マルラオイルの効果と効能、作用について

マルトースの効果と効能、作用について
2018年3月30日
マンガンの効果と効能、作用について
2018年3月30日

マルラオイルは、マルラの木の実から抽出される天然のオイルです。

マルラオイルの主な働きは、強い抗酸化作用があり活性酸素を除去します。
また、高い保湿性を持つため、肌にうるおいを持たせることが出来ます。
そのため、マニラオイルを利用すると、シミやしわを防ぐことができたり、肌にうるおいを持たせることが出来るのです。
こうした効果効能を得るため、適切なマルラオイルの利用が必要となるのです。

マルラオイルは南アフリカに生息する木で、神の木や結婚の木とも呼ばれています。
マニラには、ビタミンCや、ビタミンEが多く含まれており強い抗酸化作用があります。
また、オレイン酸などの脂肪酸が含まれているため肌にうるおいを与えます。

そのため、現在ではこのマルラは、マルラオイルとして使われ、高いアンチエイジング効果が期待されています。
ただし、日本ではまだ注目が集まっていないオイルです。

マルラオイルは活性酸素を除去する役割のほか、以下のような効果効能があります。

マルラオイルの主な効果/効能/作用

・美肌効果がある(ビタミンCと、ビタミンEによる抗酸化作用があるため)
・シミやソバカスを減らす(抗酸化作用があるため)
・肌にうるおいを保たせる(オレイン酸による保湿性があるため)
・ニキビを抑える(皮脂の過剰分泌を防ぐため)

こうした働きがあるため、マルラオイルは美容効果が高いオイルとして、マッサージなどに利用されています。
さらに、オイル独特の臭いが少ないため、使いやすいオイルとなっているのです。

このマルラオイルの過剰利用による副作用はまだ報告されていません。
そのため、特に心配をせずに利用できます。
また、敏感肌や乾燥肌などにも対応しているため安心して利用することが出来ます。
ただし、もし皮膚に何らかの違和感を覚えたら使用を中止して皮膚科に相談することが大切です。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す