コーンスターチの効果と効能、作用について

クロロフィルの効果と効能、作用について
2018年3月30日
コウスイガヤ(レモングラス)の効果と効能、作用について
2018年3月30日

1.コーンスターチとは?

コーンスターチとは、トウモロコシを原料として作られるデンプンの事です。
一般的に食用として生産されているスイートコーンとは違う種類のデントコーンやワキシーコーンを用いて作られます。
日本国内では、戦後から作られるようになっています。

2.コーンスターチの特徴

コーンスターチは、主に食品用と工業用とで使い分けられています。
食品用のコーンスターチは、食品の凝固剤として利用されており、プリンなどを固めるのに使われています。
また、外食産業ではフランス料理や中華料理でとろみを出すために良く使われています。(中華あんかけなど)
家庭料理などでは、製菓、はんぺんやソーセージ、カレールー、アイスクリームなどさまざまな場所で使われています。

使い方は片栗粉と似ていますが、片栗粉はジャガイモデンプンで出来ています。
コーンスターチは火を通す必要があり、片栗粉のような透明感が無いのが特徴です。

しかし、片栗粉は加熱を続けたり冷めたりすると粘度が落ちますが、コーンスターチは粘度の変化がありません。
ただし、粘度そのものは 片栗粉の方が強いです。

紅茶にコーンスターチが入っている場合は、主に冬期に飲用するもので、
若干のトロミを付けるために用いられることがあります。
工業用のコーンスターチでは、紙製品の加工や製造の際に接着剤として利用されています。

3.コーンスターチの主な効果/効能/作用

・高血圧予防

-コーンスターチを含んだ商品例-
Tea total / ルイボスティー / ルイボス オレンジ ジンジャー

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す