スピルリナを飲むときの注意点!健康維持と病気予防に

スピルリナのダイエット効果とは?二日酔いを防止にも!
2018年4月10日
肩こりの予防と改善の方法とは?肩こりは精神にも影響する?!
2018年4月10日

初めてスピルリナを飲むときに気をつけたいこと

自然界に存在しているスピルリナは、健康食品に使われているスピルリナとは多少違うものになっています。
スピルリナは単細胞の微細な藻の一種で強アルカリ性の水の中に生息しています。
健康食品に使われているスピルリナはアルスロスピラ属の植物になり、とても似た性質を持っていてどちらも様々な栄養素を豊富に含んでいます。

自然界にあるスピルリナは日本では食用として利用できないので、似ている性質の植物をサプリメントとして摂取できるようになっているのです。
スピルリナは、もともと中南米やアフリカの湖に生息しています。
現地で食べられているのを見ていたフランス人が健康食品に開発して広まっていきました。
スピルリナは食物繊維やアミノ酸だけでなくビタミンやミネラルなどが豊富に含まれていて、現在の偏りがちな食事の栄養バランスを整えるのに役立っています。
近頃は徐々に人気を集めていて、サプリメントにあまり縁のなかった高齢者の方たちにも手放せないという方が出てきていて広く普及してきています。

スピルリナはとても様々な栄養素を豊富に含んでいますので、たくさんの方の健康を支えてくれます。
腸の内の状態は身体全体の健康に繋がりますが、スピルリナには腸の調子を整えるというありがたい効果があります。
特に便秘に悩んでいる女性になどに効果的です。

しかし、スピルリナは食物繊維を豊富に含んでいるため、たくさんの量を一度に摂取すると副作用として下痢を引き起こす可能性があります。
服用する人によって現われ方は異なりますが、初めて服用するときは五粒ぐらいの摂取量から始めるのが良い方法です。
メーカーによって様々ですが一日平均して四十粒ぐらいの摂取量が推奨されていることが多くなっています。

しかし、一度にそんな量のスピルリナを服用したら下痢になりやすい人は悪化する恐れがあります。
そのため体調と相談しながら、少しずつ始める方が無難です。
過剰に摂取した場合は身体の外に排出されますのでせっかく服用してもすぐに身体の外に排出されるなら、せっかく摂ったサプリメントが無駄になってしまいます。
自分に適している摂取量を見極め、服用する量を体調に合わせて調整するというのも身体に優しい服用の方法になります。

また、初めて服用した際に下痢になってしまっても、繰り返し服用しているうちに身体が慣れてきて下痢の症状が起こらなくなることもあります。
スピルリナを服用すると、上記のように下痢などの副作用のような症状が現われることがあります。
飲んでいる人全員に起こるという訳ではなく、現われる症状の度合いも様々になります。
人によっては身体と相性が良くないこともあります。
現われる症状としてはとても喉が渇く場合や腹痛を起こす場合、下痢になる場合、吹き出物ができる場合などがあります。
スピルリナに限らず健康食品を摂取し始めに急に吹き出物など出来てしまうことがあり、この症状は身体が初めて取り入れられた物を察知して過敏に反応したためです(好転反応)。
身体全体に良い反応の場合でも、最初のうちは身体に溜まっていた毒素が排出されることにより引き起こされます。
しばらく摂取し続けると、身体に本当に合うものか合わないものかが理解できるようになります。

吹き出物などができやすい人は、スピルリナを摂取する以前に不摂生な生活習慣であった場合が多いです。
不健康だったためその分、溜まっていた毒素も多かったということになります。
摂取しても身体になにも変化がない場合は現状が充分に健康である可能性があります。
また、摂取した量が多すぎて余分な栄養素が吹き出物として排出されるということも考えられます。
最初は少量ずつ、そして徐々にメーカー推奨量に近づけていき、各個人、摂取量をそれぞれ考えつつ健康補助として取り入れていきましょう。

スピルリナの有効成分である必須アミノ酸の一種“フェニルアラニン”とは?

スピルリナに含まれている必須アミノ酸のフェニルアラニンは、ドーパミンやアドレナリン、ノルアドレナリンといった神経伝達物質を合成する材料になり、こうした神経伝達物質は分泌量の増減によってさまざまな感情の変化をもたらします。
ドーパミンは運動機能において重要な役割を果たしている物質で手足を動かしたいと思った時にスムーズな動作ができるのはドーパミンが脳が出した指示を筋肉や神経に伝えているためです。
ドーパミンには気分を高揚させてやる気を出す働きもあり、分泌量が安定していると集中力が高まり活動的になります。

アドレナリンは緊張や恐怖、不安感などのストレスに直結している物質になり副腎で合成されています。
闘う、あるいは逃げるといった生きるために必要な本能を刺激する働きを持っていて一時的に運動機能を高めることもあります。

ノルアドレナリンもアドレナリンと同じく心身に緊張をもたらして運動機能を活発にするのですが、ノルアドレナリンの方が精神や感情に働きかける力が強く、記憶力や集中力を高める作用があります。
スピルリナを摂取してフェニルアラニンで神経伝達物質が作られると、ドーパミンがやる気を起こし、ノルアドレナリンで集中してアドレナリンで体を動かすといった流れになります。

フェニルアラニンが不足すると?

フェニルアラニンは体内では作ることができない必須アミノ酸なので、スピルリナなどのサプリメントや食品などから摂取する必要があります。
食生活に偏りがあり必要量が摂れなかった時、神経伝達物質が合成できなくなるためさまざまな問題が生じてきます。
ドーパミンが不足すると脳の指令が体にうまく伝わらなくなるので運動機能の低下やパーキンソン病を発症することがあります。
脚に不快な感触がありじっとしていられなくなるむずむず脚症候群もドーパミン不足の影響が大きいと言われています。

精神面では気分の低下が著しくなり、うつや統合失調症などを発症する可能性も出てきます。
ノルアドレナリンが不足すると負の感情が強く表れるため、怒りっぽくなりささいなことですぐに落ち込むようになってしまいます。
記憶力や集中力の低下も見られるようになり勉強や仕事に対してやる気が持てず、ぼーっとした状態が長くなります。
アドレナリンが不足すると恐怖心が強くなるので不安感が増し、布団に入っても眠るまでに時間がかかる、眠りが浅い、夜中に何度も目が覚めてしまう、といった睡眠障害を起こすことがあります。
心身の状態を安定させる上ではフェニルアラニンは欠かせない成分となっています。

フェニルアラニンは摂り過ぎても大丈夫?

フェニルアラニンが含まれている食品には大豆やごま、ピーナッツなどがあります。
スピルリナで簡単にフェニルアラニンが摂取できるとなると心配なのは成分の過剰摂取です。
摂り過ぎによる強力な副作用はありませんが体質によっては影響を及ぼすこともあります。
フェニルケトン尿症はアミノ酸代謝の異常によって起こり、フェニルアラニンを摂取した時に神経伝達物質に変換するための酵素が存在していないため成分が体内に蓄積し尿中にフェニルケトン体が多量に混ざってしまいます。
この病気に該当する場合は摂取量を制限しなければならず、スピルリナの利用は控えるようにします。
この成分には血圧を上げる作用もあるため高血圧の人や妊娠中は摂取量に注意が必要です。

過剰摂取によって体内での量が増えてしまうとトリプトファンの吸収が阻害される可能性もあります。
トリプトファンはドーパミンやノルアドレナリンの働きを調節する役割を持つ神経伝達物質のセロトニンを合成する時の材料になります。
スピルリナは吸収力に優れているのでサプリメントでスピルリナの栄養素を摂取する時には容器等に表記されている1日分の目安になる分量を守って飲むようにしましょう。

体をアルカリ性にすることで健康にするスピルリナ

人の体は酸性に傾いていると多くの不調を抱えてしまうことはご存知でしょうか?
もともと人間の体というのは弱アルカリ性になっているのですが、日頃の生活習慣や加齢、食生活によってどんどん酸性よりになっていきます。
体が酸化することによって疲労回復が遅れて少しの運動でもだるさを感じてしまったり、老化や肌荒れがいつまでも治らないなど多くの問題が出てきます。

スピルリナを摂取すると体内がアルカリ性に傾き、本来、人が持っている自然治癒能力が向上することで免疫力が高まり風邪やインフルエンザ、生活習慣病にも負けない体へと変化していきます。
また、スピルリナに含まれる成分により体内でy-リノレン酸の生成が活性化されることで炎症を抑えたりアレルギー症状を緩和する作用が働くといわれています。
免疫力の向上はアレルギーだけでなくアトピーにも有効だとされています。

特に年を重ねることでどんどん減少していく核酸は、不足すると細胞分裂が正常に行われずに肌のターンオーバーがうまくいかなくなったり細胞が癌化するなどの悪影響を及ぼします。
スピルリナを摂取することで新陳代謝が促進されて老化防止へとつながり結果的にアンチエイジング効果が期待できるとも言えます。

健康だけじゃないだけじゃないスピルリナの効果

スピルリナの効果は免疫力を高めるだけではありません。
スピルリナには人間の体に不可欠な多くの栄養素が含まれていますが、この栄養素の豊かさにより様々な体の不調を改善していく効果が期待できます。
スピルリナには、ビタミンやミネラルといった人間の体では作ることができない栄養素も豊富に含まれています。
特に、貧血を起こしやすい女性には鉄分だけではなく造血作用のある葉緑素も含まれているので、貧血予防にも役立ちます。

その他、女性にはうれしいダイエット効果も期待できるとされています。
スピルリナは胃の中に入ると膨らむために食欲を抑えられる効果があるほか、食物繊維とクロロフィルも豊富なのでデトックス効果や便秘改善にも有効です。
栄養価も高いので本来なら栄養不足になりがちなダイエットでも十分に栄養を摂取できるのでダイエットのサポートとしても効果的な食べ物と言えます。
また、スピルリナに有効成分には血流を改善する働きもあるので、血行不良による冷え性や頭痛、肩こりなどの改善にも役立つとされています。
必須アミノ酸を始めとする良質なたんぱく質もたくさん含んでいるので、たんぱく質を原料とする綺麗な髪や爪を作るにも効果的です。

肥満や糖尿病予防にも効果がある?

美容や健康に効果のあるスピルリナですが、実は生活習慣病を始めとする様々な病気の予防にも役立つことがわかっています。
ダイエットの天敵である便秘を改善するには便通を良くする食物繊維が重要だとされていますが、糖尿病や心臓病、肥満症などの感染症以外の疾患の予防や治療にも食物繊維は有効だとされているのです。

スピルリナにもたくさんの食物繊維が含まれていますので、摂取することで食物繊維が便通を促すだけでなく腸内にあるコレステロールや中性脂肪、糖質などの九州を妨げ、同時に胆汁酸を吸収して体外に排出する働きもするのです。
生活習慣病の予防だけに限らず、細胞の癌化を食い止め、口内炎の改善や育毛効果などその他にも様々な作用が期待できるスーパーフードと言えます。
天然素材なので妊婦さんや授乳中のお母さんにも有効であり、成長ホルモンの分泌にかかわる亜鉛も含まれているので、成長期の子供にもおすすめの食べ物です。
そして、正しい摂取量を守っていれば副作用の心配はありませんので安心して摂取できるのもスピルリナの特徴と言えます。
老若男女問わず家族全員でスピルリナの摂取をして健康や美容、ダイエット、病気の予防などに役立ててみてはいかがでしょうか?

スピルリナ サプリ 300粒

Share on Google+
Instagram

コメントを残す