マルトースの効果と効能、作用について

マヌカハニーの効果と効能、作用について
2018年3月30日
マルラオイルの効果と効能、作用について
2018年3月30日

マルトースは、炭水化物の一つで、麦芽糖とも呼ばれます。
マルトースは二糖類に含まれます。
この二糖類には、スクロースや、ラクトースなどがあります。
そして、このマルトースの主な働き、体や脳を動かすためのエネルギー源となります。
そのため、このマルトースの摂取が不足すると体力が落ちるなどの影響が出る可能性があります。
こうしたことを防ぐために、適切な量のマルトースの摂取が必要となるのです。

マルトースはグルコースが二分子結合してできている糖分です。
このマルトースの名前の由来は、デンプンを麦芽アミラーゼで糖化したときから名付けられています。

そして現在では、マルトースは、ビールづくりには欠かすことが出来ない成分となっています。
マルトースは体や脳を動かすためのエネルギー源となる役割のほか、以下のような特徴があります。

マルトースの主な効果/効能/作用

・虫歯になりにくい
・太りにくい

こうした特徴はマルトースが、ブドウ糖などに比べると低カロリーであるためです。
このような特徴があるマルトースの過剰摂取は肥満や生活習慣病を引き起こすため注意が必要です。
ですが、マルトース自体の摂取量の目安は定められていません。

ただし、摂取量の目安として
厚生労働省はマルトースなどを含む炭水化物の1日の摂取量を総エネルギー量の60%までとしています。
もちろん、人によって運動量が違うため摂取すべきカロリー量は変わってきます。

マルトースを多く含む食品は麦芽や水あめ、サツマイモなどに多く含まれています。
そして、こうした食品を摂取する際の注意点は「食べ過ぎに注意すること」です。

これはマルトースが血糖値をあげるため、高まり過ぎると糖尿病を引き起こす可能性があるためです。
そのため、炭水化物の総量を守る必要があります。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す