バストを支えるクーパー靭帯を強化するにはコラーゲンが必要?!

コラーゲンはバストアップに欠かせない!?コラーゲンで美バストをゲットしよう
2019年6月23日
ガンに打ち勝つ免疫力を高めるには腸内フローラがポイントとなる?!ガンと腸内フローラの関係性とは?
2019年6月25日

バスト=乳腺というイメージが強く、乳腺を発達させるために女性ホルモンを活性化させるバストアップサプリなどを摂取する人が多いです。

もちろん、バストは乳腺と乳腺の周りにある脂肪細胞でできているので、女性ホルモン分泌を活発にすることはとっても大切。

しかし乳腺発達だけではなく、乳腺や脂肪を支える役割を持つクーパー靭帯を強化することも、バルトアップへの第一歩となりますよ。
ここではバストを支えるクーパー靭帯についてと、クーパー靭帯強化によるバストアップの方法などをまとめてみましょう。

 

【バストは鍛えることができない?!】

バストは、乳腺、脂肪からできており、それらをまとめるようにクーパー靭帯が支えています。

さらにその土台となるのが大胸筋と呼ばれる筋肉です。
バスト自体には筋肉がないため、運動をしたからと言って大きくなるわけではありません。

ただバストの土台となる大胸筋を鍛えることはできるので、大胸筋を鍛えることでバストの垂れを予防することはできるでしょう。

 

【クーパー靭帯とは?】

バストの中でも脂肪や乳腺を支えているのがクーパー靭帯です。

クーパー靭帯はバストの乳腺や脂肪分を吊り下げている靭帯であり、 クーパー靭帯が正常であれば上向きの綺麗なバストと維持することができます。

構造は、膜状に配列したコラーゲ線維が深層の筋膜から炎状態に立ち上がっており、乳房内の乳腺や脂肪をまとめて、バストの形を作る結合組織です。
クーパー靭帯の状態がバストの形にも影響しており、コラーゲン繊維であるクーパー靭帯は筋肉ではなく、一度伸びたり、切れたりしてしまうと元の状態には戻りません。

 

クーパー靭帯は非常にデリケートな部位であり、激しい運動をして胸が上下に揺さぶられるだけでもダメージを受けます。
また、寝ている時にナイトブラを着用せずに、ノーブラで寝ているとクーパー靭帯は、寝ている間にどんどんとだめーじを受けてしまうでしょう。

 

伸びやすいゴムのようなイメージを想像すると分かりやすいです。例えば、小学生の時にかぶっていた赤白帽子のゴムが伸び切ってしまった…。

このような経験はありませんか?
ゴムは一度伸びてしまうと元に戻ることはありませんし、伸びすぎてしまうと切れてしまうこともあるでしょう。

 

【クーパー靭帯が切れたり、伸びたりする原因とは?】

クーパー靭帯が切れたり、伸びたりする原因はいくつもあります。

クーパー靭帯の切れ、伸びの原因は以下の通りです。

・ナイトブラをつけていない
・急激なバストの成長(思春期や授乳期に多い)
・加齢
・激しい運動
・血行不良
・姿勢の悪さ

それぞれまとめてみましょう。

 

<ナイトブラをつけていない>

ナイトブラとは夜寝るときに付けるブラジャーのことです。

昼間に付けるブラジャーはワイヤー入りのものが多いですが、ナイトブラはノンワイヤーでホールド力の高いブラジャーが多いでしょう。

ナイトブラはクーパー靭帯を守るためには絶対に必要なアイテムとも言えます。
ナイトブラを着けずに寝てしまうと、クーパー靭帯には大きなダメージが加わるでしょう。

例えば、仰向けに寝れば左右にバストのお肉が流れてしまいますし、横向きに寝た場合には片方にだけ重力がかかり、クーパー靭帯が引っ張られてしまいます。

またうつ伏せ寝すると、体重で胸を押しつぶすことになるので、クーパー靭帯は伸びたり、切れたりしやすいでしょう。
ナイトブラをつけずに寝ると、バストの脂肪はどんどん脇から背中へと流れてしまいます。背中に脂肪が増えて、バストが小さくなった…という人は、寝ている間にバストが形崩れを起こした可能性がありますよ。

 

<急激なバストの成長(思春期や授乳期に多い)>

思春期や、妊娠中、授乳中の女性は、バストが急激に成長することがあります。

急激にバストが大きくなると、それにつられてクーパー靭帯も伸びてしまうのです。

特に妊娠中、授乳中は、普段よりも乳腺が発達しているのでバストアップした状態になります。
この時に、しっかりとバストをホールドしてあげなければ、バストの重みにクーパー靭帯が耐えられなくなり、バストの下垂が起こる可能性があるでしょう。
妊娠中、授乳中はしっかりとバストをケアできるブラジャーの着用をおすすめしています。

 

<加齢>

クーパー靭帯の原料はコラーゲンになります。

体内で生成されたコラーゲンを使ってクーパー靭帯を作っているので、体内で生成されるコラーゲン量が減ればクーパー靭帯も弱くなってしまうのです。
体内でのコラーゲン生成量は20代半ばをピークとして、加齢とともに徐々に減少します。するとクーパー靭帯も伸びやすく、切れやすくなってしまうでしょう。

 

<激しい運動>

激しい運動をすると、バストは上下左右に大きく揺れるため、バストを支えているクーパー靭帯もダメージを受けやすいです。

スポーツをする場合には、スポーツ用のブラジャーなどの着用がおすすめ。
思春期の女の子は学校の体育の授業や部活などで激しい運動をする機会が多いですので、ブラジャーの着用などは徹底したいですね。
また大人になってからもスポーツをする機会は多く、ランニングやジョギングなどでもクーパー靭帯に負担がかかりやすいので気を付けましょう。

 

<血行不良>

バストは血行が良くなければ大きく成長しません。
また血行がよいと、クーパー靭帯への栄養や酸素も行き渡りやすく、老廃物がスムーズに排出されます。
血の巡りが非常に重要となるので、血行不良の状態が続くと、クーパー靭帯が正常に働かなくなるので伸びやすく、切れやすくなってしまうかもしれません。

 

特に血行不良の要因とあるのが自分のサイズに合っていないブラジャーをつけていること。
あるアンケート結果によると、日本人の8割以上は間違ったサイズのブラジャーを着けているといわれるほどなんですよね。
血行を改善するためにもゆとりのあるジャストフィットのブラジャーを付ける必要があります。

 

また血行不良の原因として、ストレスも関係しています。
ストレスで血行が悪くなると、クーパー靭帯にもダメージが加わるので、適度な運動などでストレス解消するようにしたいですね。

 

【クーパー靭帯の伸び、切れ予防の方法とは?】

クーパー靭帯は一度切れて、伸びてしまうと、どんどんバストの下垂が進行してしまいます。
ここではクーパー靭帯の伸び、切れ予防方法についてまとめてみましょう。

 

<ナイトブラを使おう>

睡眠中にブラジャーをつけない女性が多いですが、これがクーパー靭帯の伸びや切れを引き起こす大きな要因となります。

睡眠時間は平均でも6〜7時間もあるので、その間ずっとノーブラというのはクーパー靭帯に大きな負担となるでしょう。

下向きに寝るとバストが圧迫されて胸の形が崩れますし、仰向けで寝た場合には胸の脂肪が横に流れて離れ乳になったり、バストサイズが小さくなったりすることも。
睡眠中には、ナイトブラと呼ばれる睡眠中専用のブラジャーを付けることで、バストの形を崩さず、クーパー靭帯への負担も軽減できますよ。

 

<胸筋を鍛える>

クーパー靭帯自体は、コラーゲンの弾力成分になるので、鍛えることができません。

そこでクーパー靭帯そのものを鍛えるのではなく、バストを支えている大胸筋や小胸筋を鍛えることでクーパー靭帯の切れや伸びを予防できるでしょう。

 

大胸筋や小胸筋はバストを下から支えている土台のような役割を果たします。
この胸筋をしっかりと鍛えることで、バストが、下垂しにくくなるので、クーパー靭帯への負担は軽減されますよ。

 

大胸筋を鍛えるには、腕建て伏せ、両手のひらを胸の前で合わせて力を入れるお祈りポーズなどのエクササイズがおすすめ。
小胸筋は大胸筋の奥にある筋肉。普段から頻繁に使われるため、疲労して縮んでしまうことも多いです。
小胸筋は、背筋を伸ばすストレッチで筋肉をほぐしてあげるとよいでしょう。

 

<運動時にはスポーツブラを使おう>

クーパー靭帯はゴムのように弾力のあるコラーゲンの繊維束なので、揺れ、圧迫などの刺激によって細く伸びてしまいます。

また大きな刺激が加わりすぎると、切れてしまうこともあるのです。
一度切れてしまうと、再生することはないので日頃から切れないように負担を軽減してあげなければなりません。

 

特にスポーツによる刺激はクーパー靭帯に大きな負担となります。スポーツブラを着用してクーパー靭帯の負担を軽くしてあげましょう。

ランニング、ダンスなどは胸の動きが激しくなるので、着用必須です。
スポーツブラはスポーツ時に着用するために設計されているので、胸の上下運動をしっかりと抑えてくれます。

クーパー靭帯を守ってバストの下垂を防いでくれるでしょう。またスポーツブラは普段のブラジャーに比べて圧迫も少ないので、動きやすく締め付けも少ないですよ。

 

<サイズの合ったブラジャーをつけよう>

クーパー靭帯にダメージを加えないためには、日頃から自分のバストサイズにあったブラジャーを付ける必要があるでしょう。

サイズが合っていない小さいブラジャーをしていると、乳房を圧迫して、クーパー靭帯を傷つけてしまうことがあります。
また大きすぎるブラジャーを着けると、ブラジャーがカパカパ浮いてしまい、胸の重みを支えられずクーパー靭帯の負担を増やしてしまうでしょう。

バストのサイズは年齢や季節、体型などで日々変化するので、自分のバストサイズを定期的に測って、自分にあったブラジャーを身に着けるようにしたいですね。

 

<血行をよくしよう>

体の血行がよくなればクーパー靭帯に栄養や酸素が行き渡りやすくなり、体内に溜まった老廃物や毒素の除去がスムーズに行われます。

そうすると、クーパー靭帯がしっかりと強化されるので、切れにくく長持ちするようになりますよ。
血行をよくする方法としては、マッサージをしたり、お風呂に入って体を温めたりしましょう。

 

<コラーゲンを積極的に摂取しよう>

クーパー靭帯の主成分であるコラーゲンの、体内での生成量は20代をピークにその後どんどん減少してしまいます。

クーパー靭帯を強化するためには、体内で生成されるコラーゲン量だけに頼るのではなく、体外からも積極的にコラーゲンを摂取した方がよいでしょう。

体内にあるコラーゲン量を増やすことができれば、クーパー靭帯は強化されるので、バストの下垂を予防できます。
バストの形崩れ、下垂を予防できれば、上向きのバストを維持できるので、バストアップにもつながりますよ。

 

<姿勢の悪さ>

姿勢がよいとバストは上向きになりますが、姿勢が悪く前かがみになったり、猫背になったりするとバストは下向きになり、下垂が進行してしまいます。

姿勢が悪くなりバストが下向きになると、バストを支えているクーパー靭帯にも負担がかかり、伸びがちになってしまうでしょう。

また姿勢の悪さは血行不良を招きやすいので、血行不良による肩こり、腰痛、むくみ、冷え性などにもなりやすいですし、クーパー靭帯へ栄養も届きにくくなってしまう可能性があります。

 

【クーパー靭帯を強化するためにコラーゲンサプリを上手く活用しよう】

体内で生成されるコラーゲン量には限界があります。

また体内で合成されるコラーゲン量は20代半ばをピークとし、その後は徐々に減少してしまうのです。

不足したコラーゲンを補うためには、コラーゲンを含む食品を食べたり、サプリメントを摂取したりするのが理想的。
特にコラーゲンサプリは1日1回飲むだけで手軽にコラーゲンを摂取できるので、クーパー靭帯を強化して、バストアップしたい人におすすめです。
もちろんバストアップにも効果がありますし、肌のハリ、ツヤアップにもつながるので、美肌ケアにも効果がありますよ。

 

ヘルスライフ社のマリンコラーゲン(海洋性コラーゲン)100粒は、海洋性由来のコラーゲンをふんだんに含んだサプリメントになります。

サケ、マグロ、サメなどの魚の骨、軟骨、皮を原料としているので安全性も高く、副作用もありません。
また他の動物性コラーゲンに比べても分子量が小さいので、人への吸収率は高く、より効果を実感しやすいでしょう。

年齢によるバストの下垂が気になる方、上向きの美バストを維持したい方、バストのハリ、弾力をアップしたい方、バストアップに興味がある方などは手軽に摂取できるコラーゲンサプリはぜひ摂取しておきたいですね。

クーパー靭帯が伸びたり、切れたりする前にコラーゲンを補充して強靭なクーパー靭帯を手に入れましょう。

 

<参考商品>