ノルアドレナリンの効果と効能、作用について

ヌクレオチドの効果と効能、作用について
2018年3月30日
ハイビスカスの効能と効果、作用について
2018年3月30日

ノルアドレナリンは神経伝達物質の一つであり、昼間に多く分泌される物質です。
神経伝達物質には、ドーパミンアドレナリンなどがあり、
ノルアドレナリンの主な働きは神経を興奮させて、集中力を高めたり、記憶力を高める役割があります。

そのため、このノルアドレナリンの分泌が不足すると無気力や無関心などを引き起こしてしまい、物事へのやる気が失われてしまいます。
こうしたことから、適度なノルアドレナリンの分泌が必要となっています。

ノルアドレナリンは1946年に発見され、アメリカ合衆国では「ノルエビネフリン」と呼ばれてもいます。
ノルアドレナリンは、アミノ酸であるフェニルアラニンチロシンから合成される神経伝達物質です。
また、交感神経において働く神経伝達物質であり、「闘争」か「逃走」を促す作用があります。

そのため、ノルアドレナリンが分泌されると覚醒しやすくなり、集中力や記憶力を高めることができるようになるのです。
こうした働きがあることから、ノルアドレナリンは「警告ホルモン」や「怒りのホルモン」と呼ばれることもあります。
ノルアドレナリンは集中力・記憶力を高める働きのほか、以下のような働きがあります。

ノルアドレナリンの主な効果/効能/作用

・心拍数を増加させる
・筋肉が素早く動くようになる

このようにノルアドレナリンには、敵と戦うための構えを促す働きがあります。
ただし、ノルアドレナリンの過剰分泌は不安感が高まってしまったりすることで、
不安障害を引き起こしたり、躁状態を引き起こすことがあります。

また、これに伴い、血圧が上がり高血圧や糖尿病を引き起こす可能性もあります。
そのため、ノルアドレナリンをコントロールする必要があります。
また、ノルアドレナリンが不足すると、無気力や無関心などにつながりうつ状態につながる場合もあります。
そのため、チロシンフェニルアラニンを含む食品、乳製品や大豆製品を摂取するといいでしょう。

こうしたアミノ酸を含む食品を摂取しにくい場合は「サプリメント」で補うことも大切です。
そのため、アミノ酸を補給するためにも利用することがお勧めです。