美容と入浴の関係性とは?美肌への秘密について

シーププラセンタの効果あり!シーププラセンタが選ばれる訳
2018年4月9日
美肌と紅茶の関係とは?いろいろ使える紅茶の美容&健康法
2018年4月9日

お風呂で美肌!?シャワーだけの人に教えたい驚くべき入浴の効果とは

毎日の生活習慣が健康な体作りや美肌に大きな影響を与えます。
日々の食生活が美容や健康に影響することはもちろんですが、便利なシャワーを使って毎日、何気なく行っている入浴習慣の方法を変えるだけでも美肌作りに大きな差が生まれます。
どうせなら上手に利用してより効果的な入浴方法を身に着けて美肌を手に入れたいものです。

日本人の美肌の秘訣はお風呂にあり?

つややかな黒髪と、しっとりとしてきめが細かく美しい肌は、かつて日本人のトレードマークでした。
世界に誇れる美肌を作ってきたのは発酵食品などをたくさん食べる食生活や高温多湿の気象条件、そして世界でも無類のお風呂好きな生活習慣が関係しているとも言われています。

お風呂というと体をきれいに洗う場所というイメージを持つ人が多いのですが、確かに体や髪を洗ってきれいにする場所がどこの国でもバスルームの役割なのですが、ゆったりとバスタブに身をゆだねて体を温めるという入浴習慣をもつことが、日本人の美肌に大きく貢献しているという意見があります。
バスタブのお湯は体を洗うためのもので、使用するたびにバスタブのお湯を抜いてしまう西洋式のバスルームの使い方と日本の入浴方法とは根本的に利用方法が異なるものです。

汚れを取り除いてきれいになった体を浴槽のお湯でじっくりと温めるという行為は日本人の生活習慣と文化の中に根付いたものですが、実はその生活習慣が美肌つくりに効果的な条件がそろっている時間です。
けれども、食生活や生活習慣そのものも古くからの日本の習慣とは違ってきている現代人の暮らしは、便利で快適だけれど残念ながら肌や体質までも欧米化させてしてしまっていると言われています。
入浴という何げない毎日の行為が、実は知らず知らずに美肌を作ってくれるものだとしたら上手に利用しない手はありません。

シャワーだけですませるなんてもったいない

体の汚れを落とすだけならシャワーでもいいのではないかと思いがちです。
一人暮らしで浴槽にお湯をはるのが面倒だという理由もあり、普段はシャワーだけで済ませるという人は少なくないようなのですが、せっかくの入浴の時間をシャワーだけで済ませてしまうなんて、実はとてももったいない事なのです。
確かに効率よく汚れを落とそうと思えばシャワーは便利なのですが、体をきれいにした後でバスタブに浸かってあたたかなお湯で全身を温めることで、全身の血行を飛躍的に良くすることができます。
女性は特に夏でも冷え性に悩んでいる人が少なくありません。
一年を通して空調設備の整った室内で過ごすことの多い現代人は体本来の体温調節機能が衰え、冷え症の原因になるだけでなく汗をかきにくい体になっていると言われています。

バスタイムをシャワーだけで済ませるのではなく、浴槽にきちんと浸かって体を温めることで汗をかく機会の減っている人も自然に体の奥の方から温まってたくさんの汗をかくことができます。
汗は体温調整だけでなく毛穴の奥の老廃物を排出する効果もあり、美しい肌を作るためにも欠かせないものです。
どうしても浴槽につかれないという時にはせめて足湯や手湯などをするだけでも、全身の血行が良くなってポカポカしてじんわりと汗をかくことができるのでお勧めです。
美肌のためにもせっかくのバスタイムはぜひシャワーだけでなくお湯につかることを習慣化したいものです。

美肌効果が期待できるお風呂の入り方

お風呂に入って全身の血行を良くすることが美容にも健康な体作りにもさまざまな効果があることは広く知られるようになりましたが、美肌のためには入浴方法にもちょっと気を付けたいポイントがあります。
まず肌が乾燥気味の人はお風呂で体を洗う際にごしごし洗うのではなく、手のひらを使って優しく洗うようにすることです。
また、お湯の温度も大切で、できれば一番風呂は避け、40度くらいのややぬるめのお湯に肩までつかって10分から15分程度の入浴で済ませることがポイントだとされています。
42度以上の熱めのお湯につかる事やあまりにも長時間お湯につかっていることは、肌から保湿成分を奪いかえって肌を乾燥させることにつながりかねません。
いくらシャワーだけでなく浴槽につかることが大切だとは言え、間違ったお風呂の入り方をすれば大切な肌にさらにダメージを与えてしまうのだとしたら、美肌を作るためのポイントをしっかりと守った入浴方法を実践したいものです。

実際、15分程度、お湯につかるだけというのはお風呂好きの人にとってはむしろ物足りなく感じるかもしれません。
けれどもこの一見すると手抜き入浴にさえ感じるような入浴方法こそが美肌効果が期待できるお風呂の入り方になります。
また、シャワーは長時間使いすぎないことやお風呂上りにはすぐに保湿ケアをすること、入浴前にあたたかいお茶などで水分補給することも美肌作りにはとても大切です。

美しい肌を作るためには正しい入浴方法を身に着け、代謝の良い体を保つことはとても効果が期待できます。
そして体に本当に必要な栄養素を補給することも体の中から美しくなるためには欠かせません。
そのため体に浸透しやすく栄養価の高いシープラセンタを活用することは、より理想的な美しい肌を手に入れることにつながります。

そのトラブル肌!実は入浴が原因かも?

疲れた時にゆったりとお風呂に入るのは何よりも気持ちの良いものですが、美肌作りのためにはお風呂に入る際に注意したいポイントがあります。
せっかくの疲れをとるための極上の癒しの時間がトラブル肌を招いてしまうことの無いように、お風呂の入り方や時間など様々なポイントに十分に注意しながらバスタイムを楽しみたいものです。

間違った入浴方法がトラブル肌を招く?

お風呂に入るという習慣は日本人にとって欠かすことのできない特別なものですが、現在は忙しい一人暮らしの人などは浴槽にゆったり浸からずにシャワーだけで済ませてしまうという人もいるようです。
けれども体を温め全身の血行を良くしてくれるお風呂に入るという行為が、健康にも美肌にもとても大きな影響を与える為、本来ならシャワーで汚れを洗い流すだけで済ませてしまうのはとてももったいない事なのです。

全国に数多くの有効成分を含む温泉があり、世界有数のお風呂好きな民族として日本人はよく知られていますが、実は美肌作りのためにはこれまで常識とされてきた方法がかえってトラブル肌を招く可能性があるという意見があります。

お風呂に入って体を温めるというのはこの上なく気持ちの良い行為ですが、美肌を手に入れるためには従来のお風呂の入り方を見直して肌トラブルにつながる可能性のある部分はしっかりと修正することも必要です。
きめが細かくしっとりとして滑らかな肌はかつては日本人の特徴だと言われていたのですが、残念ながら食生活や生活様式の欧米化に伴って肌まで欧米化しつつあることが指摘されています。
間違った入浴方法でトラブル肌を作ることを避け、もともとの美しい肌を取り戻して健康的な美を手に入れるためにも、より効果的な方法を知って毎日の生活習慣の中に上手に取り入れることがおすすめです。

お湯の温度と入浴時間の勘違い

お風呂というと一番風呂の熱いお湯にざぶんとつからなければ気が済まないという人も確かにいます。
けれども実は熱めのお湯にいきなり浸かるという行為は美肌のことを考えればあまりお勧めできる方法ではありません。
42度以上の熱いお湯につかることは残念ながら肌の乾燥を招くことになりやすいのです。

さらにお風呂に本などを持ち込んで1時間以上長湯をすることで汗をしっかりとかくことがダイエットにもつながると信じられてきましたが、必要以上に長時間お湯につかることによって肌の保湿成分が溶けだし、さらに長時間湯船につかることによって脱水症状を引き起こすことで肌にも健康にもあまり良くないという意見があります。

長時間お湯につかっていると指などがしわしわになるのを感じますが、実はこれこそが肌の乾燥を招いてトラブル肌の原因を作ることにつながっている証拠です。
熱いお湯につかってたっぷり汗をかくことが必ずしも美肌には良い影響を与えるのではなく、肌のためには40度くらいのややぬるめの温度のお湯に半身浴ではなく肩までつかって15分間程度の時間で十分だと言われています。
これ以上、たとえば1時間もの間お湯につかっていても肌にはあまり良い効果は期待できないばかりか、乾燥が進んで肌トラブルを招くことになるのだとしたら、一刻も早く毎日の入浴方法を見直すことが必要です。

体の洗い方と入浴後のケアも重要なポイント

入浴時間やお湯の温度がこれまでの一般的な常識とはやや違った方法の方が美肌には効果的だということがわかっても、美しい肌を保つためにはそれ以外にも入浴に際して注意したいポイントがあります。
まず体の洗い方ですが、ごしごしとナイロンタオルなどを使って強い力で洗うことは肌にかなりダメージを与えてしまいます。
特に乾燥肌の人はそんな乱暴な洗い方をすれば肌トラブルを起こしかねません。
基本的には乾燥が気になる肌の人は手のひらを使って優しく汚れを落とすという洗い方をするのが最大のポイントになります。

洗顔の時にたっぷりと泡を立ててふわふわの泡で包み込むように洗うように、体も泡を手に取って撫でるようにして洗うだけで十分です。
また、体は汚れやすいポイントを洗うことが大切で、全身を同じように同じ力で洗う必要はありません。
顔、胸、脇、お尻、足などの汗をかきやすく汚れやすいポイントをやさしく洗えば、あとはシャワーで流すだけでも十分な場合もあります。

そして、ぬるめのお湯に15分程度浸かるという入浴方法が済んだら、顔だけでなく体全体に保湿効果の高いスキンケアアイテムを使って乾燥を防ぐケアを心がけることも大切です。
さらに入浴中に汗によって体の水分が奪われることになるので、入浴前後には水分補給をすることを忘れないようにするのも大切なポイントです。

毎日のお風呂の入り方一つで美しい肌を保つことに影響を与えるなら、より美肌効果の高い方法を行う必要があります。
さらに体にとって必要な栄養を効率よくとることもとても大切で、飲むだけで体の内側から美肌効果を高めてくれるシーププラセンタを活用することも美と健康を保つためにはとても価値のあることだと言えます。

Share on Google+
Instagram

コメントを残す