ホルモンの効果と効能、作用について

ポリフェノールの効果と効能、作用について
2018年3月30日
マグネシウムの効果と効能、作用について
2018年3月30日

ホルモンは内分泌器官で作られる物質の総称のことを言います。
ホルモンには甲状腺ホルモン成長ホルモン、性ホルモンなどがあり、
ホルモンの主な働きは内分泌機関で合成されて、代謝や神経伝達をする働きがあります。

そのため、ホルモンの活動が異常になると身体にさまざまな影響が生まれるようになるのです。
こうしたことを防ぐために、ホルモンバランスを整える必要があります。
ホルモンは脊椎動物・無脊椎動物に限らず生物のほとんどが持つ物質となっており、
その数は50種類を超えることが分かっています。

ヒトのホルモンでは大きく分けると、
3つにわかれており蛋白質ホルモン(ペプチドホルモン)、アミン・アミノ酸誘導体ホルモン、
ステロイドホルモンに分類することができます。

この3つの機能については以下のとおりとなっています。
・蛋白質ホルモン(成長ホルモンなどがあり、細胞の細胞膜表面にある受容体と結合して様々な作用をもたらす)
・アミン・アミノ酸誘導体ホルモン(甲状腺ホルモンなどがあり、代謝を高める働きがある)
・ステロイドホルモン(男性ホルモンなどがあり、性ホルモンなどの多様な作用がある)

このような働きがあり、ホルモンバランスが崩れると体調を壊すことにつながります。
そのため、食生活を整えてホルモンバランスを整えることが大切です。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す