αリポ酸の効果と効能、作用について

α-リノレン酸の効果と効能、作用について
2018年3月26日
β-カロテン(β-カロチン)の効果と効能、作用について
2018年3月26日

αリポ酸は、細胞の一つ一つに存在している物質で、エネルギーを作り出すために必要な成分です。
こうしたエネルギーの生成が主な働きのαリポ酸は、疲労回復を促進してくれ、
疲れやすさを解消してくれる役割があります。
そのため、αリポ酸が体内から減少すると体調を崩してしまうことに繋がるのです。
こうしたことから、食事などからαリポ酸の摂取が必要になるのです。

αリポ酸は1930年ごろに発見された成分で、細胞の一つ一つに含まれていると知られています。
1930年に発見されて以降、αリポ酸の研究が進んでいき、1960年代には中毒治療薬として用いられたりしました。
また、こうしたαリポ酸の研究が進むと、
心臓や呼吸をするために必要なエネルギーを生み出していることが分かってきました。

そして、1989年には抗酸化作用があることが分かり、
この抗酸化作用が活性酸素を除去する働きがあることが分かってきたのです。
現在では、このαリポ酸が老化や生活習慣病を予防すると注目されているのです。
特に、αリポ酸は年齢とともに減っていく成分であるので、
年齢を重ね始めたらαリポ酸を摂取すると、健康な生活を送ることが出来るのです。

αリポ酸は疲労回復効果のほか、以下のような効果効能があります。

αリポ酸の主な効果/効能/作用

・美肌効果(αリポ酸が活性酸素の働きを弱めるため)
・糖尿病を予防する(インスリンの働きを高めるため)
・がんを予防するため(抗酸化作用で、活性酸素を除去するため)
・デトックス効果(カドミウムやダイオキシンなどを体外へ排出するため)

こうした働きがαリポ酸にはあるため、健康的にも美容的にも効果があるとして注目されているのです。
また、主な働きとしてエネルギー生成があるため、体から疲れを取ってくれる役割等もあるのです。

ただし、αリポ酸の過剰摂取は
まれにインスリン自己免疫症候群による低血糖発作や動悸などを引き起こすことがあります。
そのため、こうした症状が出た場合には摂取を中断することが大事なっています。
また、妊娠している人などは摂取を控えたほうがいいとされています。

αリポ酸を多く含む食品は、レバーや、ホウレン草、ニンジンなどの食品に多く含まれています。
ただし、一般的には食品だけでは十分なαリポ酸を摂取できないため、
サプリメントなどで効率的にαリポ酸を摂取することが必要となっています。

そして、サプリメントを摂取する際には用法・用量を守って摂取することで
αリポ酸の健康効果を手に入れることが出来るでしょう。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す