カレンデュラ(キンセンカ)の効果と効能、作用について

カルシウムの効果と効能、作用について
2018年3月26日
カロチノイド(カロテノイド)の効果と効能、作用について
2018年3月26日

カレンデュラは、キク科の植物で、太陽のハーブと呼ばれています。
カレンデュラの主な働きは、オレンジの葉に含まれるカロチンが皮膚の再生を促す役割をします。
ほかにも、タンニンや、カレンデュリンが含まれており、切り傷や手荒れを予防しています。

カレンデュラは、ラテン語の「月の最初の日」という意味から名付けられており、
皮膚のガードマンとも呼ばれ傷ついた皮膚の再生を促してくれます。

これは、カレンデュラに、カロチンや、タンニン、カレンデュリンが含まれているためです。
そのため、ヨーロッパでは、オリーブオイルに漬けることで、その成分を抽出して利用しています。

こうしたカレンデュラは、日本では、キンセンカと呼ばれ、1700年ごろに海外から輸入されました。
そして、今日では多くの場合、観賞用として利用されています。
カレンデュラは皮膚の再生を促す役割のほか、以下のような効果効能があります。

カレンデュラ(キンセンカ)の主な効果/効能/作用

・日焼けや皮膚の炎症を抑える(カロチンによる皮膚再生作用があるため)
・生理痛を抑える(エストロゲンに似た働きを持つため)
・月経不順や更年期障害を防ぐ(エストロゲンに似た働きを持つため)
・風邪を早く治す(発刊・解熱作用があるため)

こうした働きのほか、
カレンデュラには収斂作用があるため出血を抑える働きや、消化機能を高める働きなどがあるのです。

さらに、リウマチや、痛風といった関節痛の炎症を和らげる役割もあります。

ただし、カレンデュラの過剰摂取はアレルギーを引き起こすため注意が必要です。
特に、キク科に対してアレルギー体質を持っている場合には注意が必要となります。

また、カレンデュラの摂取量は定められていません。
この理由としてはほとんどの場合、日本国内では摂取する機会がないためです。
こうしたカレンデュラを摂取するにはハーブティーとして摂取することがお勧めです。
また、カレンデュラオイルも販売されているため、スキンケア製品として利用するのもいいでしょう。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す