成分語録 – ら行・わ行

2018年3月30日

類パロチンの効果と効能、作用について

類パロチンは、ホルモン物質の一つで、ローヤルゼリーの中に含まれています。 類パロチンは「若返りホルモン」とも呼ばれています。 こうした名前の通り、類パロチンの主な働きは、肌の代謝を助ける役割があり、 類パロチンを摂取することで、肌にハリや潤いをもたらすことが出来るのです。 この類パロチンの摂取が不足すると、加齢とともに […]
2018年3月30日

ロイシンの効果と効能、作用について

ロイシンは必須アミノ酸の一つであり、BCAA(分岐鎖アミノ酸)に含まれます。 ロイシンの名前の由来はギリシャ語で「白」という意味があります。 そしてBCAAにはロイシンのほか、バリンと、イソロイシンが含まれます。 この中でロイシンの働きはタンパク質の分解を抑える役割があります。 そのためロイシンが不足すると、腎機能の低 […]
2018年3月30日

ローヤルゼリー(ロイヤルゼリー)の効能と効果、作用について

ローヤルゼリー(ロイヤルゼリー/Royal jelly)とは、働き蜂がエサとして作り出す乳白色の物質で、 ローヤルゼリーを食べられるのは女王蜂や女王蜂の幼虫、 生まれてから数日間の働き蜂の幼虫だけと言われています。 女王蜂は、ローヤルゼリーだけをエネルギー源として、 成長は、およそ働き蜂の1.5〜3倍に、働き蜂の30〜 […]
2018年3月30日

ローズヒップの効能と効果、作用について

ローズヒップは、「ビタミンCの爆弾」と呼ばれる程、ビタミンCが豊富です。 ローズヒップティーや、ローズヒップオイルなど、女性が思い浮かべる美容の代表格とも言えるかもしれません。 ハーブティーとしてのローズヒップティーは、ノンカフェインで、お子様でも飲めるという優れもの。 飲んだ後も、実まで食べれます。 (ローズヒップテ […]
2018年3月30日

レモンバームの効果と効能、作用について

レモンバームは、鮮やかなグリーンの葉のハーブで、その名の通りさわやかなレモンのような香りがします。 昔から人を落ち着かせると言われ、高ぶる気持ちをなだめて、心を和ませてくれます。 西洋の代替医療においては、女性の月経痛を和らげるのにも用いられています。 また不安を宥めて、ストレスを抑えるのにも役立ちます。 何だか憂うつ […]
2018年3月30日

レモンの効能と効果、作用について

レモンの主成分であるビタミンCは、コラーゲンというタンパク質を作るときに必要なビタミンです。 ビタミンCの含有量は、100g中 約50〜90mgと、柑橘類の中でも、トップクラスになります。 コラーゲンは、血管の壁の細胞と細胞をつなぐ役目をします。 壊血病は血管が破れて起こる病気ですが、ビタミンCは、それを防いでくれます […]
2018年3月30日

レスベラトロールの効果と効能、作用について

レスベラトロールは、レスベラトロールの一つで、植物成分における香料や色素の総称のことです。 レスベラトロールには、アントシアニンやイソフラボンなどが含まれ、 レスベラトロールの主な働きは、高い抗酸化作用があります。 そのため、このレスベラトロールを摂取すると、例えば、肌にハリと潤いを与えるなど若さを保つことが出来ます。 […]
2018年3月30日

ルイボスティーの効能と効果、作用について

ルイボスとは? ルイボスティーの原料であるルイボスとは、南アフリカ原産の植物です。 ルイボスとは、「赤い灌木」の意味を持ちます。 アフリカーンス語ですが、英語でも「ロイボス」と発音されます。 マメ科の植物で、葉を乾燥させてルイボスティーが作り出されます。 お茶になることでルイボスティーと呼ばれるわけですが、 「ティー」 […]
2018年3月30日

リンゴ酸の効果と効能、作用について

リンゴ酸は有機酸の一つで、リンゴ内に含まれる酸味のことを言います。 有機酸には、クエン酸や、シュウ酸が含まれ、リンゴ酸の主な働きは、クエン酸サイクルを活発にする役割をしています。 その結果、疲れやすさを解消して、疲労回復を促すという働きがあります。 こうしたリンゴ酸の効果効能を得るために、適切な量の摂取が必要となるので […]
2018年3月30日

リン(リン酸)の効果と効能、作用について

リンは「ミネラル」の一つで、カルシウムや、マグネシウムと一緒に骨を作るために役立つ物質です。 このリンは骨や歯の生成以外に、筋肉や脳、神経などに含まれていてエネルギーを生み出す役割も果たしています。 リンは現代では不足することは滅多にありませんが、摂り過ぎることによって以下のような問題があります。 ・骨成長不全(リンの […]