アミノ酸関連

2018年3月30日

非必須アミノ酸の効果と効能、作用について

非必須アミノ酸はアミノ酸の一つで、体内で合成が可能なアミノ酸です。 アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けられ、 非必須アミノ酸にはアスパラギンやグリシン、チロシンなどが含まれます。 アミノ酸は人体のうち、筋肉や皮膚、内臓などのあらゆるタンパク質の元となっています。 そのため、アミノ酸の摂取は生命活動上非常に大切 […]
2018年3月30日

必須アミノ酸の効果と効能、作用について

必須アミノ酸はアミノ酸の一つであり、人が体内で生成することが出来ないアミノ酸のことを言います。 また、この必須アミノ酸を「不可欠アミノ酸」と呼ぶこともあります。 アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けることができ、 必須アミノ酸には、バリンやロイシン、イソロイシンなどが含まれます。 アミノ酸は人体の内、筋肉や皮膚 […]
2018年3月30日

ロイシンの効果と効能、作用について

ロイシンは必須アミノ酸の一つであり、BCAA(分岐鎖アミノ酸)に含まれます。 ロイシンの名前の由来はギリシャ語で「白」という意味があります。 そしてBCAAにはロイシンのほか、バリンと、イソロイシンが含まれます。 この中でロイシンの働きはタンパク質の分解を抑える役割があります。 そのためロイシンが不足すると、腎機能の低 […]
2018年3月30日

リシン(リジン)の効果と効能、作用について

リシンとは必須アミノ酸の一つであり、牛乳から発見されたアミノ酸です。 また、リシンは「リジン」とも呼ばれます。 リシンの働きは体の組織の修復や成長、後退、ホルモン、酵素の合成などに関ります。 リシンが不足すると、疲れやすくなったり集中力がなくなってしまいます。 特に日本人はリシン不足に陥りやすいため、リシンの積極的な摂 […]
2018年3月30日

メチオニンの効果と効能、作用について

メチオニンは必須アミノ酸の一つであり、硫黄を含んだ含硫アミノ酸です。 含硫アミノ酸には、シスチンやシステイン、タウリンなどがあり、 メチオニンの働きはアレルギーを引き起こすヒスタミンの濃度を引き下げる役割があります。 そのため、不足してしまうとアレルギーを引き起こす可能性や、 血中コレステロールの値が高くなってしまいま […]
2018年3月30日

ペプチドの効果と効能、作用について

ペプチドは、アミノ酸が2個以上つながった成分のことです。 ペプチドは、イソロイシンなどのアミノ酸を結合してできており、例えば大豆ペプチドや、ホエイペプチドなどがあります。 ペプチドの主な働きは、それぞれのアミノ酸の役割を受け継ぎ、ホルモン作用や神経伝達作用などがあります。 そのため、ペプチドを食品として摂取したり、 化 […]
2018年3月30日

プロリンの効果と効能、作用について

プロリンは、非必須アミノ酸の一つで、コラーゲンの元となるアミノ酸です。 非必須アミノ酸には、チロシンや、アスパラギン酸などがあり、 プロリンの主な働きは、ダイエット効果や美肌を作り出す役割があります。 そのため、このプロリンの摂取が不足するとコラーゲンの生成量が減少して、肌のハリがなくなったりシワが出来やすくなます。 […]
2018年3月30日

フェニルアラニンの効果と効能、作用について

フェニルアラニンは必須アミノ酸の一つであり多くの食品中に含まれています。 フェニルアラニンの働きは脳と神経細胞間の信号を伝達する役割を持っています。 特に、肝臓で、チロシンに変換され刺激の伝達に効果を出します。 そのため、このフェニルアラニンが不足すると、うつ病などを引き起こす可能性があり、 適切な量のフェニルアラニン […]
2018年3月30日

ヒスチジンの効果と効能、作用について

ヒスチジンは必須アミノ酸の一つであり、子供の場合のみ必須アミノ酸となっています。 ヒスチジンの名前の由来はギリシャ語で「組織」という意味です。 このヒスチジンの主な働きは赤血球、白血球の形成を促し、 貧血やアレルギー疾患を改善する役割があります。 また、子供の時には成長を促す役割も果たすため、不足すると成長障害などを引 […]
2018年3月30日

バリンの効果と効能、作用について

バリンは必須アミノ酸の一つであり、BCAA(分岐鎖アミノ酸)に含まれます。 バリンは近年では系統名の「ペンタン酸」という名前で使用されることが多くなっています。 バリンを含むBCAAにはこのほか、ロイシン、イソロイシンが含まれています。 中でも、バリンは1856年に発見され、今日ではバリンの働きが筋肉を強くするアミノ酸 […]