肩こりの悪循環のメカニズムとは?肩こりがひどい時にはどの診療科に行く?

偏頭痛の改善方法と偏頭痛予防とは?
2018年4月10日
憧れの芸能人、有名人の綺麗の秘密!美貌を保つための美容法を紹介
2018年4月10日

肩こりの悪循環のメカニズム

筋肉や血管、神経は別々の期間の様ですべてがつながっています。
ですから筋肉がつかれたりして硬くなれば血管や神経にも影響いて肩こりが起こったりするのです。

例えば猫背などの悪い姿勢を続けていたり、パソコンなどを使用するなど同じ姿勢を続けていると肩や首の筋肉が疲労して収縮してしまい硬くなったりすることでこりやハリを感じるようになります。
筋肉が硬くなってしまうと血管が圧迫されて血流が悪くなってしまい、その結果として抹消神経に傷がついたりする原因になってしまうのです。
血流が悪くなったり末梢神経に傷がつけば痛みを感じるようになり痛みを感じると脳から痛みを感じている場所の筋肉が反射程に収縮してしまいます。

そして筋肉が硬くなってしまいさらにコリやハリを感じるようになり、それがますます血管を圧迫して血流を悪くしてといったように終わりのない悪循環が始まってしまうのです。
これが慢性的に肩こりが起こる原因で、この悪循環をどこかで止めてあげるのが症状を改善するためには必要になります。
わかりやすく改善するためには筋肉をリラックスさせてあげることが一番です。
それには自分でできるストレッチが効果的といえます。

肩こりの原因は筋肉が硬くなって血流が悪くなることだと説明しました。
姿勢が悪かったり同じ姿勢を続けることによって筋肉が疲労することによって起こりやすいのですが、その他にも運動不足で身体を動かす機会が少ないことでも肩こりになりやすい原因になります。
それは運動不足で筋肉量が減ってしまうことでも血流が悪くなる一因だからです。
逆に運動のし過ぎでも肩を痛める要因になります。
運動量は人それぞれ限界が変わってきますが、まずは適度に動かすことを日常的に気をつけるとが大切です。

そして運動前と運動後に簡単なストレッチで肩や首の周辺の筋肉を伸ばしてリラックスさせてあげるとさらに予防改善につながります。
この時に腕を上げたり伸ばしたりするのがきついという人は、タオルなどを利用して身体を伸ばしてあげると簡単で身体にも負担をかけないで肩こり等の解消をすることができます。
またストレスや目の疲れ、太りすぎや痩せすぎなども肩こりの原因になりますので日常的に負担がかからないように気をつけましょう。
また女性の場合はハイヒールなどを利用していると足だけではなく肩こりにも繋がりますので特にストレッチが必要になります。

肩こりになりやすい原因

肩こりは現代病の一つとも言われ、オフィスで長時間同じ体制でパソコン作業を続ける人などに多く見られます。
また、重いものをずっと運んだり、無理に手を上げるなどでも筋肉に負担がかかり肩こりを発症してしまうことがあります。
筋肉が発達している若い世代の人はなかなか発症しませんが、ある程度の年齢を重ねて筋肉が弱っている人などはかかりやすくなってしまうので注意しましょう。

また、日本人は身体的に特に肩が凝りやすい状態にあります。
肩は頭を支えるという重要な役割も担っているのですが、大人の場合は頭だけでも5キロ以上の重量があります。
欧米の人々と比べると日本人はもともと肩周りの骨格が小さく、筋肉もあまりついていません。
このためさらに肩への負担がかかりやすくなり肩こりを発症する人の割合も多くなってしまうのです。
肩こりくらい大したことないとしばらくすれば治ると放置している人も多いでしょうが、油断していると痛みを伴って動かすことすらままならない状態へ悪化することもあります。
こうなっては睡眠どころではなくなるので、できるだけ早い段階でサプリメントや運動を取り入れ筋肉の状態を改善する必要があります。

肩こりを改善するには?

肩こりを改善し不眠症を改善するためには様々な対策があります。
まず最も効果的なのが、滞った血行を良くして筋肉の緊張を和らげるために肩周りの運動を行うことです。
首や肩をグルグルと回すだけでも効果がありますし、温かいお風呂に浸かって全身の血行を良くするのもおすすめです。

また、眠る前にハーブティーを飲むとリラックス効果を得られて副交感神経への切り替えが行われやすくなります。
特にカモミールやラベンダーなどは鎮静作用もありノンカフェインなので寝る前に最適です。
他のハーブティーも様々な香りや効果があるので好みのものを探してみると良いでしょう。

また、最近は不眠解消を目的とした専用のサプリメントなども多く販売されています。
身体をリラックスさせてくれる成分や睡眠サイクルを整えるビタミンなどを中心に配合され、睡眠薬など強い作用を持つ医薬品とは異なるので身体への負担も少なく、安心して毎日飲むことができます。
このように肩こりを原因とした不眠症の場合は運動などで凝りを改善させることが何よりも大切です。
そのうえでスムーズに寝付けるようにサプリやハーブティーを試してみるようにしましょう。

タオルを使ってリラックスできる

筋肉をほぐして肩こりを解消するためにストレッチは効果的ですが無理に行なうと筋肉や筋を痛めることがあります。
特に運動不足の方や高齢の方が無理をすると肩こりを改善するのではなく、余計に症状を悪化させてしまいかねないので注意が必要です。
そこで利用してもらいたいのがタオルを使ったストレッチです。

やり方はとても簡単でタオルの両端を持って伸びをするだけで効果があります。
タオルを持つ位置は腕を上げた時に気持ちがいい幅を自分で調節して持ちましょう。
あまりに端の方を持つと効果が低くなってしまいますし、真ん中の方を無理して持つと肩を痛める場合があるので、あくまでも無理のない気持ちがいいと感じる場所を持つことが大切です。
そしていい場所が見つかったら頭の真上に腕を上げて身体を伸ばします。
この時に肩甲骨がちゃんと動いて伸びている事を意識して行います。
そして十分に延びたらタオルを持ったまま背中の後ろに手を下して行きます。

こうすることで肩甲骨の周りの筋肉を無理なくほぐすことができますし背筋を伸ばす効果や胸を広げる効果も期待できます。
タオルを使うことで無理なく簡単に肩こりを改善することができるのです。

肩こりとリンパの関係について

肩こりとリンパの関係については、とても密接な関係があります。
肩こりが酷い人の場合、医師の先生などがその肩の様子などを見るとリンパの流れが上手くいっておらず、また血液の流れが順調に行っておらず肩こりとなってしまっていることが多いのです。
この原因としては血液が凝り固まってしまっている状態から酷い痛みとして肩こりとして症状が出る、このような仕組みになっています。
そのため、リンパの流れをよくすることで肩こりが治るケースもあり、同時にそのような血液の流れを良くする医師の先生が勧めてくれるサプリメントなどを使うとかなり肩の痛みが楽になり、同時に健康状態も精神状態もとても楽なものになることが多いです。

このようにサプリメントの中には上記のような首すじやリンパの流れを悪くしている血液の流れをとても綺麗に流してくれるものなどがあることからそれらのサプリメントを使い飲用することでとても辛かった痛みが改善されるというケースもとても多くあります。
上記のように肩こりは血液の流れなどと密接に関係しているため意外なところに肩の痛みを改善できるものがこのようにあります。

1日の疲れや肩こりはお風呂で洗い流すこと

1日の疲れや肩こりはお風呂で洗い流すことがとても大切です。
入浴は昔から戦国武将などもリラックスが出来るものとして各地の温泉や入浴などを楽しんでいたように体がリラックスできる方法として、肩のこりを治すことが出来るものとしても昔から多くの人たちに愛されてきたものです。

なぜ入浴やお風呂によって肩の痛みなどが改善されるのかというと、血液の流れは寒い場合にはとても悪くなり血の塊などが体の一部などに凝り固まってしまうものですが逆に、お風呂や温泉などに入ることで体が温まるということから体の中の悪い血の巡りがとても良くなり体の中の血液の流れがとても順調に綺麗に流れるようになります。
このようなことから1日の疲れや肩こりはお風呂で洗い流すことはとても大切なことであり、昔の人が行ってきたように温泉や入浴frお風呂などに浸かって体を温めることでリラックスすることは1日の疲れを取ることができると同時に明日の健康のためにもとても良いものであるとされています。
そのため、シャワーだけで体を洗い流すのではなくお風呂などにしっかりと入ることで痛みを緩和させることが可能となっています。

シャワーではなく疲れはお風呂で改善する

よく水道代や電気代、またはガス代などの光熱費の関係から風呂に入ることはお金がもったいない、経済的に許されないとして、節約のために夜、仕事から帰ってきた後にお風呂には入らずにシャワーだけで体の汚れなどを落とし睡眠についてしまう方が多いのですがこれはNGとされています。
なぜならばシャワーだけでは十分に体を温めることが出来ないほか、リラックス効果を得ることができないため疲れもしっかりと取ることが出来ません。
そのため、疲れをしっかりととるためには風呂や温泉などにゆっくりと入りこのようにゆっくりと浸かることで肩の痛みや首の痛みを改善することが出来る、このように言われています。

このことから節約のためとは言っても実際にはシャワーだけで入浴を済ませてしまうと本当に肩の痛みが改善されないだけでなく、鬱の原因ともなってしまうほか首のこりや肩のこりを改善することが出来ないため良くない方法であるとされています。
上記のことからしっかりとお風呂に入りしっかりと体を温めることは、とても大切なことであると同時に鬱病などを防ぐことが出来るとても重要なものとなっています。
また、入浴中にむくみやすいふくらはぎなどをマッサージしてリンパと血流の流れを良くし綺麗な足を目指すのも良いでしょう。

 

首の付け根にしこりができる原因

首の付け根にしこりができていることがあります。
あまり肩こりをしたことがない人にとっては、なぜこのような首の付け根にしこりのようなものが出来ているのだろうか?と不思議に思うものですが、これは玉のような形で肩こりが原因で出来てしまうものとなっています。
この塊が首の付け根にあるため見た感じではとても不思議な感じがしますが、このようなものが出来てしまっている当の本人からすると、
その飛び出た部分を押すと気持ちがいいことと肩の痛みと直結していることが分かるため、肩のこりが元となっていることがすぐに分かります。

この付け根の玉のようなものを治すためには肩のこりを出来るだけ軽くすることが大切であり、その部分とリンパの流れの部分をうまくマッサージなどを行うと小さくなっていき、やがて肩の痛みがなくなった頃には気づけば無くなっていることが多いものです。
これは男女問わず出来るものであり、上記のように肩のこりが元で出来てしまっているものであるため、デスクワークなどで肩を酷使したり目を酷使したりする生活がなくなると突然、消えていることがよくあります。

首の付け根のしこりを楽にする方法

首の付け根のしこり、この部分に出っ張ったような玉のようなものが出来てしまうことがありますが、これは肩こりと密接しているものであり肩こりが治れば自然になくなっていきます。
押してみるととても痛く、また同時に肩が楽になる感じがするためとても気持ちがよいものです。
これを消すには定期的にマッサージなどを行うことが必要であると同時にマッサージについては自分でも出来る方法として定期的に首や腕などを振り回し血流を良くすることです。
また、肩を上下に動かし首などをぐるぐるとまわすこと、このようにすることで肩の周辺の血流が良くなり体が温かくなることが分かります。
この他にも入浴や温泉などで治すことが出来ます。

また、ゆっくり温泉に浸かることで体が温まり、それと同時に血流がとても良くなるため肩こりが消えることがあります。
このように温泉に何度か浸かり肩こりをなくしていくことでしこりのようなものがいつの間にか消えていることが多いものです。
血流ととても関係しているものであることから、温泉に行く時間がない場合には自宅に体が温まる入浴剤などを風呂に入れて体をゆっくりと休めることでも消すことが出来ます。

しこりができないようにする方法

肩こりとこのようなしこり、これはとても密接な関係があり肩がどうしても痛くなってしまうことやめまいがしてしまうほど。
肩の痛みが酷い場合には当然ですが体が異変を起こし、上記のように不思議なものが出来てしまいます。
そのため、このようなものを作らないためには毎日、少しの時間でもいいので短時間でもストレッチや運動を行うことで解決することが出来ます。

例えばオフィスワークで1時間以上もパソコンを見る必要がある場合でも、パソコンによる目の疲れからくる肩こりや首のこりを治すために1時間経過した場合には必ず遠くの綺麗な景色を見ること。
また短時間でも首や肩をしっかりとまわす運動を行うこと、このようなことがとても大切になってきます。

また、同時に肩こりの原因の一つにはパソコンから出されるブルーライトがとても大きな原因であると言われている医師の先生もいるため、ブルーライトを遮るメガネなどを着用しパソコン操作をすることでブルーライトによる目の疲れが軽減され同時に、目の疲れが軽減されることから肩こりもとても軽くなります。
このように短時間でも運動を行うことなどはとても大切です。

肩こりが辛い!何科で治療すべき?

肩こりにはいくつかの原因が考えられます。
普段、自分の生活様式の中にその原因が潜んでいる可能性があります。
自分の肩こりの原因は何であるか、そこを知ることが解消への第一歩となります。

では、主な原因を見てみましょう。

寒さや冷え
夏よりも冬の寒い時期の方が肩こりを感じやすい人も多いのではないでしょうか?
これは血行不良が影響しています。
寒さのために縮こまった姿勢となったり外出回数が減り運動不足になるなど、血液の流れが悪くなり肩の筋肉の緊張しそれが原因となります。

眼精疲労
パソコンや携帯を長時間にわたり利用し目を酷使したりメガネやコンタクトの度が合っていないなどの理由で、目の筋肉が緊張することにより引き起こされることがあります。
悪い姿勢やいつも同じ姿勢を取り続ける姿勢の悪い人は要注意です。
また、長時間パソコンに向かったり長距離ドライブをするなど、いつも同じ姿勢を取り続けていることで首や肩などの筋肉の緊張が続き症状が現れます。

精神的なストレス
身体や心がえストレスを感じると自律神経が活発になります。
自律神経は筋肉を緊張させるので肩こりを誘発させます。

その他
常に歯を噛みしめたり肩が上がっている等の癖も、筋肉が緊張しコリの原因となります。

肩こりで病院受診?何科がいい?

肩こりになったときに真っ先に思いつくのは整体や接骨院等でのマッサージではないでしょうか?
確かにそれで十分、改善される場合もあります。
しかし、頭痛や手足のしびれ、腰痛などの他の症状が現れてきたり、他の重大な病気が潜んでいる可能性もあります。
あまりにも続くようであれば一度医師による診察を受け、適切な治療を行うことが大切となります。

整形外科
まず最初に受診するのはこちらになるでしょう。
骨はもちろんのこと、肩をとりまく筋肉、関節、神経などを診てもらえます。
原因がわかれば治療をしてもらえます。
多くの場合は筋肉を柔らかくする薬や痛みをとる湿布薬などが処方されます。

神経内科
頭痛、めまい、手足のしびれを伴う場合、脳やその他の神経、脊椎に異常がないかを調べます。
整形外科で紹介されて受診するケースも多いでしょう。

脳神経外科
神経内科で、脳に異常が見つかると今度はこちらを受診することになります。
また、主に頭痛の症状が伴う場合なども脳の異常を重点的に調べるために受診します。
不調の原因がわかれば気も楽になりますね。
最近では肩こり外来を設けている病院もあります。
枕の高さ調整をしてくれるなど独特な視点から診てもらえることもあります。

自宅で簡単に取り入れられる解消法

各科を受診して何の異常もなければ生活習慣からくる肩こりと言えるでしょう。
ここでは自宅で簡単にできる解消法をいくつかご紹介します。

血行をよくする
ストレッチ、ウォーキングなどの適度な運動を心掛けたり、効果的な入浴をするなど身体を温め血行を良くしましょう。

肩や首を冷やさない
冬の寒い時期はマフラーなどで首を保護しましょう。
寝る際にネックウォーマーをつけることも効果的です。
夏場はクーラーの風が直接当たらないように注意しましょう。

ハーブティー
自然のハーブの力を借りることも手段です。
おすすめなのは血行を良くし老廃物を排出してくれるローズマリーです。
その他、身体を温めてくれるカモミールティーはリラックス効果もあるので身体の緊張もほぐしてくれるのでおすすめです。

サプリメント
自分の肩こりが血行不良が最大の原因の場合、サプリメントを取り入れることも効果的です。
ビタミン類、オメガ3脂肪酸、シトルリンなどの成分は血行を良くしてくれるのでおすすめです。
ハーブティーやサプリメントは体質に合わない場合もあるので安易な自己判断に頼りすぎないようくれぐれも注意しましょう。

Share on Google+
Instagram

コメントを残す