水溶性食物繊維の効果と効能、作用について

水溶性ビタミンの効果と効能、作用について
2018年3月30日
甲状腺ホルモンの効果と効能、作用について
2018年3月30日

水溶性食物繊維は食物繊維の一つであり、水に溶ける食物繊維です。
食物繊維には水溶性食物繊維のほか、水に溶けない不溶性食物繊維があり、
水溶性食物繊維には、ペクチンやアルギン酸などが含まれています。

水溶性食物繊維の働きは、コレステロールを吸着して体外に排出する働きがあります。
そのため、水溶性食物繊維の不足は生活習慣病を引き起こす可能性があります。

こうした病気を防ぐためにも、適切な量の水溶性食物繊維を摂取することが大切です。
水溶性食物繊維の働きはコレステロールを体外に排出する他、以下のような効果効能があります。

水溶性食物繊維の主な効果/効能/作用

・排便を促す(便と水分を混ぜ合わせ排泄しやすくするため)
・糖尿病を予防する(ブドウ糖の吸収を抑えるため)
・動脈硬化を予防する(コレステロールの吸収を抑制するため)
・高血圧を予防する(ナトリウムを排出するため)

ただし、水溶性食物繊維を摂り過ぎると下痢を引き起こし、必要なミネラル分も排出する可能性があります。

そのため食物繊維の摂取量の目安として、厚生労働省は成人男性19g以上、成人女性17g以上としています。
さらに、食物繊維の摂取バランスが大切になります。

その理想的な割合は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合が1:2になることが大切です。

こうした水溶性食物繊維を多く含む食品は、リンゴやミカンなどの果物類や、
昆布やワカメなどの海藻類に多く含まれます。

そして、水溶性食物繊維を摂取する際の注意点としては「水分と一緒に摂取する」ということが大切です。
こうすることで排便をスムーズに促すことに繋がります。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す