更年期障害とメンタルケアの重要性と更年期障害の身体的な症状と精神的な症状とは?

ロイヤルゼリーが高血圧、がん、肥満、糖尿病などの生活習慣病に良いわけ!
2018年4月9日
更年期障害の具体的な症状と治療法、基礎体温への現れ方とは?
2018年4月9日

人間は男女問わず体内でホルモンの分泌が行われています。
男性が男性らしく髭を生やしたり体格を整えるのもホルモンの力が関係しており、女性らしい身体やきれいな肌をつくるのには女性ホルモンがカギとなってきます。

女性は特にホルモンの影響を受けやすく、バランスが少し崩れるだけで体調に変化をもたらします。
例えば生理中や妊娠中に体調不良を起こすのは、いつもと違うホルモンが多く分泌される事によってバランスを失ってその影響で不調を起こしているわけです。

 

また、体温の調整を行うのもホルモンが関係しているので、生理中に寒気やほてりを感じるのも体温が不安定になる事による症状です。
一生でスプーン1杯分程しか分泌されない女性ホルモンですがこれだけ身体に大きな影響を与える大切な存在です。

しかし年齢を重ねるとこの分泌量が急速に減少していきます。
女性ホルモンが分泌がされなくなるとバランスが崩れるので、生理中や生理前のような不快な症状が日常的に続くという事になります。

 

これが更年期障害と言われるもので、体温調整が突然できなくなったり、めまいを起こすなど生活に支障をきたす症状が多く表れますし精神状態も不安定になります。

 

では、女性ホルモンと自律神経の関係性をみてみましょう。

更年期障害によってイライラしたり、不安になるなど喜怒哀楽が激しくなるのは自律神経と関係しています。
ホルモンは神経を司っており、安定して分泌される事によって交感神経と副交感神経のバランスを保っています。

しかし分泌量が極端に減るとこれらの神経のバランスが不安定になって、本来は副交感神経が働くべき睡眠時に興奮状態を引き起こす交感神経が働いてしまうなどの問題が発生します。
こういった状態になると、自分でも驚くほど精神のバランスがとれなくなり、急にイライラしたり、なんでもない事に敏感に反応したりという状態に繋がっていきます。

精神の不安定は直接的に体調不良を起こすものではないので自分では気づきにくいという特徴がありますから、そのままにして自分を追い込むという事にもなりかねません。
原因不明のイライラや情緒不安定な状態に悩まされるようであれば、放置せずにメンタルケアの治療などを受けて解消していくのが大切です。

 

ホルモンバランスの問題とは言え、自分の好きな事をしたり楽しい事を考えるだけでも症状はかなり緩和されますし、そのように努力している内にホルモンバランスが安定化するという事もあります。

そして、ホルモンバランスを安定化する事が最も大切な更年期の対策と言えますが、具体的にどうすればバランスを整えられるのかわからないという人も多いでしょう。

 

まずは仕組みを知って正しい知識で対策をとっていくのが大切です。
女性ホルモンの分泌が少なくなると、体温が下がったりイライラしたりという現象が現れますが、これらの現象に対して直接解消をはかる事で、逆にホルモンバランスを安定化する事が出来ます。

 

まず体温ですが、入浴時間を長くしたり、運動をしたりしながら体温を自分の力で上げていくというのが効果的です。
女性は下半身に筋肉をつける事によって血流がよくなり結果的に体温上昇につながる事が多いので、それを意識して身体を動かしていくのが良いでしょう。

 

精神面においてはメンタルケアを受けて気分を変えていくという対策がおすすめです。
また、ホルモンバランスを正常に整えるサプリメントなども市販されています。
これにも様々な種類があり、生姜の成分などで体温調整を促すものや、カルシウムなどで脳の安定化を図るものなどもあります。
自分の状態に合わせて適したものを選ぶ活用していけば、少しずつ改善に向かっていくのではないでしょうか。

 

 

更年期障害の身体的な症状と精神的な症状とは?

更年期障害が身体的な症状として出てくるのは、人によって違いますが大体は40代後半と言われています。

その特徴としてはホットフラッシュが代表となっていますが、そのほかに、倦怠感、頭痛、耳鳴り、めまい、便秘などいろいろで、これが複雑に組み合わさって症状として出てくるケースもあります。

本当につらくて自分の身体でありながらどうにもならないくらい不調に見舞われることが続くので、それだけでなにもやる気がでなくなってしまうというのも珍しくありません。
その対処法としての一つとしては、適度に体を動かしていくという方法が効果があります。

だるくてやる気がでなくても、ストレッチやヨガなど軽い運動をすることによって、血流がよくなってきます。
そうなるとなんとなく体が軽くなってくるようなきになりますし、汗をかくことによって自分の気持ちも満足して達成感を得られるようになるのです。
少しずつですが、身体も変化していくうちに不調も改善傾向にむかっていくことになるのです。

ただあくまでも自分が楽になる程度の運動だったり無理なく続けていくことが大切です。
更年期の時期は、自分を追い込まないことが乗り切りポイントです。

 

更年期障害の症状としては、身体的な症状だけでなく精神的にも今までにはない症状が現れます。
一番は、やる気がなくなってしまったり出かけるのも嫌になりさらに悪化するとうつ病にようになってしまう人もいます。

これは自分の体にも今まで感じたことのないような、つらい症状が現れてくるのでそれだけで気分がふさいでしまうということもありますし、更年期の時期が精神的にも落ち込む自分にさせてしまうのです。
更年期はエストロゲンというホルモンが減ることが原因でさまざまな症状がでるのですが、精神的な落ち込みというのも更年期の代表的な症状なのです。

 

この対処法は、自分だけでは解決が難しいと知ることです。
その年代の人はみな、程度こそ違いがありますが更年期の症状に苦しんでいるものです。
同年代の友人や知人に話してみると、みんな実は同じような悩みを抱えていることを知ったりするものです。

みな同じような感じでいることを知り、悩みを話しているうちに自分だけではないのだと思い気持ちが軽くなっていくものです。
また気分の良いときに友人同士でランチをしたり、旅行にいくなど気分転換をはかっていくのも良い対処法といえるのです。

 

では、更年期障害で苦しんでいる人は多いですが、どのようにして乗り切っていけばいいのでしょうか。

まずは、自分の身体を知るということです。
病院にいって血液検査を知り、本当に更年期の時期なのかを知ることも必要です。

自分勝手に更年期だと決めつけていても、血液検査をしてみるとそうではなかったとか、あるいは別の病気がわかることもあるので、まずは自分の体を知るのも必要です。
検査をして更年期なのだとわかったら、一番大切なことは期間限定のものなのだと認識することが大切です。

なぜなら更年期の時期は一生続くものではありません。
だれもが、更年期障害が収まる時期というのはあるのですから、いずれ終わるのだと割り切るのも必要なことです。
そして、人に話すということも上手な対処法です。

今後、体調が悪い日があること、イライラしてしまう日もあること、いままでとはちがってしまうこともあるということを家族や友人、知人に話をしてしまうことで気が楽になることはありますし、思いもよらないいざこざを防ぐためにもなります。
いままで完璧に仕事や家事をこなしていた人もそうできないこともあるというのを、自分でも理解し家族やまわりの人にも理解してもらうことが一番大切なことなのです。

 

 

 

 

更年期障害の対処法

更年期障害の対処法としてまず一つ目は、婦人科にいくことです。

更年期障害とは40代後半くらいに女性に現れる症状ですが、これはエストロゲンというホルモンが減ることによってさまざまな不調が起こってくるといわれており、その症状とは、ホットフラッシュといって、顔がかっと暑くなって汗が噴き出してきたり、疲労感を常に感じていたり、常にやる気がなかったりネガティブに考えてしまうこともあります。

また頭痛や耳鳴りや体の痒みなどさまざまな症状がでてくるので、これが更年期なのか分からなくなることがあります。

 

そんなときはまずは婦人科にいって、血液検査をしてもらうことが必要です。
血液検査によってホルモンの値がわかるので、そのうえで更年期障害とわかればホルモン剤の服用でかなり症状はよくなってくるのです。
これが婦人科での対処法としては一番、一般的に行われていることですしそれによって体が楽になってくる人もいます。

まずは自分の体の変化というのを婦人科で知ることからはじめたほうがいいのです。
ホルモンの値が変わっていないのに、かゆみなどの症状があるときはほかの病気も疑われるので、そのときは内科など別の機関で調べてもらうことも必要です。
40代以降は、体の変化に敏感になることでいろいろなことを知ることが出来ます。

 

更年期障害には漢方が効果があるときもあります。
更年期の時期には誰でもいままで感じたことのないような、倦怠感のほかに気力がなくなったり、なにもやる気が起こらない、イライラしてどうしようもないなど気持ちの落ち込みを感じる人が多いです。
これはその人が怠け者だからそういう症状がでるのではなくホルモンの変化に体がついていかない時期がくるためにそういう症状がでるのです。

 

そんなときは、対処法として、漢方を服用するという方法もあります。
漢方の中には、女性の更年期に効果のある漢方薬もあるので、それを飲むことがいいでしょう。
ただ、漢方といっても実にさまざまな種類があるので、自己判断で飲んでしまっても効果がないばかりか、体調を崩す原因になることもあります。

例えば、胃がいたくなったり吐き気がでることもあるのです。
ですから漢方を飲むときは必ず医師の診察をうけたり、薬剤師に相談をしてから服用をしていくといいでしょう。
飲んだあとに体調が悪くなったら、速やかない飲むのを中断するなどしたほうがいいです。

漢方は体にやさしいといわれることもありますが本当に本人の体にあえばすぐに効果がありますし、まったく合わないこともあるので、自分の体にあうか慎重に飲んだようがいいでしょう。

 

更年期が気になるなら、サプリメントをよく利用することも有効です。
更年期障害になってしまったらその時期が終わるまでとにかく我慢だと思わないほうがいいです。
いまは更年期を乗り切れる薬のほかにサプリメントなども売られています。
特にサプリメントはとても種類が多くどれを選んだほうがいいのか迷ってしまうくらいあります。
そんなときはネットの情報を集めてみるのもいいでしょう。

ネットの口コミ評判で更年期障害の緩和に役立つサプリメントのサイトもあるのでそこをしっかり調べてみるといいのです。
ネットには利用している人の素直な感想がよせられているので、自分と同じような不調を抱えている人の意見なども参考にしてみるといいのです。
特に女性ホルモンのエストロゲンに似た成分がイソフラボンに含まれていることがわかっているので、それが含まれているサプリメントは特に人気になっているようです。

プラセンタローヤルゼリー月見草オイルマカなども人気が高いサプリメントです。
さらには血流をよくしたりビタミンがバランスよく含まれているものも人気ですし、いろいろなサプリを取り入れるだけでなく適度な運動をするのも効果があります。
運動といってもいきなり激しい運動をするのではなくて、ヨガなどリラックスできる運動を取り入れていくのもおすすめで効果が期待されます。

 

 

 

 

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す