ビオプテリンの効果と効能、作用について

ビオチン(ビタミンB7)の効果と効能、作用について
2018年3月30日
ヒスチジンの効果と効能、作用について
2018年3月30日

ビオプテリンは、補酵素の一つで、ローヤルゼリーの中に含まれています。
ビオプテリンの主な働きは、抗酸化作用があり活性酸素を除去してくれます。

そのため、シミや、ソバカスなどが出来るのを防いだり、ガンの予防をしてくれるのです。

また、このビオプテリンの摂取が不足するとジストニアや、狂犬病などのさまざまな病気と関わっています。
こうしたことを防ぐために、適切な量のビオプテリンの摂取が必要となるのです。

ビオプテリンは、1957年にノーベル賞受賞者のプテナント博士によって発見されました。
ビオプテリンは、ローヤルゼリーの中だけに含まれる成分で、現在ではこのビオプテリンはローヤルゼリー関連製品に利用されています。

ビオプテリンは活性酸素を除去する役割のほか、以下のような効果効能があります。

ビオプテリンの主な効果/効能/作用

・子どもの成長を促す(成長促進作用があるため)
・やる気を起こす(ドーパミンの合成を促すため)

こうした働きがあり、ビオプテリンは、アンチエイジングなどの美容効果があると期待されています。

ただし、ビオプテリンを含むローヤルゼリーの過剰摂取はアレルギー症状を引き起こす可能性があるため注意が必要です。
そのため、日本健康・栄養食品協会ではビオプテリンを含むローヤルゼリーの摂取量を1日当たり500mg~3000mgとしています。

ビオプテリンを多く含む食品はローヤルゼリーがあり、
このローヤルゼリーを効率良く摂取するには生で食べるかサプリメントがお勧めです。
サプリメントであれば、ビオプテリンを含む
ローヤルゼリーのサプリメントが販売されているので、それらを活用することもいいでしょう。

Share on Google+
Instagram

コメントを残す