神秘の栄養源、ローヤルゼリーはバストアップにも効果あり?

生理痛やPMS、頭痛には『カモミールティー』がオススメです!ハーブの鎮痛作用でストレスレスな毎日を♪
2019年6月20日
30代~40代は美バスト作りに最適!老け乳にならないようにするためには?
2019年6月20日

バストアップを目的に作られたバストアップサプリ製品の多くは、バストアップするために女性ホルモンを活性化させる成分が配合されていることが多いです。

例えば、プエラリアミリフィカや大豆イソフラボンなどは植物性エストロゲンの一種であり、体内では女性ホルモンのエストロゲン様作用を示すことでも知られています。

ここでは、女性ホルモンに働きかける作用があるローヤルゼリーのバストアップ効果についてまとめてみましょう。

 

【ローヤルゼリーってなに?】

ローヤルゼリーとは働き蜂が花粉を材料として体内で合成し、分泌したものになります。

ローヤルゼリーとハチミツを混同する人が多く、ハチミツの中でも最高級なのがローヤルゼリーと勘違いする方がいますが、これは間違いです。

 

ハチミツとローヤルゼリーは全く別物であり、ハチミツは働き蜂が花粉を餌として素に蓄え熟成させた甘味料になります。
一方ローヤルゼリーは、働き蜂が食べた花粉やはちみつを体内で消化分解した後に、下咽頭腺や大あご腺から分泌した成分で、見た目がとろりとした乳白色の物質であり、ハチミツのように甘くはなく、酸味が強いです。

 

このローヤルゼリーは、ミツバチの社会であるコロニーを維持するためには必要不可欠な食べ物の1つ。

卵の段階では、働き蜂も女王蜂も同じメスであり、違いはありません。

しかし孵化して3日目頃から、働き蜂はローヤルゼリーより栄養価の低いワーカーゼリー食べて、4日目以降はハチミツと花粉を食べるメス蜂は働き蜂になるのです。

 

一方、女王蜂となるメス八は、孵化してから死ぬまで生涯にわたって、ローヤルゼリーだけを食べ続けます。
つまり、ローヤルゼリーとは働き蜂では食べることができない、女王蜂だけが食べ続けることが許される非常に特別な食べ物なのです。

 

ローヤルゼリーのローヤルとは「ロイヤル」のことであり、「王の、王家の」という高貴な形容詞になります。
特別な食べ物であるローヤルゼリーがあるからこそ、遺伝子的には全く同じ受精卵の働き蜂と女王蜂に分化させる神秘的な成分なのです。

 

女王蜂は働き蜂と比べて、体の大きさは2〜3倍、寿命は30〜40倍もあるといわれています。

また働き蜂は卵を産むことができませんが、女王蜂は平均寿命3〜4年の間に、毎日1500個もの卵を産み続けることができるのです。
働き蜂と女王蜂は遺伝的にはなんの変わりもないので、ローヤルゼリーという生後の食べ物だけでこれだけ変化するというのは驚きですね。

毎日卵を産み続けることができる体へと進化したのは、ローヤルゼリーのおかげなのです。

 

【ローヤルゼリーにはどのような成分が含まれているの?】

バストアップ効果が期待できるローヤルゼリーですが、どのような成分が含まれているのでしょうか?

ローヤルゼリーに配合されている成分は

・水分 65%
・アミノ酸、タンパク質 13%
・炭水化物 15%
・脂質 3%
・その他 4%

となっています。

 

もう少し詳しく見てみると

・必須アミノ酸:リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、スレオニン、トリプトファン
・アミノ酸:アルギニン、チロシン、アラニン、グリシン、プロリンγ-アミノ酪酸、タウリン、βアラニン、グルタミン酸、セリン、アスパラギン酸、シスチン
・ビタミン類:ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・パントテン酸・葉酸・ビオチン・ナイアシン・コリン・イノシトール
・ミネラル類:ナトリウム・リン・鉄・カルシウム・カリウム・マグネシウム・銅・亜鉛・マンガン
・糖質(炭水化物):グルコース・フルクトース・スクロース・オリゴ糖

になります。

 

ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸の中には、体内で合成できず、食品かRあ、摂取しなければならない必須アミノ酸も含まれています。
またアミノ酸スコアが100に近く、とても良質なタンパク質を含有していることでも知られていますよ。

 

その他の成分には、ビタミン類、ミネラル類があり、ローヤルゼリー特有の成分として「デセン酸」なども含まれていますよ。

ローヤルゼリーにはタンパク質、炭水化物、脂質の3大栄養素をはじめとして、40種類以上の様々な栄養素をバランスよく配合する栄養価の高い食品です。

 

【ローヤルゼリーの歴史とは?】

ローヤルゼリーは近年では、美容や健康によいといわれ多くのサプリメントなので目にしたり、耳にしたりすることが多くなりました。

ローヤルゼリーの歴史は非常に古く、約2400年前の古代ギリシャ時代の文献にも登場しており、有名な哲学者アリストテレスも動物学の中で記しているほど。

 

ローヤルゼリーと呼ばれるようになったのは、200年ほど前のことで、スイスのミツバチ研究者フランソワ・ユベールによって名づけられました。
ローマ法王12世が1954年に危篤になった時に、ローヤルゼリーを投与されて回復したという話が伝わってから、ローヤルゼリーの持つパワーが世界中に知られたのです。

 

【ローヤルゼリーの効果とは?】

ローヤルゼリーにはたくさんの栄養素が含まれており、たくさんの効能・効果が期待できます。

 

ローヤルゼリーの効能効果は以下の通りです。

・老化予防(アンチエイジング)
・高血圧・高コレステロール血症予防
・血糖値・糖尿正常化
・女性特有の悩み改善
・お肌の乾燥、シミ予防
・歯と口のトラブル対策
・聴力改善
・気分の落ち込み改善

それぞれまとめてみましょう。

 

<老化予防(アンチエイジング)>

ローヤルゼリーには加齢に伴う筋力低下を予防する働きがあります。

年齢を重ねても生き生きした生活を送るためには、歩行などの身体活動に必要な筋力や丈夫な骨、関節の柔軟さといった体の運動器の健康が重要です。

ローヤルゼリーを摂取することで、筋肉の増強や保護など重要な役割を果たす「筋衛星細胞」の分化を促進することで、筋力の低下を予防できます。

 

<高血圧・高コレステロール血症予防>

血圧が高いと、血管にふたんがかかるため、動脈硬化になりやすく、血管機能が上手く働かなくなってしまいます。

動脈硬化が起こると、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの重大な病気につながる恐れもあるでしょう。

ローヤルゼリーには血圧を改善できるペプチドが豊富に含まれており、ローヤルゼリーを飲用した場合、血圧が下がることが研究結果でも明らかになっていますよ。

 

またローヤルゼリーは高コレステロール血症予防にも有効です。
高コレステロール血症は、肝臓でのリポタンパク質の過剰分泌が原因であり、酵素分解したローヤルゼリーはリポタンパク質の分泌を抑制することができます。

 

<血糖値・糖尿正常化>

ローヤルゼリーにはインスリン抵抗性を予防して、糖尿病予防を信仰する働きがあります。

肥満や運動不足、栄養バランスが悪い食事などをしていると、血糖を代謝させるホルモンであるインスリンの効きが悪くなってしまいます。
そこでインスリンの抵抗性を改善できるローヤルゼリーを摂取することで、血糖値を改善して、糖尿描などを予防できるでしょう。

 

<女性特有の悩み改善>

ローヤルゼリーは女性特有の悩みや病気に効果を発揮してくれます。

特に

・骨粗しょう症
・冷え症
・更年期障害

の症状に効果があります。

それぞれまとめてみますね。

 

《骨粗しょう症に対するローヤルゼリーの効果》

骨粗しょう症は体内での骨の形成速度が落ちて、骨のカルシウムが抜けて骨量が減少してしまう病気です。

骨量が減ることによって骨がもろく、折れやすくなってしまいます。
骨折すれば、長い寝たきり生活になることも多く、要介護状態になるリスクが非常に高いです。

骨粗しょう症は閉経後の女性に多く見られる病気であり、8割以上が閉経後の女性患者になります。

 

骨粗しょう症になる原因の1つが「女性ホルモン」にあります。

女性ホルモンは健康な骨を維持するためには欠かせないのですが、閉経後は卵巣から分泌される女性ホルモン量が減少するため、骨量が維持しにくくなるのです。

ローヤルゼリーを摂取すると、骨密度の減少が抑制されて、骨中のカルシウムが増加することが研究結果からも分かっています。
さらに、ローヤルゼリーを摂取すると、カルシウム増加量が一層多くなる傾向があることも分かりました。

 

《冷え性に対するローヤルゼリーの効果》

女性に多い冷え性は、むくみや代謝低下にもつながるので、お悩みの女性も多いでしょう。

ローヤルゼリーを摂取すると、手指の表面温度が回復するという研究結果が発表されています。

 

《更年期障害に対するローヤルゼリーの効果》

更年期障害の症状は人によって様々で、ほてり、めまい、頭痛などがよく怒りますが、肩こりもよく起こる症状の1つ。

肩こりは日本人の大半が感じている体の不調でもあり、肩こり症状を改善するとQOLは高まるでしょう。
ローヤルゼリーを摂取すると、首筋のハリの自覚症状が改善され、更年期障害による肩こりが改善されると報告されています。

 

<お肌の乾燥、シミ予防>

美肌を維持するためには、外側からの美肌ケアだけではなく、バランスの取れた食事や十分な睡眠、適度な運動、精神的充足など体の内側からのケアが重要であると言われています。

ローヤルゼリーには、アミノ酸、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど40種類以上の栄養素がバランスよく含まれているので、美肌へと導いてくれるでしょう。
またローヤルゼリーはサプリメントとして飲むだけではなく、化粧品の感覚で塗ってもOKなんです。

 

ローヤルゼリーには肌角質の水分量を高める働きがあるので、肌の水分量がアップし、ハリ、ツヤのあるみずみずしい肌を維持できるでしょう。
肌がプルプルになれば、しわ、たるみ、シミなどは改善され、アンチエイジングにつながりますよ。

 

<歯と口のトラブル対策>

ローヤルゼリーには抗炎症作用、細胞増殖促進作用があるので、口内炎症状改善に効果を発揮してくれます。
特にガン治療などで免疫力が低下するため、口内炎ができやすくなりため、ローヤルゼリーによる口内炎予防、改善は効果的です。

 

<聴力改善>

ローヤルゼリーには抗疲労効果があり、不定愁訴を改善する効果もあります。
耳鳴り症状を改善する研究結果も報告されており、聴力改善に有効です。

 

<気分の落ち込み改善>

精神的な不調を改善して、メンタルヘルスの維持に役立つとされているローヤルゼリー。
不安感や強迫性障害の症状がある人にローヤルゼリーを投与すると、不安を感じる回数が減るという研究結果も報告されていますよ。

 

【ローヤルゼリーは女性ホルモンに作用するの?!】

ローヤルゼリーは豊富な栄養素を含有する食品として古くから重宝されてきました。

しかしローヤルゼリーの科学的検証はいまだ不足している状況で、今後新たな効能効果が発見されていく可能性が多いにあります。

 

ローヤルゼリーは更年期障害の症状改善や、骨粗しょう症予防、冷え性改善など女性特有の悩みを解決してくれることから、女性ホルモンの働きを助けて、糖代謝を改善する、体質を改善し若返る作用があるといわれています。

更年期障害や骨粗しょう症などは女性ホルモンのエストロゲンが閉経に伴い急激に減少したことによって起こる症状です。
その症状がローヤルゼリーを摂取することで改善しているので、ローヤルゼリーには何らかしら女性ホルモンに作用していることが分かりますね。

 

この女性ホルモンに作用する成分こそが、ローヤルゼリーにしか含まれていない「デセン酸(10HDA)」なんです。
デセン酸は、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、卵巣機能を活性化させる働きがあります。

 

【ローヤルゼリーのバストアップ効果は?】

ローヤルゼリーは、更年期障害や骨粗しょう症の症状改善に有効で、女性ホルモンに働きかけることが分かっています。

バストアップには女性ホルモンのエストロゲンが必要であり、エストロゲン分泌が増えれば、乳腺が発達し、発達した乳腺を守ろうとその周りに脂肪細胞が増殖していくのです。
増殖した脂肪細胞がしっかりと定着すればバストアップにつながります。

 

つまりローヤルゼリーを摂取することで、40種類以上の栄養素をバランスよく摂取できるので、バストアップに必要な栄養をたっぷりとチャージできますし、女性ホルモンにも作用するのでバストアップしやすい環境が整うというわけ。

 

ローヤルゼリーは、バストアップサプリによく含まれるプエラリアミリフィカのように強力なエストロゲン様作用を示すわけではないので、副作用も少なく、安全にバストアップできますよ。
また保湿効果もあることから、バストにハリ、弾力が生まれ、上向きのハリのある美バストを維持できるでしょう。

 

【ローヤルゼリーを摂取して女子力アップをめざそう】

ブリリアントでは、グッドヘルス社とヘルスライフ社のローヤルゼリー1,000mgを取り扱っています。

ローヤルゼリーにはアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど40種類もの豊富な栄養源が含まれており、ローヤルゼリー1つ摂取しておけば十分です。

 

更年期障害や生活習慣病予防、メンタル面の不安解消、疲労回復などたくさんの効果が期待できるローヤルゼリーは、心も体も健康でいたい、若々しくいたいという方にぴったりです。

またバストアップや美肌効果、アンチエイジングケアにも最適なので、女性としてはぜひチェックしておきたいサプリメントですよ。