成分語録 – さ行

2018年3月30日

食物繊維の効果と効能、作用について

食物繊維は栄養素の一つとして考えられ、 人の消化酵素では消化することが出来ない食品の成分のことです。 食物繊維は「ダイエタリー・ファイバー」とも呼ばれ、 水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」とに分類されます。 食物繊維の主な働きとして、排便を促す役割があります。 そのため、食物繊維が不足する […]
2018年3月30日

精製水の効果と効能、作用について

精製水は水の中でも、蒸留や濾過などがされた水のことです。 日本国内において、水には常水、殺菌精製水、注射用水があり、 精製水の主な役割は科学実験の溶媒やコンタクトレンズなどの洗浄に使われます。 そのため精製水は、常水よりも綺麗な水を用いる際に利用されています。 精製水は、常水をイオン交換、蒸留、逆浸透または限外ろ過など […]
2018年3月30日

脂溶性ビタミンの効果と効能、作用について

脂溶性ビタミンは、ビタミンの一つで、あぶらに溶けやすいビタミンです。 ビタミンには、水に溶けやすい水溶性ビタミンと、脂溶性ビタミンがあります。 脂溶性ビタミンの特徴は、あぶらと一緒に取るとその栄養を吸収しやすくなることです。 ただし、尿に溶けだしにくく、体内に過剰に蓄積してしまう可能性があります。 こうしたことが起きる […]
2018年3月30日

神経伝達物質の効果と効能、作用について

神経伝達物質は、ニューロンで生成されて、興奮や抑制を他の神経細胞に伝達する物質のことを言います。 この神経伝達物質には、アセチルコリンや、アミノ酸類などが含まれます。 神経伝達物質の主な働きは、神経終末から分泌されて、 その分泌された興奮を次のニューロンまたは効果器に伝達する役割をしています。 そのため、この神経伝達物 […]
2018年3月30日

水溶性食物繊維の効果と効能、作用について

水溶性食物繊維は食物繊維の一つであり、水に溶ける食物繊維です。 食物繊維には水溶性食物繊維のほか、水に溶けない不溶性食物繊維があり、 水溶性食物繊維には、ペクチンやアルギン酸などが含まれています。 水溶性食物繊維の働きは、コレステロールを吸着して体外に排出する働きがあります。 そのため、水溶性食物繊維の不足は生活習慣病 […]
2018年3月30日

水溶性ビタミンの効果と効能、作用について

水溶性ビタミンはビタミンの一つで、水に溶けやすいビタミンです。 ビタミンには、あぶらに溶けやすい脂溶性ビタミンと、水溶性ビタミンがあります。 水溶性ビタミンにはビタミンB1や、ビタミンCなどが含まれます。 こうした水溶性ビタミンの特徴は尿などに溶けやすく、排出されやすいことです。 そのため体に貯蔵することが出来ず、毎日 […]
2018年3月30日

植物性たんぱく質の効果と効能、作用について

植物性たんぱく質はタンパク質の一つで、小麦や大豆から取れる物質です。 タンパク質には植物性のほか動物性のものがあり、植物性たんぱく質には大豆タンパクと小麦タンパクがあります。 植物性たんぱく質の主な働きは、アミノ酸を豊富に含んでいるため、筋肉や皮膚などの体を構成するのに役立ちます。 そのため、この植物性たんぱく質の摂取 […]
2018年3月30日

成長ホルモンと成長因子について

近年の医学的研究や美容医療の環境で今なお注目を浴びているのが、成長ホルモンと成長因子です。 成長ホルモンは、子供から大人に成長する際にも必要となるホルモンですが、身体全身の若さを保つことにも重要な働きをしています。 ただし、加齢とともに、ホルモンの分泌量は減少していきます。 そして、その成長ホルモンと非常に密接して関係 […]
2018年3月30日

善玉コレステロール(HDLコレステロール)と、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について

善玉コレステロール(HDLコレステロール)と、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について HDLコレステロール(善玉コレステロール)とは、肝臓までコレステロールを運ぶ際に、 血管内壁に付着し、動脈硬化などの原因となるコレステロールを取り除きながらコレステロールを運んでくれるコレステロールです。 その為、善玉コレ […]
2018年3月30日

セロトニンの効果と効能、作用について

セロトニンは神経伝達物質の一つであり、落ち着きや安定感をもたらす物質です。 神経伝達物質には、ノルアドレナリンやアセチルコリンなどがあり、 セロトニンの主な働きは、抑制系の神経物質であり、落ち着きや安定感をもたらします。 そのため、このセロトニンの分泌が不足するとうつ状態になってしまったり、逆に暴力的になったりしてしま […]