フェニルアラニンの効果と効能、作用について

フィトケミカル(ファイトケミカル)の効果と効能、作用について
2018年3月30日
フェルラ酸の効果と効能、作用について
2018年3月30日

フェニルアラニンは必須アミノ酸の一つであり多くの食品中に含まれています。
フェニルアラニンの働きは脳と神経細胞間の信号を伝達する役割を持っています。
特に、肝臓で、チロシンに変換され刺激の伝達に効果を出します。
そのため、このフェニルアラニンが不足すると、うつ病などを引き起こす可能性があり、
適切な量のフェニルアラニンを摂取することが必要となります。

フェニルアラニンは脳と神経細胞間の信号を伝達するだけでなく、以下のような効果効能があります。

フェニルアラニンの主な効果/効能/作用

・記憶力を高める(アドレナリンドーパミンに転換されるため)
・鎮痛作用がある(痛みを軽減する神経物質を活性化させるため)
・皮膚疾患を改善する(フェニルアラニンが紫外線A波に有効であるため)
・うつ病や不安感を軽減する(アドレナリンなどの興奮物質を活性化させるため)

ただし、フェニルアラニンの過剰摂取は血圧を上昇させるため、高血圧や心臓病の可能性が高まります。
その一方で、安全な物質とみられているため、摂り過ぎても問題ないという見解もあります。
それでも、フェニルアラニンの摂取量の目安は1日当たり体重1kgに対して25mgとなっています。
つまり、自分の体重が60kgであれば1500mgの摂取が必要となります。
この摂取量を守ることも大切です。

そして、フェニルアラニンを多く含む食品は、卵や、かぼちゃ、ジャガイモなどに多く含まれています。
ただし、こうした食品からフェニルアラニンを摂取する場合に気をつけるべきことは、
代謝にはビタミンB3、ビタミンB6、ビタミンC鉄分が必要となるため、
フェニルアラニンを多く含む食品と一緒に摂取することが大切となるのです。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す