成分語録 – あ行

2018年3月30日

赤ブドウエキスの効果と効能、作用について

赤ブドウエキスは、赤ブドウから抽出されたエキスのことをいいます。 赤ブドウエキスの主な働きは、ポリフェノールが多く含まれており、 心臓病などの生活習慣病を予防する役割があります。 特に赤ブドウには、アントシアニンというポリフェノールが含まれており、 目の疲れを回復する働きがあるといわれています。 そのため、この赤ブドウ […]
2018年3月30日

塩素の効果と効能、作用について

塩素は必須ミネラルの一つで、食塩として体内に摂取することが出来るミネラルです。 必須ミネラルには、カルシウムや、リンなどのミネラルが含まれ、 塩素の主な働きは体液の浸透圧を維持する役割があります。 そのため、体内ではこの塩素の摂取が不足すると、髪の毛や歯が抜けるといった症状が出ます。 ただし、通常の生活をしていれば不足 […]
2018年3月30日

亜鉛の効果と効能、作用について

亜鉛は、必須ミネラルの一つで、体内でタンパク質や核酸などの代謝に関わっています。 また、亜鉛は別名、「セックスミネラル」とも言われ、精力に関わるミネラルです。 必須ミネラルには、カルシウムなどの多量ミネラルのほか、亜鉛などの微量ミネラルがあります。 亜鉛の主な働きは、血中コレステロール値を調整する役割があります。 その […]
2018年3月30日

一価不飽和脂肪酸の効果と効能、作用について

一価不飽和脂肪酸は不飽和脂肪酸の一つで、悪玉コレステロールを減らす作用があります。 この不飽和脂肪酸には一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があります。 一価不飽和脂肪酸の特徴としては常温では液体となっていることが多いという点で、 一価不飽和脂肪酸の主な働きは動脈硬化を防いでくれます。 そのため、不足すると動脈硬化や心臓 […]
2018年3月26日

オロット酸(ビタミンB13)の効果と効能、作用について

オロット酸は乳清から発見された物質で、ビタミンB13と呼ばれることもあります。 オロット酸はビタミン様物質に含まれ、葉酸やビタミンB12の働きを高める役割があります。 葉酸は体内でDNAを形成する役割があり、妊婦さんが積極的に摂った方がいい栄養素であり、 ビタミンB12は貧血を防ぐ働きがあります。 そのため、ビタミンB […]
2018年3月26日

オレンジの効果と効能、作用について

1.オレンジとは? オレンジとは、ミカン科のミカン属に属する常緑小高木(じょうりょくしょうこうぼく)の植物です。 常緑小高木とは、一年中緑色の葉をつけている植物で、 樹の高さが5メートル以上10メートル未満の樹木の事を言います。 日本での呼び名はアマダイダイ(甘橙【だいだい】)と言います。 ※ミカンとは違う種類になりま […]
2018年3月26日

オレイン酸の効果と効能、作用について

オレイン酸は不飽和脂肪酸の一つで、代表的な一価不飽和脂肪酸の一つです。 オレイン酸は1960年代に地中海沿岸地域の人が 心臓疾患の死亡率が低い理由を解明していくうちに発見されました。 その働きは、血中の悪玉コレステロールを減らす特徴があります。 そのため、オレイン酸の摂取量が少なくなると高血圧を引き起こす可能性がありま […]
2018年3月26日

オリーブの効果と効能、作用について

オリーブは、モクセイ科の常緑樹の一つで、オリーブ油などとして利用されています。 モクセイ科には、ジャスミンや、ライラックなどがあり、 オリーブの主な働きは一価不飽和脂肪酸として、コレステロール値を下げる働きがあります。 また、血圧を下げる働きもあり、高血圧を予防することも出来ます。 そのため、このオリーブの摂取が不足す […]
2018年3月26日

オピオイドの効果と効能、作用について

オピオイドは神経伝達物質の一つであり、脳内のオピオイド受動態と親和性がある物質の総称をいいます。 神経伝達物質にはドーパミンやγ-アミノ酪酸などがあり、 オピオイドの主な働きは中毒症状を引き起こし、神経活動を麻痺させます。 そのため、このオピオイドの分泌が不足すると苦痛などを抑制することができなくなります。 オピオイド […]
2018年3月26日

オオバコ(車前草)の効果と効能、作用について

1.オオバコとは? オオバコ(大葉子)とは、オオバコ科のオオバコ属に属する多年草です。 日本全国に自生していて、道路脇などに自生していることが多いです。 茎は短くて地面に埋まった状態で、葉は広く大きいことから「大葉子」と名前が付いた。 花木は5月から9月頃にかけて白い小さな花が咲きます。 果実には粘着性があって、人間の […]