プラセンタによる睡眠改善効果とは?その9

プラセンタによる睡眠改善効果とは?その8
2019年12月12日
プラセンタによる睡眠改善効果とは?その10
2019年12月14日

寝不足ストレスでホルモンバランスも乱れる?!プラセンタで改善しよう

睡眠中は成長ホルモン以外にも様々なホルモンが体内で生成、分泌されています。

睡眠を安定させ、体内時計を整える働きや抗酸化作用があるメラトニンの分泌が減ってしまうと不眠になるだけではなく、肌が酸化してシワやシミなどの肌老化が起こりやすくなります。

 

また睡眠不足が原因のストレスによって自律神経の交感神経が刺激されて、男性ホルモンの分泌量が増えてしまうこともあります。

男性ホルモン分泌量が増えると皮脂の過剰分泌が起こり、角質の柔軟性も失われるための角栓つまりや、ニキビなどの肌荒れが起こりやすくなります。

 

このような睡眠障害による肌トラブルを改善するのに役立つのがプラセンタです。

プラセンタは自律神経のバランスやホルモンバランスを整えることで、質の高い睡眠を促してくれます。

また肌細胞のターンオーバーを促進する働きもあるので、美肌ケアにも有効です。

 

睡眠を安定させるホルモンのメラトニンの主原料であるトリプトファンも多く含むプラセンタはアンチエイジングと不眠症状どちらにも効果を発揮してくれますよ。

特にシーププラセンタはアミノ酸組成が人と近いので吸収率、浸透性も高くより高い効果が実感できます。

日本ではあまりなじみのないシーププラセンタですが、海外では一般的なプラセンタ原料であり、ブタ、馬と並んで安全性が高いプラセンタとして定評があります。

たくさんの栄養を含むプラセンタサプリを摂取して、体の不調を改善して、若々しい肌を手に入れたいですね。

 

シーププラセンタで不眠対策

母親と胎児を繋ぐ胎盤から抽出されるプラセンタには、アミノ酸・たんぱく質・ビタミンといった体に必要な成分の他、プラセンタ特有の成分として、成長ホルモンと似た働きをする「成長因子」もみられます。

これらの成分を摂取することで、体内のダメージを受けた部分が修復され、様々な問題の改善が期待できるのです。

 

プラセンタで改善できる症状のひとつに、不眠が挙げられます。

不眠になる原因としては、例えばカフェインやブルーライトの刺激により脳が覚醒状態に陥っている場合や体内時計の乱れ、ホルモンバランスや自律神経の乱れ等があります。

特に過剰なストレスは自律神経・ホルモンバランスを崩す原因となります。

 

さらにヒトはストレスがかかるといつでも危険に対応できるよう、臨戦体制に入ります。

すると神経も興奮し、脳は覚醒状態に陥るのです。

そこで登場するのがプラセンタです。プラセンタにはストレスを軽減させ、自律神経・ホルモンバランスを安定させる効果が期待できます。

 

プラセンタに含まれるアミノ酸の一種、トリプトファンにはセロトニンの分泌を促進させる働きがあります。

セロトニンは自律神経のコントロールに必要不可欠な神経伝達物質です。

さらにセロトニンは時間が経つと睡眠を促すホルモンであるメラトニンに働きかけます。

 

プラセンタのサプリを服用することで安眠効果が得られるのです。

なおセロトニンによって、メラトニンが分泌しはじめるには14~16時間を必要とします。

ヒトは朝光を浴びることでセロトニンを分泌し始めます。

常に安眠を得るためには、できるだけ同じ時間に起床し、朝日を浴びるようにしましょう。

そうすることでプラセンタの効果をより高めることができます。

 

さらにプラセンタは動物の種類によって体へのなじみやすさが違います。

羊由来のシーププラセンタはヒトの身体にもなじみやすいため、より高い効果が期待できます。

 

<参考商品>

シープ プラセンタ ( 羊由来 エキス ) 25,000mg

 

 

 

副作用の少ないシーププラセンタで不眠症状を改善しよう

なかなか眠れない…疲れているのに眠りが浅い、夜中に目が覚めてしまう…このような不眠症状に悩まれている現代人は多いです。

不眠の原因はストレスや疲れ、ホルモンや自律神経バランスの乱れなど様々ですが、辛い不眠症状を解消するために薬に頼る人もたくさんいます不眠に悩まれている方であれば、睡眠薬の使用を考えたことがあるかもしれません。

 

睡眠薬(睡眠導入剤)を飲めば、感情を安定させることで心がリラックスし、覚醒中枢の働きを弱めることで眠りやすい状態を作っていきます。

また脳内にあるGABA受容体に作用することで、活発に働く脳の活動を抑えて、眠りを促進していきます。

 

睡眠薬を服用すれば、きちんと睡眠がとれるようになる人は多いです。

効果はある反面、副作用も出やすいです。

日中まで眠気が残って、だるさや倦怠感、ふらつきなどを1日中感じてしまうという副作用を引き起こしてしまうケースも多いです。

このような副作用が出てしまうと、日常生活にも支障が出てしまい、困りますね…

さらに、眠りが浅くなる、記憶がなくなるなどの副作用も確認されています。

 

また睡眠薬の服用を続けていると、飲まなければ眠れなくなる体質になってしまうこともあります。

つまり依存症です。睡眠薬は一定期間のみ続けると、効果が薄くなるという性質もあるため、睡眠薬の服用量はどんどん増えてしまいます。

睡眠薬をのまなければ眠れないと考え混んでしまい、睡眠薬に依存しがちです。

 

このように睡眠薬は効果が出る半面、副作用が強いので服用には注意が必要です。

一方、不眠症状を改善できるプラセンタサプリは副作用がほとんどありません。

プラセンタ自体がヒトの体内から抽出されるエキスなので、体には害がないのです。

自律神経やホルモンバランスを整えることで、辛い不眠症状を改善していきます。

体質改善に効果のあるプラセンタサプリは副作用が少なく、安全性の高いサプリメントと言えます。

不眠でお悩みの方は、安全なプラセンタサプリを試してみるとよいですね。

 

プラセンタサプリとプラセンタ注射の効果の違い

不眠症や更年期障害の症状を改善するために、医療機関でプラセンタ注射を受ける方は多いです。

プラセンタ注射は美容効果、アンチエイジング効果だけではなく、心や体の不調を改善する効果に優れているのです。

 

プラセンタは、血液の流れを良くして、基礎代謝・新陳代謝をあげてくれます。

また免疫機能を高めたり、体の炎症を抑えたりと様々な効果が期待できます。

不眠以外にも

眼精疲労・老化・肩こり・冷え性・自律神経失調症・便秘・喘息・花粉症・脱毛症・高血圧糖・尿病などに効果があります。

 

自律神経を調整することで心と体のバランスをとり、不眠症、心身症、ノイローゼなどの症状を緩和していきます。

プラセンタ注射は更年期障害や慢性肝障害の治療で行われる場合には保険適用になりますが、それ以外の症状に関しては自由診療になります。

 

不眠症による治療でプラセンタ注射をすると、自由診療になります。

しかし更年期障害のよる不眠症状によるプラセンタ注射であれば保険適用されます。

 

プラセンタ注射は保険適用されてから45年間重篤な副作用は報告されておらず安全性の高い治療法ではあるものの、悪寒、悪心、発熱、発赤、発疹などの副作用がでる場合もあります。

プラセンタサプリに比べると、副作用は出やすくなりますので、そのあたりは注意したいですね。

またプラセンタ治療は医師による治療を受けなければならないので医療機関に通う必要があります。

プラセンタサプリであれば、自分で手軽に服用できるので、まずはプラセンタサプリから始めてみるのがやりやすいかもしれませんね。

 

<参考商品>

シープ プラセンタ ( 羊由来 エキス ) 25,000mg