食物繊維関連

2019年1月31日

アラビノキシランの効果と効能、作用について

アラビノキシランは、イネ科の植物に含まれるヘミセルロースの主成分として知られています。 アラビノキシランの主な働きは「ガンの原因を除去する」ことにあります。 アラビノキシランの効果や効能については、近年の研究によって解明されつつあり免疫力を高めたり、脂質代謝を改善するなど注目が集まっている成分です。 そのため、今、分か […]
2019年1月19日

クロロフィル(葉緑素)の効果と効能、作用について

クロロフィルは、葉緑素として呼ばれることが多い「緑色の天然色素」のことを言います。 葉緑体の中に多く存在しており、クロロフィルの主な働きは「光合成」をすることにあります。 また、体内に摂取するとコレステロールや、ダイオキシンなどを排出してくれるため、動脈硬化などの生活習慣病を予防してくれるのです。 そのため、近年では健 […]
2019年1月12日

アルギン酸の効果と効能、作用について

【アルギン酸とは?】 アルギン酸は多糖類の一種であり、昆布、わかめ、ひじき、もずくなどの海藻類に多く含まれています。 アルギン酸は天然の食物繊維であり、血圧上昇を抑制する効果や、血中コレステロール値を下げる効果があるので生活習慣予防においても注目されている成分になります。   わかめや昆布などは触った時にぬめ […]
2018年12月10日

キトサンの効果と効能、作用について

【キトサンとは?】 キトサンカニやエビなどの甲殻類に含まれる動物性食物繊維になります。 人の消化酵素では分解されないカオチン性の食物繊維になります。 キトサンにはコレステロールや有害物質を吸着して、体外へ排出させる働きがあるので、血清コレステロール値の改善、脂肪吸収阻害、血圧上昇抑制、肥満予防や免疫力アップなど様々な効 […]
2018年11月19日

水溶性食物繊維の効果と効能、作用について

水溶性食物繊維は食物繊維の一つであり、水に溶ける食物繊維です。 食物繊維には水溶性食物繊維のほか、水に溶けない不溶性食物繊維があり、水溶性食物繊維には、ペクチンやアルギン酸などが含まれています。 水溶性食物繊維の働きは、コレステロールを吸着して体外に排出する働きがあります。 そのため、水溶性食物繊維の不足は生活習慣病を […]
2018年3月30日

食物繊維関連の効果と効能、作用について

食物繊維関連の効果と効能、作用について ・酵素について ・食物繊維について ・水溶性食物繊維について ・不溶性食物繊維について ・ペクチンについて ・セルロースについて ・アラビノキシランについて 【メニューに戻る】  
2018年3月30日

食物繊維の効果と効能、作用について

食物繊維は栄養素の一つとして考えられ、 人の消化酵素では消化することが出来ない食品の成分のことです。 食物繊維は「ダイエタリー・ファイバー」とも呼ばれ、 水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」とに分類されます。 食物繊維の主な働きとして、排便を促す役割があります。 そのため、食物繊維が不足する […]
2018年3月30日

不溶性食物繊維の効果と効能、作用について

不溶性食物繊維は食物繊維の一つであり、水に溶けにくい食物繊維です。 食物繊維には不溶性食物繊維のほか、水溶性食物繊維があります。 不溶性食物繊維にはセルロースや、ヘミセルロースなどが含まれます。 そして不溶性食物繊維の働きは、排便を促す役割があります。 そのため、不溶性食物繊維が不足すると便秘を引き起こす可能性がありま […]
2018年3月30日

ペクチンの効果と効能、作用について

ペクチンは食物繊維の一つであり、不溶性食物繊維のものと、水溶性食物繊維のものがありあます。 ペクチンは1825年に発見され、ギリシャ語で「硬い」という意味から名付けられています。 このペクチンを食品として加工すると、水に溶けだし、ジャムのとろみの成分として働きます。 ペクチンの主な働きはコレステロール値を抑える役割があ […]
2018年3月30日

セルロースの効果と効能、作用について

セルロースは不溶性食物繊維の一つであり、自然界で最大量の有機化合物です。 セルロースの名前の由来は、1838年に「細胞壁を構造する糖」の意味からつけられています。 セルロースの主な働きは、排便の量を増やし便通を促す働きがあります。 こうした働きは不溶性食物繊維に共通する働きです。 そのため、このセルロースの摂取が不足す […]