プラセンタは自律神経失調症の交換神経と副交感神経のバランスを整える!

スピルリナが毛髪の健康にとても良いとされる理由とは
2018年4月10日
血液を通じて毛母細胞に届くスピルリナの効果とは
2018年4月10日

自律神経失調症は早めのセルフケアが大事

原因不明の頭痛や少し動いただけで起こる動悸息切れ、慢性的な倦怠感やイライラ、強い不安や不眠など心身に起こるさまざまな不調はすべて自律神経失調症が原因と言っても過言ではないほど、自律神経の乱れは全身の健康状態を左右します。

症状が出る部位も不調の出方も違うことから原因がそれぞれ別にあると考えてしまうケースもあり、病院で心臓の精密検査を受けても謎の動悸が起こる原因がわからないなど、自律神経失調症と診断されるまでに回り道してしまう厄介な面もあります。

 

この病気の怖いところは、現に症状はあるのに原因に直接アプローチする根治治療が難しい点にあり、西洋医学では症状ごとの対症療法を続けることになります。

体質改善の方向から治療を試みる漢方治療のほうが向いている面がありますが、体質によっては薬の効果があらわれるまで相当の時間がかかることから、いったん自律神経失調症になってしまったらなかなか治らないというのが現状です。

 

漢方治療などによる体質改善にとって大事なのは、体内に取り入れた薬効成分を最大限に生かすための消化吸収力の向上で、それを高めておくためにもプラセンタの摂取が良いと言われます。

自律神経失調症は代謝機能も低下させることから胃腸の働きが衰えていることが多く、身体に入って来た栄養や有効成分を十分に生かせない心配が出てきます。
自律神経のバランスを整えるためにせっかく服用した薬が自律神経失調症による消化吸収力の低下で身体にうまく取り込めないことになってしまいます。

プラセンタはそれ自体が優れた栄養素の宝庫であると共に、代謝機能を活性化させて臓器や細胞の働きを高めるサポート役を努めます。

 

美容成分としても人気が高いプラセンタは肌そのものに良い成分を含んでいるだけでなく、ターンオーバーを促進させる効能を持っていることで有効性が実感できると言われています。
外から入って来た良い成分を上手く生かせるかどうかの分かれ目となる大事な代謝機能を、プラセンタが良好な状態に導いてくれます。
さらにプラセンタは自律神経の働きにとって大事な、交換神経と副交感神経そのものにも良い効果をもたらすと言われています。

 

神経細胞の増殖と再生を促すプラセンタ

自律神経は人体の活発な活動や緊張状態を司る交換神経と、より良い休息のために心身をリラックスに導く副交感神経がバランスを取って働いていることで、昼間活発に働いて夜は睡眠によって身体を休息させて翌日に備えるといったサイクルを維持します。

 

自律神経失調症になると交換神経と副交感神経のバランスが上手く行かなくなるため、副交感神経が優位に立つべき夜になっても交感神経が働いてしまいリラックスできずに寝付きが悪くなって不眠に陥りがちになります。

このタイプの不眠は更年期障害でも起こりやすいとされ、自律神経失調症が更年期障害によって悪化し、悪くなった自律神経失調症が更年期のさらなる不調を誘発する要因にもなっています。

 

自律神経失調症や更年期障害のセルフケアに良いとされるプラセンタサプリメント月見草オイルサプリメントは自律神経やホルモンバランスを整えることに有効とされていますが、プラセンタサプリメントの場合、交換神経と副交感神経そのものに役立つ成分も持っていると言われます。
それがNGFという通称を持つ神経細胞増殖因子です。

 

プラセンタの特徴でもある成長因子の一つですが、神経細胞増殖因子は交感神経や副交感神経を構成する神経細胞の増殖や再生を促すことで、自律神経やホルモンバランスを整える働きを持つとされます。

自律神経失調症や更年期障害の改善を行うために最も重要な自律神経の神経細胞そのものを増やす可能性を高める神経細胞増殖因子をプラセンタサプリメントによって身体に取り入れることができれば、弱っていた自律神経が回復し正常に働いて良いバランスが取れるようになる可能性が高まります。

 

月見草オイルサプリメントによって更年期障害による心身の不調解消を試みることでホルモンバランスを整える方向からも改善に向けてのアプローチができるようになります。
神経細胞増殖因子は精神的不調の緩和にも役立つとされ、不眠やうつなど心の症状への効能も期待できる頼もしい存在としても注目されています。

 

ヘルスライフ シープ プラセンタ ( 羊由来 エキス ) 25,000mg

 

 

 

自律神経失調症の原因とプラセンタの効果を実感する瞬間とは

原因を知って悪化を防ぎたい自律神経失調症

 

自律神経失調症の症状を起こす引き金となる要因は多岐にわたりますが、根本原因である自律神経の乱れは元々の体質や長年の生活習慣によるものが大きいと考えられています。

 

特に自律神経失調症を発症して悪化させやすい体質が冷え性です。
冷え性の人は全身の血流やリンパ液の流れが滞りがちで、そのめぐりの悪さから自律神経のバランスを崩すようになると考えられています。

女性の自律神経失調症は更年期障害によって悪化しやすいと言われますが、人によって差が大きいと言われる更年期のつらさも冷え性の人ほど重い症状があらわれるため、更年期障害に良いとされる漢方薬の多くがめぐりを改善する作用を強調しているほどです。

 

頭痛肩こり、動悸息切れやめまい耳鳴り、不眠や不安など自律神経失調症の諸症状は強いストレスを受けた際に悪化しますが、そのストレスを過度に体調に影響させるのは自律神経で緊張や興奮を司る交感神経です。

 

冷え性の人は元々自律神経のバランスを崩し気味で交感神経が優位になり続けていることからストレスを受けて緊張し、その緊張が心臓に伝わって動悸を起こし、精神に作用するとイライラや不安感、不眠を誘発します。

 

冷え性の上緊張するタイプで長年肩こりに悩んでいるなどめぐりの悪さを自覚している人は、自律神経のバランスを崩さないためのセルフケアが重要になってきます。
自律神経失調症は悪化した症状のいずれかに治療が必要になっても病院では自律神経失調症そのものを根治させるのは難しいことから対症療法を長く続けることになります。

不眠症やうつ病といったメンタル面の不調が悪化してしまうと睡眠導入剤や抗うつ薬といった強い薬を服用することになる心配もあり、予兆の段階や軽症のうちに有効な対策をとることが重要です。

自律神経失調症や更年期障害は体質改善が症状軽減のカギになることから毎日のセルフケアが大切で、プラセンタサプリメントや月見草オイルサプリメントが注目されているのは、日常無理なく取り入れられる有効成分による実感体験が、広く知られるようになって来たからと考えられています。

 

体質改善に有効な成分が豊富なプラセンタ

自律神経失調症や更年期障害の症状が強く出て悪化を招きがちとなる冷え性は、体質的な問題でもあるため早期改善が難しい面があります。

冷え性で滞った血流を改善する効能を持つ漢方薬も即効性があるわけではないため長期の服用が必要になりますが、症状が悪化してからではさらに時間がかかってしまいます。
そのためにもセルフケアによって薬効を生かしやすい身体づくりをしておくことが大切で、プラセンタに含まれる数多くの有効成分がそのサポートに適していると言われています。

 

冷え性の人が悪化させてしまった自律神経失調症や更年期障害ではめぐりの悪さによって代謝機能も著しく低下していることが多く、腸の機能も衰えて消化吸収が上手く行かなくなっています。
そのため漢方薬やサプリメントの有効成分が身体に吸収しきれず、吸収した成分も充分生かしきれないため効果を実感しにくくなります。

プラセンタは質の良い栄養素の宝庫であると共に成長因子という細胞の増殖や再生を促すたんぱく質を数多く持っていることから、内臓の細胞を元気にさせて機能を向上させて行きます。

 

漢方薬やプラセンタサプリメント、月見草オイルサプリメント等の有効成分を生かしやすくすることで自律神経失調症や更年期障害の改善を着実に進めるセルフケアが実現します。

プラセンタが持つ成長因子には自律神経の細胞そのものも良い状態に導く神経細胞増殖因子も含まれており、めぐりの改善や代謝機能アップだけでなく自律神経の神経細胞をより良い状態にしてバランスを整えることに役立ちます。

 

自律神経がリフレッシュされたのを感じ取ることは難しいですが、代謝機能の改善でむくみや便秘が解消したり肌のターンオーバーが促され美肌を実感した時など、プラセンタには女性に嬉しいプラスアルファの効能が少なくありません。

自律神経失調症の原因である冷え性改善に役立つめぐりの良さも、肩こりや頭痛の解消などで徐々に実感できるようになります。

 

ヘルスライフ シープ プラセンタ ( 羊由来 エキス ) 25,000mg

 

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す