プラセンタによる睡眠改善効果とは?その17

新型コロナ&インフルエンザに打ち勝つには免疫力が重要!免疫力アップにおすすめのサプリとは?
2020年2月6日
関節炎やリウマチ症状が劇的によくなる?!ニュージーランドの軌跡の貝「マッスル」とは?
2020年2月13日

不眠の原因「イライラ」に効果絶大なシーププラセンタ

不眠の原因は人それぞれですが、「イライラ」も不眠症状を悪化させる要因の1つです。

現代人はストレスを抱えている人が非常に多いです。

誰でも日常生活で何等かのストレスを受けていますが、ストレスは心地よい睡眠、快眠の最大の敵になります。

 

職場の人間関係、家族関係、仕事に関してなどで悩みを抱えているとストレスは強くなります。

ストレスが大きくなると、イライラしたり、心が不安定な状態になってしまいます。

この心理的ストレスによって、自律神経の交感神経が活発化してしまい、副交感神経を抑制することで睡眠を妨害してしまうのです。

 

睡眠時にはリラックスした状態になると働く副交感神経が優位になっていなければなりません。

しかしストレスでイライラしていると交感神経が優位な状態が続き、なかなか寝付けなくなってしまったり、眠っていてもすぐに目が覚めてしまうなど眠りが浅くなったりします。

不眠の状態が続くと「眠れないこと」がさらにストレスを増強させて、イライラがつのり、不眠症状が悪化してしまうのです。

 

つまり不眠を改善するためには、ストレスをなくすこと、イライラを抑えることが重要です。

シーププラセンタにはイライラを抑える栄養成分がたくさん含まれています。

イライラ解消に効果のある成分はこちらです。

・トリプトファン
・カルシウム
・ビタミンB6
・ビタミンB1
・マグネシウム
・ビタミンC
・タンパク質

このようにシーププラセンタにはイライラを解消してくれる有効成分がたっぷりと含まれています。

これらの成分によって、ストレスにさらされていても、イライラが解消できるように効果を発揮してくれます。

 

シーププラセンタに含まれるイライラ解消効果が得られる成分

それぞれの成分のイライラに対する効果をまとめてみます。

 

<トリプトファン>

トリプトファンは必須アミノ酸の一種です。

精神安定や催眠、鎮痛作用のある神経伝達物質「セロトニン」の原料となるトリプトファンは、ビタミンB6やマグネシウムと一緒にセロトニンを生成します。

 

<カルシウム>

骨や歯を作る栄養成分として有名ですが、それと同時に神経の伝達機能、神経の興奮を抑える働きがあります。

イライラした時には、神経が興奮しているので、興奮を抑えることによって交感神経の活性化を抑制し副交感神経優位の状態にしていきます。

カルシウムが不足するとイライラするため、カルシウム吸収を高める働きのあるビタミンDと一緒に摂取することで、効果は倍増します。

 

<ビタミンB6>

ビタミンB6は神経伝達物質合成には欠かせないビタミンです。

ビタミンB6が不足すると、イライラがつのったり、記憶力が低下したりと中枢神経の障害を引き起こしてしまいます。

またビタミンB6はタンパク質の代謝をサポートする働きもあります。

 

<ビタミンB1>

脳に必要なエネルギー源であるブドウ糖代謝に欠かせないビタミンと言えば、ビタミンB1です。

ビタミンB1が不足するとイライラが増強したり、疲労感が出たり、記憶力や食欲低下を引き起こしたりしてしまいます。

 

<マグネシウム>

マグネシウムはミネラル類の一種であり、濃や神経の興奮を鎮めて、精神を安定させます。

 

<ビタミンC>

ビタミンCが不足すると、ストレスは解消されずに溜め込まれてしまうため、イライラがひどくなり不眠につながります。

体がストレスを発すると、体はストレスに対抗しようと副腎皮質ホルモンを分泌します。

この副腎皮質ホルモン生成の原料として用いられるのがビタミンCです。

強いストレスにさらされ続けるとと、大量のビタミンCが消費されることになるので、ビタミンCは積極的に摂取したいですね。

 

<タンパク質>

タンパク質は血液や臓器、ホルモンなど、体の構成成分として絶対に欠かせません。

またビタミンCが副腎皮質ホルモンを合成する際には、酵素として働くのでイライラを抑えるために必要な栄養成分と言えるでしょう

 

<参考商品>

シープ プラセンタ ( 羊由来 エキス ) 25,000mg