酵素の効果と効能、作用について

赤ブドウエキスの効果と効能、作用について
2018年3月30日
鉄分(鉄)の効果と効能、作用について
2018年3月30日

酵素とはタンパク質性の触媒の総称のことであり、生きる上で不可欠な物質です。
この酵素は人間が栄養素などの物質を消化、吸収、輸送、代謝、排泄するまでのいたるところで関与しています。

そして、この酵素は大きく分けると「消化酵素」と「代謝酵素」、「食物酵素」の3つに分かれます。

それぞれの働きとして、

消化酵素は食べ物を分解する役割をし、
代謝酵素は栄養素を身体づくりに用いる役割をします。
また、食物酵素は発酵食品などの含まれる酵素のことを言い、消化を助ける働きがあります。

そのため、酵素が不足すると血液がドロドロになり血流が悪くなり病気を引きやすくなります。
こうしたことから、適切な量の酵素を摂取する必要があるのです。

消化酵素はその働きごとに以下のような違いがあります。

・アミラーゼ(デンプンをブドウ糖に分解する)
・プロテアーゼ(タンパク質をアミノ酸に分解する)
・リパーゼ(脂肪を脂肪酸に分解する)

また代謝酵素の栄養素を身体づくりに用いるだけでなく以下のような働きがあります。

・新陳代謝を高める(吸収された栄養素を体中の細胞に届けるため)
・利尿作用を高める(毒素の排泄を促すため)
・傷を早く治す(体の修復を促すため)
・免疫力を高める(栄養素を体中に届けるため)

こうした酵素を多く含む食品としては、バナナやキウイフルーツなどの果物類や、
レタスやキャベツなどの野菜類に多く含まれています。

そして、こうした酵素を効率的に摂取する際の注意点としては2つあります。
・生で摂取すること(48度以上で酵素が死んでしまうため)
・すりおろして摂取すること(吸収が良くなるため)

このようにすることで、効率的に酵素を摂取することが出来るようになるのです。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す