよく知られているので、寝る前にカフェインを避けている人も多いことでしょう。
ですが、カフェインの持続効果についてはあまり知られていないのではないでしょうか?
その持続効果は、個人差があるものの、5~7時間くらいと言われていますので、夕方以降はできるだけカフェインを含む飲み物は控えた方がいいと言えます。

次に挙げられるのは、テレビ、パソコン、スマホ、タブレット等の液晶画面です。
液晶画面から発せられるブルーライトには、覚醒作用がありブルーライトを就寝前に浴びることで、良い睡眠に関係しているメラトニンというホルモン分泌が抑えられます。
それによって寝付きが悪くなったり、就寝中何度も起きてしまうというようなことが起こります。
液晶画面を見るのは、就寝2時間前までにしておきましょう。

さらに運動と冷えは良い眠りに関係します。
良い睡眠を妨げる原因となるものをさらに見ていきます。
日中行う適切な運動は疲労感をもたらすので自然と眠りに入りやすくなりますが、就寝前の運動は交感神経が活発化し眠りを妨げます。
有酸素運動なら2時間、無酸素運動なら3時間以上は就寝するまでの時間を空けるとよいでしょう。
ただし、体を緩めて、リラックスすることを目的としたストレッチは、眠りを良くする効果があります。

また、女性に多い悩みの冷えも睡眠と大きく関わっています。
夜になると体温が下がり体は眠る準備をします。
健康な人ならこの体温調節は問題なく行われますが、冷え性の人は自分で体温をうまく下げることができず睡眠障害が起こるので、冷え性の人は眠る前にぬるめのお風呂や足湯などで軽く暖めるなど体を適度に温めるとよいでしょう。

このように、良い眠りを妨げている要因は私達の生活の中に潜んでいます。
ですが、要因が分かれば睡眠の質を上げることは可能です。
なかなか眠れない、朝起きるのが辛いなどの問題がある人は、一度寝る前の行動や環境を見直してみてはいかがでしょうか?
良い睡眠を取ることで、良い一日をスタートさせたいものです。

睡眠の質が低下する原因とは?

たっぷりと寝たはずなのに、疲れが取れなくて体がだるくなる原因は睡眠の質が良くないことが原因になっています。
睡眠は健康はもちろん、美容にもとても大切なことです。
寝ている間は肌の活性化や髪の毛などの成長にもとても大切です。
睡眠が低下してしまう原因として、運動不足や食べてすぐ寝ることベッドでスマートフォンを使用したり鼻づまりなどと様々な原因があります。

食事時間もとても大切なことで食後すぐに寝た場合の影響は眠りが浅くなり、睡眠の質が悪化する可能性があります。
深酒をすることも要注意で、お酒をたくさん飲むことによって浅い眠りが続き中途覚醒を招いてしまう原因になることで途中に起きてしまうことがあり、起きてしまうと今度は寝られなくなるなどの症状が出てしまいます。

ストレスなどの外的刺激などによって、眠れない症状もあります。
起きている時間に考え事や仕事や生活のストレスや悩み事を抱えていることで脳が興奮状態になってしまい、寝ていても寝ていない状態で睡眠をとってしまうことになります。
スマートフォンやパソコンなども同じで目を休めずに画面を見ていることによって浅い眠りになってしまったりします。

では、良質の睡眠をするポイントとはなんなのでしょうか?
良質の睡眠をとることによって、体や脳の疲れなども緩和され成長ホルモンなどの分泌が作りやすくなります。
良質の睡眠をするポイントとして、寝る時の寝具などを見直すことで良く寝ることができる事が期待できます。
体がリラックスできる寝巻きなどを着る事で、体を締め付ける事なく寝ることができます。
寝具を快適にすることや、寝ている間に布団の温度や湿度を調整することで、睡眠中でも快適に布団の中で寝ることができるのでリラックスしながらぐっすりと深い眠りにつくことが期待できます。

そして、食事時間は寝る前の3時間前に済ますことが大切で食事時間がいつも違う人や寝る前に食事をすることによって太る原因にもなり良い眠りができなくなります。
外的刺激などのストレスや考え事をしている時にはゆっくりと湯船に浸かって緊張をほぐすことで良い眠りの効果ができ、良い香りのする入浴剤やアロマオイルを湯船に数滴垂らして香りを楽しみながら入浴タイムを楽しむことで、体の血行も良くなり体や心の疲れなども緩和することができます。
寝る前には、目を休めることも良質な睡眠をするには大切なことなのでスマートフォンやパソコンを見ることは控える事です。

深酒はもちろん、寝る前のアルコールやカフェインを飲むことによって喉が渇いたり途中でトイレへ行きたくなってしまう原因にもなるので寝る前は控えること。
メールなどのパソコンやスマートフォンなどの使用や、食事時間は決まった時間でなるべく食べて、寝る3時間までに食事をすることなど、良い睡眠をするには生活の中で少し気をつけることで、ぐっすりと快適な睡眠をとる事ができます。

浅い眠りや、途中で何度も目が覚めてしまう事によって、寝た気がしなかったり朝の目覚めが悪く疲れが取れてないので体がだるいといった原因にもなり健康や美容にも良くない事です。
快適な温度の中で寝具などにも気をつけておく事で良い眠りへと誘導する事もでき、翌朝はすっきりと目覚める事ができます。
体の疲れや外的刺激などの心の疲れなどは、なるべくその日のうちに解消して適度な運動や食事時間を気をつけて同じリズムで食事をする事で体にも良く消化不良などを起こす事もなくなります。
良質の睡眠をする事で体にも美容にも髪の毛にもホルモンなどの成長をする働きなどにも影響をすることにつながりますので、気持ち良くリラックスした状態で寝ることがとても大切なのです。

良質な睡眠のために簡単にできることとは?

まず、眠るための服装にこだわってみることがあります。
寝る時の服装に手を抜いていませんか?
寝る時には1日の疲れを癒すためにふさわしい服装をするのがおすすめです。
体をしめつけることのないスウェットやパジャマもおすすめですが、贅沢にシルクを身にまとうのもおすすめです。
人によっては裸族として裸で眠ることもあるでしょうが体を締め付けないという点では理に適っている方法といえます。

寝ている間にリラックスできて寝返りを打ちやすい服装で眠ることは、眠りに入る前の気持ちを落ち着けてくれる働きをしてくれますし、お気に入りの服装で眠ることで精神的にもリラックス効果を与えてくれます。
シルクは皮膚に近い感触があるといわれていますし、肌を優しくいたわってくれますから副交感神経を穏やかにしてくれます。
一生のうち3分の1を費やすといわれる睡眠の時間を贅沢に過ごすことは美意識を高めることにもつながります。

良質な睡眠をとることができれば、目覚めもすっきりしますし、1日を快適に過ごすことにつながります。
眠るための服装は眠りに入るための準備という意味だけでなく、良質な睡眠を得るために必要な儀式という意味もあります。
毎日頑張っている自分にご褒美をあげるという意味でも眠るための服装にこだわってみることをおすすめします。

また、眠る前の数時間はリラックスタイムにすることも大切です。
良質な睡眠を得るためにはゴールデンタイムに熟睡状態にあることが望ましいといわれています。
ゴールデンタイムとは夜10時から午前2時までの間を指すといわれており、細胞の修復タイムとして利用されているといわれています。
この時間に熟睡していることができれば、美容効果がアップし、免疫力をアップさせることにつながるといわれています。

ゴールデンタイムになったら眠るという習慣も大事ですが、眠る前の数時間の過ごし方によって眠りの質が変わってくることに注意が必要です。
テレビやパソコン、スマホなどを長時間見ていると目からの情報が入ってきて刺激になり、交感神経が刺激されて体が休めなくなります。
眠る前の数時間前には電化製品の電源はオフにして、読書をしたり、アロマを焚いて空気感を楽しんだり、瞑想をしたりするのがおすすめです。
眠りだけで疲労を回復させるのではなく、眠りに入る前の儀式としてリラックスタイムを用意することで睡眠の質が劇的に向上し、毎日を快適に過ごせるようになっていることに気が付くはずです。

また、ヨガやストレッチなどのエクササイズもおすすめですが、激しい運動をすると逆効果になります。
食事も終了させておくことが大事で、お腹が空いた時にはホットミルクを飲むのがおすすめです。

毎日同じ時間に起きるように心がけることも重要です。
良質な睡眠をとろうと思うと、早く寝て長時間眠ればよいと考えがちです。
しかし睡眠時間は個人差があり、頭と体がすっきりとする睡眠時間は自分でいろいろ試してみないことにはわからないものです。
自分にとってちょうどよい睡眠時間が把握できたら、起床時間から逆算した時間にふとんに入ることが大切です。

最初は眠りにつきにくいと感じるかもしれませんが、就寝時間と起床時間が一定の生活をしてリズムが整ってくると自然に快適な生活を送ることができるようになります。
用事があって眠る時間が遅くなったとしても、起床時間は変えないようにするのが大切です。
多少、睡眠不足を感じたとしても、リズムができているのであまり辛く感じることがありません。
昼寝をしたり、寝だめをしてしまうほうが疲労を蓄積しがちになりますし体内時計が狂ってしまうのです。
朝、少しでも余裕がある時間ができれば、散歩をしたり、勉強をしたりと自分だけの時間を持つことができるようになります。
生活に余裕ができるようになり、考え方も寛大になります。
睡眠時間を確保することからスタートした生活習慣の変更が生活のレベルをアップさせるようになり、良質な睡眠時間とともに充実した人生を約束してくれるのです。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す