肩こりの予防と改善の方法とは?肩こりは精神にも影響する?!

スピルリナを飲むときの注意点!健康維持と病気予防に
2018年4月10日
肩こりの原因と改善の方法とは?肩こりに効く成分とは?
2018年4月10日

肩こりをほぐしてくれるマッサージについて

マッサージは酷い肩の痛み、こりにもとても有効なものです。
これはマッサージを行うことで体が凝り固まっている状態をほぐすことが出来ること、そしてそのほぐす力によって肩の痛みの原因となっている血の塊を上手に血流の流れを良くすることなどが出来るからです。
そのためリンパに沿った形でのマッサージはとても効果的です。
もしオフィスなどでこのような酷い肩の痛みを感じた場合には、休憩室などを使ってゴルフボールなどでもこのようなマッサージが可能です。
壁などに体をつけ肩の痛い場所にゴルフボールをリンパの流れにそって押し込む形で、かなり肩の痛みや辛いこりがなくなっていくことが分かります。
また家などの自宅では、このようなゴルフボールを使ってもっと簡単にマッサージを行うことが出来ます。

まずベッドなどに横たわり体の痛い部分、肩の痛みが激しい部分に、上記のようにリンパの流れに沿った形でゴルフボールを置きそのまま眠れば暫く時間が経過すると肩がとても軽くなっていることが分かります。
そのため寝る前などにこのようなマッサージを行うことですっきりと眠りにつくことが可能です。

肩こりになってしまう原因の一つに運動不足であることがよく指摘されています。
これは肩こりと運動が関係している理由として、まず運動不足になってしまうと肩の周りの筋肉がどんどんと衰えてしまいます。
重い首などを支えることの出来る筋肉が足りないことから、肩が重くだるく感じてしまうのです。
そのため運動を行うことは、肩こりに打ち勝つとても良い方法の1つとなっています。

運動については水泳などの水の中で動く運動はとても効果的であるとされており、同時にダイエットにもなるため一度で2重に効果があるとされています。
水泳などが良い理由としては肥満体型の人でも出来るスポーツであること、また水の中では体がとても軽く負担などがあまりかからずご高齢の方でも出来るスポーツであること、このような理由から老若男女を問わずに行うことが出来るスポーツになっています。
医師の先生が勧める運動はこのように水泳やスイミングであり、酷い肩こりを持っている人へは対処法として水泳やスイミングのように水の中で出来るスポーツとして、この他にも水中のエアロビを勧める医師の先生もおられます。

短時間でも肩の周辺をもみほぐすことが大切

短時間でも肩の周辺をもみほぐすことで、肩が完全に固まり血が鬱血したような状態になることを防いでくれます。
これは医師の先生も勧める方法であり、1時間ほどパソコンの操作やスマートフォンや携帯などの操作を行った後には、必ず最低でも15分以上は休憩をとり、その間に肩の周辺をもみほぐすこと、また肩や腕をぐるぐるとまわすことで肩が凝ってしまった状態をもっと軽い状態に治すことが出来ます。

これは上記のように少しの休憩時間でも必ずパソコンやスマートフォンなどの操作を連続して行った後には行った方がよい方法であり、あまりにもパソコンやスマートフォンを連続して1時間以上使っていると、目が疲れる結果、ブルーライトを浴びる結果として肩の痛みが急激に重くなります。
そのため上記のように短時間でも休憩をとり、休憩時間には必ず自宅やオフィスで肩の周辺などをもみほぐす、肩や腕をぐるぐるとまわす運動を行うなどをするだけでもまったくその後の肩の痛みが違ってきます。
特に連続して仕事をしている人は忙しさからこのような時間を作ることも難しいですが、短時間でもこのような運動をすることで楽になります。

肩こりに効く簡単マッサージ

オフィスで肩こりに困った時に何とかその疲れを解消したいものですよね。
でも、上司や同僚に今まさに「肩こりを解消するための運動を行っていますよ」としてはだめですよね?
ここでのポイントは誰にもバレることなく、しっかりと肩のコリをほぐしていくような運動をしたいですよね?

ここでずばりそのやり方をご紹介しましょう。
デスクで簡単にできる運動ですので誰にでもすぐにできます。
手すりが付いているチェアーがある場合は、それを利用しましょう。
なければ支える部分があればそれでもかまいません。

まず手すりの部分に手をおいてみてください。
その状態をみると軽くひじが曲がっている状態だと思います。
そこで腰を上げるのではなく腕全体をまっすぐ伸ばすような感じで伸ばしてみましょう。
ひじをまっすぐに伸ばせば肩に負荷がかかりませんか?
この状態で少しキープします。
数秒でいいです。

そしてゆっくりとまた肘を曲げて座ります。
これだけでも十分疲れが取れているはずです。
席に敷いている座布団を元に戻すような感覚で座り直すとまずバレません。
簡単に行えるのでだれでも行うことができます。
注意すべき点は椅子に負荷をかけすぎてこけないようにしてください。

肩こり予防は意外と簡単!

肩こりに悩んでいる方は多いものの、その予防に取り組んでいる方は意外と少ないものです。
肩こり予防は意外と簡単。
避けられないものと諦める事はありません。
生活習慣の改善に取り組んだり姿勢を整える事を心がければ肩こりの軽減に役立ちます。
対策はどれも毎日の生活に取り込める簡単なものですから1つずつ試して効果を実感していくと良いでしょう。

肩こり予防に効果的な対策には、大きく分けて2つあります。
一方はいつも通りの生活に少しだけ対策を盛り込む事。
もう一方は積極的に肩こりの対策に取り組む事です。

いずれも時間やお金はかかりませんので誰でも安心して活用できます。
仕事中の休憩や休み時間に行える方法も多くありますので利用しやすい方法を選んで試すと良いでしょう。
試してみて効果があると実感できれば、それを続ける事で肩はずっと楽になります。
長く肩こりを患っている方であっても遅くはありません。
ちょっとしたコツを掴むだけで肩が楽にしやすくなりますので、肩が辛いなと思った時や少し調子が悪いなと思った時などに利用できるでしょう。
ほんの少しの改善や数分の体操などでもやるとやらないとでは大きな違いがあるものです。

生活習慣の改善で肩こりを解消

毎日の生活に取り入れられる方法としてまずは姿勢を良くする事を心掛けましょう。
とはいえ、難しい決まりはありません。
必要なのは椅子と鏡だけ。
椅子に座って自分の体の傾きを前からチェックしましょう。
チェックポイントは左右のずれです。

体の傾きは筋肉の不自然な弛緩や緊張を作り出しますので、そのまま長く同じ姿勢を保っていると血行が悪化して肩こりの原因になります。
そこで鏡を使って傾きをチェックし、左右に傾かないよう真っ直ぐ座れるようにするのが大切です。
具体的な座り方の例として正座を思い出してみてください。
正座は肩こりになりにくい座り方の1つですから正座の座り方を参考にして骨盤を起こした座り方を心掛けましょう。
お尻に左右均等に体重がかかるようにして腰部の中心に体重をかける感じにすると上手く座り易くなります。
この状態で少しだけ胸を張り顎を突き出さないように気を付けましょう。
これらが上手くできていれば背筋が伸びて上半身の筋肉に負担がかかりにくくなります。
背骨が軽いS字を描く理想的な姿勢が保たれている状態です。
ただし、これらの方法で逆に悪い座り方が身に付けないよう他者のチェックを受けながら行いましょう。

体操とトレーニングで肩こりを積極的に予防

簡単な体操と軽いトレーニングとを組み合わせると肩こりを積極的に予防できます。
肩こりの要因である運動不足やストレスを解消する為にいずれも大切な対策になります。
体操には椅子に座った状態でできるものと立った状態でできるものとがあります。
椅子に座って行う体操は仕事中の休憩に。
立った状態で行う体操は朝晩や休み時間に行うと良いでしょう。
この時、ストレッチを上手く組み込むと更に効果的です。

トレーニングを行う際は僧帽筋という筋肉を鍛えていくのが目的になります。
首の後ろから肩、そして背中にかけてある広く大きな筋肉でこれを鍛える事が肩こりの予防に効果的です。
基本的に自重トレーニングを行う形になりますが、ダンベル等を使った方がやりやすい方は軽いものを選んで利用すると良いでしょう。
他のトレーニングとしてはインナーマッスルや三角筋を鍛えるのも有効です。
トレーニングは椅子に座ったままできる楽なものです。
比較的短時間のトレーニングでも毎日続ける事で肩こりの解消に繋がります。
ただし、重すぎるダンベルを使ったり必要以上に強度の高いトレーニングをしたりすると逆に肩を痛めるでしょう。
鍛える頻度と強度との適切な管理が重要です。

肩こりに効くサプリメントで見事に解消

肩こりと言うのは同じ姿勢でずっといたりパソコンを見続けたりするなどして筋肉が硬直した状態です。
また肩以外の部分、例えば腕や腰、さらには目までも同じです。
筋肉をほぐさないとつらくて仕方がありません。

そこで疲れを取る方法としてサプリメントを摂取してマッサージするという方法があります。
サプリメントであるならば食事をしたり飲み物を飲んだりするのとは違って、簡単にとることができますので周りの人に見られても何ら文句を言われることもありません。
だれにでもできる事ですので積極的に取り入れたいです。
どういったサプリメントが良いかといいますとビタミンB12が良いです。
ビタミンの効能として肩こりや腰痛改善に効果があるのです。
末梢神経は何かがきっかけとなり傷ついてしまう事があります。
それによって腰痛や肩こりの原因となるらしいのですが、ビタミンB12には末梢神経の傷を修復する働きがあるので効果的なんです。

他にもビタミンB群は是非取りたい栄養です。
眼精疲労に有名なビルベリーもオススメです。
アントシアニンというブルーベリーなどにもある成分がありますが、ビルベリーはアントシアニンがブルーベリーの2〜5倍と豊富に含まれていますし亜鉛などのミネラルも含まれています。
疲れたなとおもったらサプリを摂取したいです。
まずは簡単にできる方法としてサプリメントを摂取して肩を動かすことから始めてみませんか?

⇒ ビルベリー サプリ 5000mg 60粒 アントシアニン

オフィスだからあえてくつろごう

仕事が忙しかったりすると仕事に集中しすぎて肩が凝ってしまっているのかもしれませんし、重大な仕事を抱えていて切羽詰まった状況だからこそいろいろな筋肉が硬直してしまっているということが考えられます。
なかなかそんな時に休息ということも難しいかもしれませんが、アロマの意味もあり、体全体の疲れをとる意味でも取り入れたい画期的な方法があります。

それはハーブティーです。
紅茶感覚で一緒に取れば良いのです。
ハーブティーにお湯を注げばそれでおしまい。
もし自分でそれをする時間がなければ、他の方にお願いしたとしてもそれほど手間がかからないはずです。
その人とおいしくお茶を召し上がれば体も精神も本当にほっとしますよね?
なんといってもその香りで筋肉がすごくほぐれていくのがわかります。
このときに少し背伸びをします。
これでOK。
肩の疲れだけでなく他にも硬直してしまった筋肉を解きほぐす効果があります。
ティータイムにはぜひやってみてください。
また利用したそのティーパックはそのままゴミとして捨ててしまうのではなく、デスクの横に入れ物の中にいれておくと良いでしょう。
その香りでリラックスして仕事がはかどるでしょう。

鬱と肩こりの関係について

肩こりがなぜ起きてしまうのか?というとよく人と話すと緊張してしまう、ドキドキしてしまう…とても対人関係が辛い…このような症状や悩みを持っている方が多くおられます。
このような方の場合、肩こりもとても酷く原因としては常に体がドキドキとした緊張の状態であるため首こりなどと同時に肩や首の周辺が凝り固まった状態になってしまっています。
特に体に問題はないものの、緊張状態という精神がとても不安定な状態からこのような症状が出てしまっています。
これは改善するためにはハーブティーなど、リラックスできるものを飲用などする他、リラックスが出来る香りとしてお気に入りのアロマやビタミンやビルベリーなどのサプリメントなどを使うと肩こりや緊張状態がほぐれリラックスすることが出来るとされています。

特にハーブティーの場合にはリラックス効果が高く、飲用をしているとその香りの良さからとても気持ちの良い、ほのぼのとした気持ちになれる効果が高く、同時に上記のような肩や首こりなどの症状がとても改善されるとされています。
これはリラックスをすることで緊張していた体の状態がほぐされていくためであるとされています。

鬱の原因の大きなものは肩こり

健康は本当に大切なものであるとされています。
健康な人の場合には栄養などもしっかりと体に摂取が出来ており、またそのような栄養素などが脳にも良い働きかけなどをしてくれるため鬱になりにくいとされています。
また体に異変や肩こりなどが無い人ほど、健康で毎日が楽しい!
鬱病なんて考えたこともない、このような人が多いです。

よく長期にわたり入院生活などを送っている患者さんの場合、もともとはとても精神的にも強くとても素晴らしい精神を持っており、鬱になる性格とは正反対の人であっても辛い入院生活が続けば、どうしても鬱になってしまうと言われているように、肩こりなどの辛い症状は精神状態にも異常を出してしまうことが多いものです。
そのためこのような辛い症状を治すためには、まずは首こりや肩の辛さを治すことがとても大切になってきます。
そのためにはリラックスをすることがとても大切であり、医師が勧めてくれるサプリメントを使ったりハーブティーなどの香りでリラックスを行う、またはアロマテラピーなどを使ってリラックス気分を行う、このようなことがきっかけで症状が良くなるケースもあります。

首や肩の痛みは日常生活を送るうえでも困難

首や肩の痛みは日常生活を送るうえでも困難を引き起こす、このように言われています。
鬱状態にある患者さんを診察する精神科医の先生や心療内科の先生の場合には、まずは名医の先生の場合、日常生活をどのように送っていますか?
という質問をしてくれて、その日常生活が肩こりや首のこりなどを酷く引き起こすような不規則な日常生活の場合には改善をするようにいろいろなアドバイスをくれるものです。
例えば夜中まで起きていてパソコンなどで遊んでいる場合やスマートフォンなどでゲームなどをしている場合には、スマートフォンやパソコンから放出されるブルーライトの影響でとても首のこりや肩のこりや痛みが増幅すると言われており多くの医師の先生がアドバイスをする要因です。
同時にこのブルーライトは鬱になってしまう原因とも言われています。

そのため医療現場などでは、このようなブルーライトを極力、体に浴びないようにブルーライトを遮断するメガネなどを勧めるなど、出来る限り日常生活を規則正しく行えるようにしっかりと医師の先生がアドバイスを行い規則正しい日常生活を送るためのアドバイスをくれます。

Share on Google+
Instagram

コメントを残す