パラベンの効果と効能、作用について

パラアミノ安息香酸の効果と効能、作用について
2018年3月30日
バリンの効果と効能、作用について
2018年3月30日

パラベンは、防腐剤として利用され、パラオキシ安息香酸という正式名称が使われます。

パラベンは5種類あり、その主な働きは微生物の繁殖を防ぐ役割です。
また、皮膚刺激が少ないため、化粧品などの防腐剤として利用されています。
ただし、パラベンには、アレルギーを引き起こす可能性があるため注意する必要もあります。
しかしながら、パラベンが含まれていない化粧品も微生物が繁殖しやすくなるため、注意が必要です。

パラベンは5種類あり、メチルパラベン、エチルパラベン、
ブチルパラベン、プロピルパラベン、ベンジルパラベンの5つです。
この中で、最も強力な防腐効果があるのが、メチルパラベンで、通常利用されているパラベンです。

パラベンは薬事法において「アレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある物質」として扱われています。
ただし、現在では改良が重ねられ、ほとんどの化粧製品に安全性が高いパラベンが用いられるようになっています。
また、食品の防腐剤としてもパラベンは利用されるようになってきています。

パラベンは微生物の繁殖を防ぐ役割のほか、以下のような働きがあります。

パラベンの主な効果/効能/作用

・腐敗を防ぐ(微生物の繁殖を防ぐため)

パラベンにはこうした働きがあるため、化粧品や食品の品質を長期間にわたって守ることが出来るようになるのです。

パラベンの過剰利用はアレルギー症状を発症する恐れがありますが、
パラベンの毒性は強くないためアレルギーの発症率は低いとされています。
また、化粧品への配合割合は1%未満と制限されているため、安心して利用して問題ありません。
そして、パラベンフリーの化粧品もありますが、これは品質の劣化が早くなる場合があるので注意が必要です。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す