カオリンクレイの効果と効能、作用について

オロット酸(ビタミンB13)の効果と効能、作用について
2018年3月26日
カカオの効果と効能、作用について
2018年3月26日

カオリンクレイは、クレイの一つで、中国の高陵から産出した白土のことをいいます。

クレイには、フランス産のモンモリロナイトや、ベントナイトなどがあります。
そして、カオリンクレイは、いくつかの種類があり、
カオリンクレイの主な働きは皮脂や水分を吸収する働きがあります。

そのため、カオリンクレイは、ボディパウダーや、ベビーパウダーといったように利用をすることができます。
こうした効果がカオリンクレイにはあるため、種類ごとに用途を分けて利用することがお勧めです。

カオリンクレイは、中国の高陵から産出した白土で3つの種類があります。
それが、カオリンホワイトと、カオリンピンク、カオリンレッドの3つです。

クレイは色によって作用が違い、
ホワイト系や、ピンク系であれば敏感肌や子どもにも利用でき、
レッド系では強めの作用があります。

またクレイの中で最も強力なのがブルー系で毛穴の汚れを取るなどの働きがあります。

カオリンクレイの3つの特徴と効果効能は以下の通りです。

カオリンクレイの主な効果/効能/作用

・カオリンホワイト(敏感肌や乾燥肌など様々なタイプの肌に利用でき、デオドラント効果がある)
・カオリンピンク(様々なタイプの肌に利用ができ、角質を取り除く作用がある)
・カオリンレッド(オイリー肌や普通肌のパックとして利用で、シミ・シワ・ハリなどに効果がある)
このように、肌の違いによって用いるカオリンクレイを変えることで効果的に美容効果を得られるようになります。
また、この中ではホワイトの作用が一番優しく、レッドが一番強力となっています。

ただし、カオリンクレイは強さに違いがあるため、吸着力が強すぎて肌が突っ張る可能性があります。
そのため、まずは、ホワイトからはじめて、だんだんと効果が強い色のクレイを試していくことが大切となります。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す