コラーゲンの効能と効果、作用について

コバルトの効果と効能、作用について
2018年3月30日
コラーゲン関連の効果と効能、作用について
2018年3月30日

コラーゲンは、タンパク質で体内の約30%がコラーゲンで、
体内の様々な臓器を形成しています。
また、細胞と細胞を繋ぐ働きも持ちます。

古くなったコラーゲンは分解されて新しいコラーゲンが生成されますが、
加齢とともにその働きも衰えていくため、加齢とともに肌のハリが衰えたり、
身体のたるみなど様々な影響が出てくるようになります。

肌の真皮の主成分は、コラーゲンであるため、コラーゲンが不足すると様々なトラブルが出てきます。
このコラーゲンを摂取することで、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促し、
にきびや、シミ、そばかすや、くま、肌のたるみなど様々な美肌への効果が期待できます。

また、髪の毛の、主タンパク質成分はケラチンですが、コラーゲン摂取により
ケラチンの合成が進む事で、髪(抜け毛や、白髪)にも効果的だと言われています。

加齢とともに生成能力が衰えてくるコラーゲンを可能な限りキープすることで
若々しい肌や身体を保つ事が期待出来ると言えるでしょう。

コラーゲンの主な効果/効能/作用

・美容効果(アンチエイジング)
・関節痛などの関節障害の改善
・発毛、育毛効果、白髪抑制効果
・骨粗しょう症対策
・肩こり、腰痛症状の改善
・アトピー性皮膚炎の改善
・花粉症、アレルギー性鼻炎
・動脈硬化の予防
・がん予防
・ぼけ防止
など

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す