アルギニンの効果と効能、作用について

アルカロイドの効果と効能、作用について
2018年3月26日
アルギレリン(アルジルリン)の効果と効能、作用について
2018年3月26日

アルギニンは、非必須アミノ酸の一つで、子どもの成長に欠かすことが出来ない成分です。
非必須アミノ酸には、アルギニンのほか、アスパラギン酸や、アラニンなどが含まれます。

この非必須アミノ酸の中で、アルギニンの主な働きは血管機能を正常に働かせる役割があります。
そのため、このアルギニンの摂取が不足すると動脈硬化などを引き起こす恐れがあり、
また子どもの成長が阻害される恐れがあります。
さらに、アンモニアが蓄積されやすくなり、脳や脊髄に障害が出るようになります。
こうしたことを防ぐために、適切な量のアルギニンの摂取が必要となるのです。

アルギニンは1886年にルピナスの芽から発見されました。
そして、アルギニンの名前の由来は、ギリシャ語で「銀」という意味から名付けられています。
これはアルギニンが光り輝く結晶になるためです。
こうして、今日ではアルギニンは、そのうるおい成分も利用して、シャンプーなどに用いられるようになっています。

アルギニンは血管機能を正常に働かせる役割のほか、以下のような効果効能があります。

アルギニンの主な効果/効能/作用

・肌の潤いを保つ(保湿成分を含むため)
・こどもの成長を助ける(成長ホルモンを分泌するため)
・血流を改善する(一酸化窒素を作り出すため)
・肥満になりにくくする(食欲抑制作用があるため)

このほか、アルギニンには免疫力の向上や性機能の改善、新陳代謝を活性化させる働きなどがあります。
また、性機能の改善にも効果があると注目されています。

ただし、アルギニンの過剰摂取は消化器官に影響を与えるため下痢を引き起こすことがあります。
また、発育途中に摂取しすぎると巨人症になる恐れもあります。

他にも、ヘルペスが発生しているときにアルギニンを摂取するとヘルペスが重くなる場合もあります。
そのため、過剰摂取には気をつける必要があります。
ただし、アルギニンは、非必須アミノ酸のため摂取量の目安は定められていません。

アルギニンを多く含む食品は、玄米に多く含まれています。
また、鶏肉や大豆などにも多く含まれています。
そして、こうした食品を摂取する際の注意点は「ビタミンCビタミンEと一緒に摂取すること」です。
こうすることで、アルギニンの吸収を高めることが出来るので、一緒に摂取することが大切です。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す