ナイアシン(ビタミンB3)の効果と効能、作用について

トレオニン(スレオニン)の効果と効能、作用について
2018年3月30日
ニコチン酸の効果と効能、作用について
2018年3月30日

ナイアシンは水溶性ビタミンの一つであり、ビタミンB群に含まれます。
ナイアシンはビタミンB群では3番目の「ビタミンB3」とも呼ばれています。

このナイアシンは脚気(かっけ)と、米ぬか関係を研究していた時に見つかりました。
そして、その働きとしてナイアシンはエネルギー生成時の酵素の役割を補助します。
この働きによって人体の健康を維持しているのです。
そのため、ナイアシンが不足すると「ペラグラ」という欠乏症になってしまい、皮膚炎や痴ほう、
下痢などを引き起こす場合があります。
しかしながら、通常の食事では、ほとんどありえないので心配はいりません。
ナイアシンは、エネルギー生成の働きのほか以下のような効果効能があります。

ナイアシン(ビタミンB3)の主な効果/効能/作用

・二日酔いの防止(アセトアルデヒドを分解するため)
・皮膚や粘膜を健康に保つ(細胞の生まれ変わりをサポートするため)
・血行を促進する(毛細血管を広げる作用があるため)

ただし、ナイアシンの過剰摂取によって、消化不良やひどい下痢などを引き起こす場合もあります。
そのため、摂取量としては、成人男性(18~29歳)で300mg、女性で250mgが必要となります。
こうしたナイアシンを多く含む食品は、たらこやマグロなどの魚介類、レバーなどの肉類に多く含まれます。
ナイアシンを摂取する際の注意点としては「熱湯に極めて弱い」という点です。

また「ビタミンB群と一緒に摂取すること」がお勧めです。
こうすることによりビタミンB群の相乗効果を得ることができ、ナイアシンの働きを高めることが出来るようになるのです。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す