グルコサミンの効果と効能、作用について

グリセリン(グリセロール)の効果と効能、作用について
2018年3月26日
グルコン酸の効果と効能、作用について その1
2018年3月26日

グルコサミンは、アミノ糖の一つで、軟骨を構成している成分の一つです。

アミノ糖には、ガラクトサミンや、N-アセチルムラミン酸などがあり、
グルコサミンの主な働きは関節部分の細胞の新陳代謝を促す役割があります。

そのため、このグルコサミンを適切に摂取していると関節痛を和らげる効果効能があります。
ただし、グルコサミンが不足すると、逆に関節痛を悪化させるなどの可能性があります。
こうした症状を防ぐために、適切な量のグルコサミンの摂取が必要となるのです。

グルコサミンは「キチン」を加水分解して得られる成分であり、糖類とアミンが結び付いたアミノ糖です。
このグルコサミンは1960年ごろから、関節痛の治療薬として用いられています。

現在では、このグルコサミンは関節痛を抑えるための医薬品や、健康維持のためにサプリメントに使われています。
さらにスキンケア製品にも用いられており、肌の潤いを保つ役割も果たしています。

グルコサミンは関節部分の細胞の新陳代謝を促す役割のほか、以下のような効果効能があります。

グルコサミンの主な効果/効能/作用

・運動能力を高める(ひざなどの柔軟性を高めるため)
・美肌効果がある(ヒアルロン酸の原料となるため)
こうした働きのほか、細胞の炎症を抑える働きなどがあります。

ヒアルロン酸には保水力があり、肌の潤いを保ったり、ハリを維持する働きがあります
ただし、グルコサミンの過剰摂取は胸やけや吐き気、
胃痛など位に関する症状を引き起こすため注意が必要となっています。

そのため、摂取量の目安として、グルコサミンの1日の摂取量を1500mgとしています。
摂取する際にはコンドロイチンの摂取量も気にかけ、
グルコサミンが5に対して、コンドロイチン4が、良いバランスとなっています。

グルコサミンを多く含む食品は、フカヒレや、オクラなどに含まれています。
また、グルコサミンを効率よく摂取するにはグルコサミン配合のサプリメントが販売されているためお勧めです。
こうしたサプリメントを摂取する際には、コンドロイチンが配合されているものを選ぶことがポイントとなります。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す