類パロチンの効果と効能、作用について

非必須アミノ酸の効果と効能、作用について
2018年3月30日
食物繊維の効果と効能、作用について
2018年3月30日

類パロチンは、ホルモン物質の一つで、ローヤルゼリーの中に含まれています。
類パロチンは「若返りホルモン」とも呼ばれています。

こうした名前の通り、類パロチンの主な働きは、肌の代謝を助ける役割があり、
類パロチンを摂取することで、肌にハリや潤いをもたらすことが出来るのです。

この類パロチンの摂取が不足すると、加齢とともに体内のパロチンが減少するため、肌がたるんできたりするのです。
こうした肌がたるむことを防ぐために、適切な量の類パロチンの摂取が必要となるのです。

類パロチンは、ローヤルゼリーの中から発見された成分です。
これは岐阜薬科大学の研究によって発見され、パロチンとそっくりな成分であることから「類パロチン」と呼ばれています。

現在では、この類パロチンは筋肉や内臓の細胞を活性化させることが分かっています。
しかも、体内のパロチンは20歳を過ぎて減少することから
長期にわたって美肌を守ることが出来るとサプリメントなどにもなっています。

類パロチンは肌の代謝を助ける役割のほか、以下のような効果効能があります。

類パロチンの主な効果/効能/作用

・アンチエイジング効果がある(全身の代謝を活性化させるため)

こうした、体の若さを保つことが出来るため、美容効果として注目が集まっています。

ただし、類パロチンを含むローヤルゼリーの過剰摂取はアレルギーを引き起こす可能性があるため注意が必要です。
そのため、摂取量の目安として日本健康・栄養食品協会では
類パロチンを含むローヤルゼリーの摂取量を1日当たり500mg~3000mgとなっています。

この類パロチンは、ローヤルゼリーに含まれています。
そのため、効率良く摂取する方法は生で食べるか、サプリメントで摂取することです。
サプリメントであれば、類パロチンを含む、
ローヤルゼリーのサプリメントが販売されているので、それらを活用することもいいでしょう。
また、「ミネラルウォーター」で摂取することで効果を高くして飲むことが出来ます。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す