神経系関連

2018年3月30日

類パロチンの効果と効能、作用について

類パロチンは、ホルモン物質の一つで、ローヤルゼリーの中に含まれています。 類パロチンは「若返りホルモン」とも呼ばれています。 こうした名前の通り、類パロチンの主な働きは、肌の代謝を助ける役割があり、 類パロチンを摂取することで、肌にハリや潤いをもたらすことが出来るのです。 この類パロチンの摂取が不足すると、加齢とともに […]
2018年3月30日

神経系関連の効果と効能、作用について

・神経伝達物質について ・ドーパミンについて ・アドレナリンについて ・ノルアドレナリンについて ・セロトニンについて ・アセチルコリンについて ・γ-アミノ酪酸について ・オピオイドについて 【メニューに戻る】  
2018年3月30日

神経伝達物質の効果と効能、作用について

神経伝達物質は、ニューロンで生成されて、興奮や抑制を他の神経細胞に伝達する物質のことを言います。 この神経伝達物質には、アセチルコリンや、アミノ酸類などが含まれます。 神経伝達物質の主な働きは、神経終末から分泌されて、 その分泌された興奮を次のニューロンまたは効果器に伝達する役割をしています。 そのため、この神経伝達物 […]
2018年3月30日

甲状腺ホルモンの効果と効能、作用について

甲状腺ホルモンはホルモンのひとつであり、甲状腺から分泌される物質です。 ホルモンには成長ホルモンや、エストロゲンなどが含まれ、甲状腺ホルモンの主な働きは、代謝率を高める働きがあります。 そのため、甲状腺ホルモンが活発に働くことによって、幼少期に成長を促すことができます。 こうした大切なホルモン物質であるため、どのように […]
2018年3月30日

成長ホルモンと成長因子について

近年の医学的研究や美容医療の環境で今なお注目を浴びているのが、成長ホルモンと成長因子です。 成長ホルモンは、子供から大人に成長する際にも必要となるホルモンですが、身体全身の若さを保つことにも重要な働きをしています。 ただし、加齢とともに、ホルモンの分泌量は減少していきます。 そして、その成長ホルモンと非常に密接して関係 […]
2018年3月30日

メラトニンの効果と効能、作用について

メラトニンは脳の中で作られるホルモンの一つで、眠る、起きるのサイクルを制御しています。 夜暗くなると眠くなり、朝、太陽が昇って明るくなると目が覚めます。 これは人間の体が持っている自然なサイクルです。 私たちは周囲の明るさを目で判断しますが、 目の網膜が受け取る光は脳の一部にシグナルを発し、体内のホルモンや体温を制御し […]
2018年3月30日

ホルモンの効果と効能、作用について

ホルモンは内分泌器官で作られる物質の総称のことを言います。 ホルモンには甲状腺ホルモンや成長ホルモン、性ホルモンなどがあり、 ホルモンの主な働きは内分泌機関で合成されて、代謝や神経伝達をする働きがあります。 そのため、ホルモンの活動が異常になると身体にさまざまな影響が生まれるようになるのです。 こうしたことを防ぐために […]
2018年3月30日

ノルアドレナリンの効果と効能、作用について

ノルアドレナリンは神経伝達物質の一つであり、昼間に多く分泌される物質です。 神経伝達物質には、ドーパミンやアドレナリンなどがあり、 ノルアドレナリンの主な働きは神経を興奮させて、集中力を高めたり、記憶力を高める役割があります。 そのため、このノルアドレナリンの分泌が不足すると無気力や無関心などを引き起こしてしまい、物事 […]
2018年3月30日

ドーパミンの効果と効能、作用について

ドーパミンは神経伝達物質の一つで、副腎髄質から分泌すされるホルモンです。 神経伝達物質には、ドーパミンのほか、アドレナリンや、ノルアドレナリンなどがあります。 ドーパミンの主な働きは、人の行動を促す役割があります。 この行動には例えば運動や学習などが含まれます。 そのため、このドーパミンの分泌が減少すると、運動がしにく […]
2018年3月30日

セロトニンの効果と効能、作用について

セロトニンは神経伝達物質の一つであり、落ち着きや安定感をもたらす物質です。 神経伝達物質には、ノルアドレナリンやアセチルコリンなどがあり、 セロトニンの主な働きは、抑制系の神経物質であり、落ち着きや安定感をもたらします。 そのため、このセロトニンの分泌が不足するとうつ状態になってしまったり、逆に暴力的になったりしてしま […]