アトピー性皮膚炎に良いサプリメントとは?改善に役立つサプリメントは?

アトピー性皮膚炎患者でも美肌に!肌ストレスの改善方法と洗顔
2018年4月9日
肌のエイジングケアにローヤルゼリーが効果がある理由
2018年4月9日

 

 

プロポリスがアトピー性皮膚炎に良い理由

プロポリスは、天然の抗菌作用があると言われています。
プロポリスは、さまざまな樹木から集めてきた樹脂をミツバチが唾液とともにかみ続け、ワックス状にしたものが原料となっています。
アトピー性皮膚炎にも効果がありアレルギー反応のように過剰に反応している場合、これらを抑制してくれる効果があります。

 

アトピー性皮膚炎に悩まれている人にとってステロイドはきってもきれないものですが、副作用も強く依存しやすいデメリットもあります。
そこでステロイドを使用しないで治療を行っている皮膚科もあります。
アトピー性皮膚炎に使うプロポリスは、多方面から原因を追求し、きちんと診察し、脱ステロイドに向けてステップを踏んでいきます。
肌の保湿剤として使用したり、入浴剤として使用するなどいろいろな方法があります。

 

プロポリスは、免疫力が低下したときに強化し、過剰に反応する場合には抑制する免疫調整効果を持っています。
そのため、アトピーだけでなく、にきびや水虫、糖尿病などの生活習慣病にも効くと言われています。

 

さらに、近年では花粉症の軽減やアレルギー性鼻炎を軽減する結果が得られていることからますます注目を集めています。
もちろんプロポリスは自然由来の食品なので、皮膚に塗ってもそれが有害になることはありません。
ただ人によってはハチアレルギー反応がでる場合があるので、蜂蜜やローヤルゼリーなどにアレルギーを持っているひとは念のために気をつけるようにしましょう。

もしアレルギーに対して不安なことがあれば、利用前に医師に相談するなどして診断することをおすすめします。
プロポリスは、アレルギー反応がない場合小児患者から年輩の方まで、誰もが使える心強い味方です。

 

最近では抗炎症作用が注目を集め、口内炎や歯周病などの口内のトラブルにも使用されはじめているためプロポリスは、歯磨き粉や喉スプレーなどにも応用されています。
肌や粘膜を強化し抗酸化性から肌を傷つける活性酸素を排除してくれるので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ローヤルゼリーがアトピー性皮膚炎を和らげる

アトピー性皮膚炎はとても辛い病気で、体全体が痒くなり夜も眠れないほど辛い病気であり、痛い病気も辛いですが痒みが治まらない病気もとても辛いのです。
そのため、この痒みを和らげるためにステロイド剤を使用する人も多いのですが、このステロイド剤には副作用があるので使用する場合には注意する必要があります。

 

また、アトピー性皮膚炎は小さな子供がなってしまうケースが多いです。
そして、痒くて我慢できずに掻きまくってしまい体中に傷跡が残ってしまうのです。
顔も痒くなってしまう人も多く、とても痛々しい姿となってしまいます。

 

またアトピー性皮膚炎は不治の病と言われており、大人になってもなかなか治りません。
幼少期から大人になるまでずっとそれに苦しんでいると、思春期であれば部活にも差し障りがありますし受験勉強にも影響してきます。
特に痒みを我慢しながら勉強をするのは、とても辛いことです。

そういった辛さを我慢しながら勉強をしなければならないので、それを見ている親御さんにとってはとても辛いことです。
また思春期にアトピー性皮膚炎で苦しんでいると、恋愛にも影響します。
その掻いた傷跡などを見て好きな異性に引かれてしまうこともありそういった場合には激しく傷つきます。
このようにアトピー性皮膚炎という病気は、肉体的だけでなく精神的にもとても辛い病気なのです。

 

このアトピー性皮膚炎の激しい痒みを、ロイヤルゼリーを服用することによって和らげることができることが最近知られるようになりました。
掻かなくなれば傷跡も残らなくなるのでロイヤルゼリーを服用することによって痒みを和らげるというのはとても画期的な治療法であると言えます。
このロイヤルゼリーは市販でも売っているので、比較的安価な値段で購入することができます。
その意味でも、今後、アトピー性皮膚炎の治療法として注目されることと思われます。

 

 

プラセンタがアトピー性皮膚炎にも効果あり

保湿や美白など美肌情報に敏感な人ならプラセンタのことはご存知でしょう。
動物の胎盤から抽出された成分で若返り効果があるなどとも言われています。
実はアトピー性皮膚炎の治療にも効果があります。

アトピー性皮膚炎は免疫機能が異常な状態となるアレルギー疾患のひとつです。
花粉やハウスダストなど普通なら反応しないものに対して過剰に反応してしまい、かゆみを感じます。
また、バリア機能を高める保湿成分や、セラミドが不足した乾燥した肌は外部からの刺激に弱く少しの刺激でもかゆみを感じます。
皮膚をかくことによってさらにバリア機能が破壊されるという悪循環に陥ります。

 

アトピー性皮膚炎の症状を改善するためには免疫機能を正常な状態に戻す必要があります。
ステロイド剤は、たしかにアトピーの症状を抑えることはできますがアトピー性皮膚炎を根本から改善するわけではありません。
副腎の機能の低下や皮膚が薄く弱くなるなどの副作用のリスクもあります。

 

では、プラセンタはアトピー性皮膚炎に対してどのような効果をもたらすのでしょうか?
プラセンタはビタミンDオメガ3系多価不飽和脂肪酸、コンドロイチン硫酸など含んでおり免疫調節作用があります。

また、抗アレルギー作用や炎症を抑える抗炎症作用もあります。
さらに内分泌調整作用がホルモンバランスを調節します。
これらが複合的に作用して免疫機能を正常な状態に戻したり肌を健康な状態にしていくと考えられます。

 

プラセンタ療法は副作用もないためステロイド剤を比べて安全性も高く、なにより根本からアトピー性皮膚炎を改善してくれます。
医師と相談しながらステロイド剤の投与を徐々に減らしてスライドしていくことをおすすめします。

また、プラセンタの種類の中でも羊のプラセンタ(シーププラセンタ)が人の組成に一番近いと言われており重宝されています。
やみくもにプラセンタを購入するのではなく、どの種類のプラセンタを選ぶかも効果を感じるポイントと言えるでしょう。

 

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す