コバルトの効果と効能、作用について

コエンザイムQ10の効能と効果、作用について
2018年3月30日
コラーゲンの効能と効果、作用について
2018年3月30日

コバルトはミネラルの一つで、ビタミンB12の生成に役立つ成分です。
ミネラルはカルシウムや、カリウムなどがあり、
コバルトの主な働きビタミンB12に依存しているため、貧血を予防したりします。
そのためコバルトの摂取が不足すると貧血を起こしたり、また食欲不振やしびれといった症状が現れます。

こういった欠乏症はありますが、通常の食事をしていれば問題はないので安心してください。
ただし「ベジタリアン」である場合は、欠乏しやすくなっているため注意が必要です。

コバルトは1737年にスウェーデンに手発見されました。
コバルトは鉱石としては磁石の材料として用いられたり、虫歯の治療に用いられています。
コバルトは貧血を予防するほか、以下のような効果効能があります。

コバルトの主な効果/効能/作用

・集中力と記憶力を高める
・赤血球の生成を促す
・食欲を増進させる
・神経線維の保護をする

こうしたコバルトの働きの多くはビタミンB12とともに行われています。
そのため、効果効能もほとんどがビタミンB12によるものとなっています。
ただし、コバルトの過剰摂取によってどのような症状が引き起こされるかは明確になっていません。
そのためコバルトは微量ミネラルということもあり摂取量の目安は特に定められていません。

コバルトを多く含む食品は、ひじきやハマグリなどに多く含まれています。
またビタミンB12を多く含むレバーや魚類にも多く含まれています。

そして、こうした食品を摂取する際の注意点は「ビタミンB12」を摂取するということです。
そのためベジタリアンであったりすると不足しがちになるので注意が必要です。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す