チロシンの効果と効能、作用について

チョコレート関連の効果と効能、作用について
2018年3月30日
テオフィリンの効果と効能、作用について
2018年3月30日

チロシンは、非必須アミノ酸の一つで、フェニルアラニンから構成されるアミノ酸です。
非必須アミノ酸には、グルタミン酸や、アスパラギン酸などがあり、
チロシンの主な働きはストレスを軽減させたり、脳を正常に活動させる役割があります。

そのため、このチロシンの摂取が不足すると代謝が悪くなったり、うつ症状を引き起こす可能性があります。
また、不足すると発育障害が現れる可能性があります。
こうしたことを防ぐために、適切な量のチロシンの摂取が必要となるのです。

チロシンは1846年にチーズから発見され、フェニルアラニンから合成されることが分かっています。
そして、今日ではこのチロシンの利用法は日焼け剤として用いられています。
チロシンはストレスを軽減させたり、脳を正常に活動させる役割のほか、以下のような効果効能があります。

チロシンの主な効果/効能/作用

・成長促進を促す(甲状腺ホルモンが働くため)
・うつ病を改善する(ドーパミンの分泌を促すため)
・集中力・記憶力を高める(ドーパミンや、ノルアドレナリンを放出するため)
・白髪を予防する(髪の毛の黒色であるメラニンとなるため)

このように、チロシンは主に「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」、そして「ドーパミン」などを生成します。

こうした働きにより、チロシンは慢性疲労症候群の改善や性機能を改善する働きもあります。
さらに、うつ病や痴呆症、またパーキンソン病の予防にも効果があると期待されています。

ただし、チロシンの過剰摂取は、シミやソバカスを引き起こしやすくするため注意が必要です。
これはチロシンがメラニンの構成成分となっているからです。
しかし、チロシンは非必須アミノ酸であるため摂取量の目安は定められていません。

チロシンを多く含む食品は、乳製品や落花生、アーモンドなどに多く含まれています。
そして、こうした食品を摂取する際の注意点は「糖分と一緒に摂取する」ことが大事です。
こうすることでチロシンの吸収がよくなります。
そのため、チロシンと果物などの果糖を一緒に摂取することで吸収率を上げることができます。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す