過酸化脂質があるとガンになりやすい?!過酸化脂質の発生を抑えるグレープシードオイルの働きをまとめよう 2

過酸化脂質があるとガンになりやすい?!過酸化脂質の発生を抑えるグレープシードオイルの働きをまとめよう 1
2020年1月10日
インスタ投稿キャンペーン&お客様の声ご投稿ボーナスポイント当選発表 11&12月分
2020年1月11日

前回は、過酸化脂質がどのようにガンと関与するのか?や、過酸化脂質の生成を増やす要因となる活性酸素について、活性酸素を除去する作用がある抗酸化物質についてまとめました。

今回は、抗酸化物質を多く含む、グレープシードオイルを詳しくまとめてみましょう。

 

【手軽に抗酸化物質を摂取するにはグレープシードサプリがおすすめ】

抗酸化物質はビタミンなどに多く含まれていますが、毎日コンスタントに摂取するのは意外と大変なもの。

バランスよく栄養チャージするためには、サプリメントでの摂取がおすすめです。
特に今回ご紹介したいのが、当店でも取り扱っているグレープシードオイルのサプリメントです。

 

近年グレープシードオイルが脚光を浴びているので、健康志向の人であればグレープシードを料理などに用いる方もいるかもしれません。
ヘルスライフ社のグレープシードオイルサプリは、グレープシードオイルをカプセルにギュッと濃縮したサプリメントです。

 

米国でブームを起こしたグレープシードオイルは、ぶどうの種に含まれる油分のこと。

ぶどうの種に含まれている油分はごくわずかなので、ワイン産地などぶどうを大量に産出する地域で生産されています。
グレープシードオイルの産地国としては、イタリア、フランス、スペイン、チリなどが有名です。

 

 

【グレープシードオイルサプリの特徴は?】

グレープシードオイルはコレステロール0%の食用油です。

主成分は

・リノール酸(多価不飽和脂肪酸)約65%
・オレイン酸(一価不飽和脂肪酸)約18%

であり、リノール酸が多いため、摂取のし過ぎはよくありません。(不飽和脂肪酸は過酸化脂質になりやすいため)

 

ただ、過酸化脂質になりやすいリノール酸を多く含むグレープシードオイルですが、ビタミンEも豊富に含まれているため、リノール酸は酸化されにくいです。
基本的にグレープシードオイルはビタミンEが酸化を防いでくれるので酸化防止剤などの添加物も含まれていないことが多いでしょう。

含有するビタミンEはオリーブオイルの約2倍以上もあり、強力な抗酸化作用が期待できます。
ビタミンEには血液の流れをスムーズする作用があり、若さを保つビタミンとしても有名です。

 

【グレープシードオイルサプリに含まれる注目成分「オリゴメックプロアントシアニジン(OPC)」とは?】

当店で取り扱っているグレープシードオイルサプリはヘルスライフ社の製品です。

グレープシードは赤ブドウ種のエキスであり、この赤ブドウ種はブドウ種の中でも最も多くポリフェノールを含んでいます。

赤ブドウ種は他のブドウエキスに比べても成分量が非常に高く、グレープシードオイルサプリに含まれる赤ブドウ種のエキスは赤ワインの100〜300倍にもなるんですよ。

 

グレープシードオイルサプリには不飽和脂肪酸やビタミンEのほか、様々な栄養成分が含有しています。
その中でも注目したいのが「オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)」です。

 

オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)は、ポリフェノールの一種であり、優れた抗酸化作用があります。

そもそもポリフェノールとは植物の苦み成分、渋み成分となっている化合物の総称で、自然界には5000種類以上あるといわれています。
オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)はあまり聞きなじみがないかもしれませんが、1947年にフランスのジャックマスケリエ博士によって発見されました。

 

その後、長年の研究によってほとんどすべての植物からオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)が見つけ出されています。

オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)は、主として皮や種子など私達が普段調理したり、食べたりする際に取り除かれる部分に多く存在しているため、普段の食事では十分な量を摂取できます。

 

グレープシードオイルサプリではグレープシード(ぶどうの種)のオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)をたっぷりと含有。
特に脳にある活性酸素を除去してくれるといわれています。

 

【オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)の効果とは?】

グレープシードオイルサプリの注目成分であるオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)の効果についてまとめてみましょう。

 

<血管壁の強化による動脈硬化予防>

オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)は、コレステロールが血管壁に沈着するのを防ぎ、血管壁を強化します。

血管壁を構成するコラーゲンとエラスチンという2つのタンパク質に結びついて血管壁が破壊されるを防ぐことができるのです。
また、タンパク質の合成を促進するので、血管を丈夫にしてくれるでしょう。

 

血管壁を強くすることで、心疾患などを引き起こしてしまう動脈硬化予防につながります。

オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)は、動脈と静脈の老化予防の働きもあることから、「血管壁のビタミン」とも呼ばれていますよ。
ヨーロッパでは静脈瘤や浮腫など血管系の病気に対して、治療薬としても用いられています。

 

<美肌効果や肌トラブルの改善>

さらにオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)には美肌効果も期待できます。

体内を酸化させる強い力を持つ活性酸素は、動脈硬化だけではなく、白内障やアトピー性皮膚炎などの肌トラブルも引き起こしやすいです。
それらのトラブルから体を守る抗酸化物質の中でも、オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)は最も強力な部類1つ。

 

オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)の働きは、ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍とも言われているんですよ。

紫外線によって発生するメラニン色素の沈着を防ぐことで、シミやくすみをできにくくし美白効果が得られます。
また美肌の元となるコラーゲン生成を活発にして、肌にハリと潤いをもたらしてくれるでしょう。

 

オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)にはこのほかにも、

・まぶしさで物が見えづらくなる眩輝
・夜盲症
・黄斑変性

などの目の病気にも効果抜群です。

さらには、関節炎や花粉症などのアレルギー症状の緩和にも有効であることが分かっています。

 

オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)は驚異的な活性酸素消去能力があり、唯一活性酸素から損傷を受けない物質、つまり酸化しない物質なのです。

オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)は自らの電子を活性酸素や酸化したビタミン・抗酸化物質に与えて安定させることで、すぐに酸化する抗酸化ビタミン類を何度もリサイクルして、力を発揮し続けさせる作用があります。

 

酸化した抗酸化物質は、活性酸素に自分の電子を与えた後、今度は自分の欠けてしまった電子を他の物質から奪おうとして酸化してしまいます。この酸化した抗酸化物質にもオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)は自らの電子を与えて安定させることができるというわけです。

 

このことからもオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)は、ほとんどの植物に極めて微量に含まれる世界最強の抗酸化物質として称されており、人間の生命活動には非常に重要な物質なのです。

 

【グレープシードオイルサプリは安全・安心でガン、生活習慣病予防にぴったり】

体内での過酸化脂質の増加はガンや生活習慣病を引き起こしやすくなってしまいます。

過酸化脂質を増やさないためには、

・過酸化脂質になりやすい不飽和脂肪酸の摂取を控えること
・脂質と反応する活性酸素の量を減らすこと

が大切です。

 

活性酸素を除去するためには抗酸化作用のある成分の摂取が効率的であり、グレープシードオイルサプリは1日1〜2粒飲むだけでOK。

健康な体を維持するだけではなく、アンチエイジングなど美肌効果も得られるので女性にとっては注目のサプリメントですね。

植物成分なので、体にも安全ですし、長期的に摂取しても安心感がありますよ。

 

<参考商品>