成分語録 – な行

2018年3月30日

ノルアドレナリンの効果と効能、作用について

ノルアドレナリンは神経伝達物質の一つであり、昼間に多く分泌される物質です。 神経伝達物質には、ドーパミンやアドレナリンなどがあり、 ノルアドレナリンの主な働きは神経を興奮させて、集中力を高めたり、記憶力を高める役割があります。 そのため、このノルアドレナリンの分泌が不足すると無気力や無関心などを引き起こしてしまい、物事 […]
2018年3月30日

ヌクレオチドの効果と効能、作用について

ヌクレオチドは、化合物の一つであり、ヌクレオシドに、リン酸が結合した成分のことをいいます。 ヌクレオチドは、ローヤルゼリーの構成成分の一つで、ヌクレオチドの主な働きは体内での代謝を調整する役割があります。 このヌクレオチドの摂取が不足すると、代謝が悪くなり様々な病気を引き起こす可能性が大きくなります。 こうしたことを防 […]
2018年3月30日

ニコチン酸の効果と効能、作用について

ニコチン酸は、ナイアシンに含まれる成分の一つとして知られています。 ナイアシンは、ニコチン酸と、ニコチンアミドの総称として呼ばれており、 ニコチン酸の主な働きは糖質や脂質代謝に作用する役割があります。 そのため、このニコチン酸の摂取が不足するとエネルギーの分解などが出来にくくなり、 体調不良などを引き起こしてしまうので […]
2018年3月30日

ナイアシン(ビタミンB3)の効果と効能、作用について

ナイアシンは水溶性ビタミンの一つであり、ビタミンB群に含まれます。 ナイアシンはビタミンB群では3番目の「ビタミンB3」とも呼ばれています。 このナイアシンは脚気(かっけ)と、米ぬか関係を研究していた時に見つかりました。 そして、その働きとしてナイアシンはエネルギー生成時の酵素の役割を補助します。 この働きによって人体 […]