スピルリナが自律神経失調症やうつに良い理由とは?抗うつやダイエットにも

自律神経失調症でプラセンタサプリを摂取するときの飲み合わせ
2018年4月10日
スピルリナが自律神経失調症やうつに良い理由とは?抗うつやダイエットにも
2018年4月10日

スピルリナが精神疾患に効果的な理由とは

スピルリナは微細藻類の一種なのですが、精神疾患や体の不調などの効果的という理由で注目を集めています。
これは青緑色の藻類であり、亜熱帯地方の海や塩湖などに自生しています。
スピルリナはらせん状に生長し互いにくっつくので採取しやすいということです。
いろいろなサプリメントが登場していますが、アメリカでは加工食品の着色料としての使用も認められています。

スピルリナが効果的な理由について

スピルリナはメタボ対策や精神疾患対策におすすめの食品となっています。
さまざまな健康問題に役立つと言われており、たくさんの水分を摂取する人に向いているということです。
かなりの量のカルシウムやナトリウム、マグネシウム、ビタミンB群、鉄などを含んでおり、必須アミノ酸も含んでいます。
60~70%をたんぱく質が占めており、たんぱく質が不足していると感じているなら積極的に摂取していくと良いでしょう。
抗酸化物質は酸化ストレスが引き起こす筋肉疲労を回復する効果がありますが、スピルリナには抗酸化作用のある物質がいくつか含まれています。
コレステロールや中性脂肪への効果は認められていますし、健康的に痩せたいと考えているなら積極的に摂取していくと良いでしょう。

スピルリナは一般に安全であると認識されていますが、毒性のある金属や有害なバクテリアなど過酷な環境で生長した時に産生される物質に汚染されている可能性があります。
汚染されたスピルリナは肝臓障害や嘔吐、衰弱、ショック症状などを引き起こす可能性がありますし、きちんと安全性が確認されているサプリメントを選ぶようにしましょう。
汚染されたスピルリナは子供には特に危険と言われており、きちんと原産地を確認することが大切です。
また、自己免疫状態にある人はスピルリナの摂取を控えた方が良いと言われています。

スピルリナは精神疾患にも効果的です

どんなに栄養価が高い食品でもきちんと栄養素を吸収できないなら意味がありません。
食べても便になって全て排出されてしまいます。
健康に良いといわれている青汁やクロレラなどには栄養素が豊富に含まれていますが、細胞壁が硬いので栄養素を吸収しにくいと言われています。
もちろん全く効果がないわけではないのですが、より吸収率の高い健康食品を選んだ方が良いでしょう。

スピルリナは細胞膜が比較的薄いという理由があるため、スムーズに消化吸収が行われるということです。
摂取して2時間で栄養の90%が吸収されると言われており、もともと栄養価も高いので健康や精神疾患にきちんとした効果を実感できるでしょう。
スピルリナは錠剤タイプなども販売されており、飲みやすいので人気となっています。
スピルリナとミドリムシの違いがよく分からない人もいるかもしれません。
どちらも健康を維持するために必要な栄養素が多く含まれているのですが、一般的にはスピルリナの方が価格が安いので購入しやすくなっています。
スピルリナはたんぱく質の量が多く、いろいろな種類のビタミンを含んでいることが特徴です。
たんぱく質とビタミンの補給に優れている微生物であり、野菜や肉が不足している人におすすめの食品と言えるでしょう。
ちなみに、安すぎるものには品質の良くないものもあるので注意が必要です。

スピルリナ摂取の効果的な方法とは

スピルリナはスーパーフードと呼ばれており、たんぱく質が豊富に含まれていることが特徴です。
乾燥させて水分を抜くと約60%がたんぱく質になると言われており、たんぱく質の補給には最適な食品と言えるでしょう。
たんぱく質は健康的に生活していくために欠かせない栄養素なのですが、皮膚を作るコラーゲンもたんぱく質から作られています。
そのためたんぱく質をしっかり摂取することにより、美肌効果も得られるでしょう。
たんぱく質は筋肉の元になるのでトレーニングの前後に摂取するのもおすすめです。
また、不足するとうつなど精神疾患の原因にもなるセロトニンは、たんぱく質を構成している物質から作られています。
そのためたんぱく質が豊富なスピルリナを摂取することにより、うつ病の予防効果も期待できるでしょう。

たんぱく質は爪や髪、細胞などの原料になりますし、きちんと補給することで健康的な体を維持できるようになります。
たんぱく質は普通に食事を摂っていれば不足することはないかもしれません。
しかし、ダイエット中などは不足しやすい栄養素と言われており、スピルリナを利用すると良いでしょう。
サプリメントを利用すればいつでも手軽に摂取できるというメリットがあります。
安全性の高い食品と言われていますが、妊娠中や授乳中は摂取を避けた方が良いでしょう。
不安な場合はドクターに相談するのがおすすめです。

スピルリナの1日の摂取量は2~5g程度が目安とされており、健康に良いものでも過剰摂取には注意しましょう。
適量の摂取なら不調が出てしまうことはほとんどありませんが、人によっては下痢などが起こってしまうこともあります。
摂取目安はサプリメントなどに記載されていますので守るようにし、
気になる症状が出てしまったら摂取を中止するのが良く、不安な場合はドクターに相談してみると良いでしょう。

スピルリナには「うつ」を予防する効果あり

スピルリナは間違いなく「うつ病に効く」食べ物です。ほとんどの栄養素を含むパーフェクトフードですから、100%粉末やサプリメントを常用していく事で、精神にも良い影響を与えます。
うつ病の原因は人間関係によるストレス、肉体的な疲労が連日も続いてしまい休む余裕がなかった、不眠症、怒りといった理由がたくさんあります。
スピルリナを活用する事でそれら全ての要因に作用します。

うつ病を改善、予防に効く、スピルリナ

気分が沈み、気力がなくなる状態が続いてしまうと食欲もなくなります。
そうなると更に症状が進行してしまい、身体も痩せてきますから、対処する必要性があります。
スピルリナはうつ病(精神疾患)にも働きかける、多機能なパワーある藻類です。
吸収率が高い上に栄養補給に適している、バランスの取れた食べ物となりますが、食欲がない時には特に重宝します。
精神疾患にかかってしまうと生活リズムが崩れたり、食生活のバランスも整わなくなってきますから、治していく為にも注意すべきです。

スピルリナは御飯を食べたくない、栄養が偏りがち、栄養失調症、生活リズムが崩れが要因であらわれる体調不良の改善にも使えます。
精神疾患に苦しむ人はスピルリナを利用して、うつ病の改善や再発予防の為に用いる事も可能です。
ビタミンB群が多く含まれていますから、自律神経の働きを整えたり、脳の神経伝達物質の分泌量を調節もします。
ビタミンE(酢酸トコフェロール)も含まれていますが、メンタルが病むと身体が冷えてきます。
ですから、スピルリナを補給して血流を浴していく事もポイントです。
ストレスにより発生する活性酸素を除去する働きもありますから、治癒する為にも必須栄養素を補給していく事も肝心となります。
活性酸素は精神を病ませる原因の一つです。
スピルリナはストレスを除去する働きがありますが、必須栄養素全てが含まれています。

性欲減退がうつをまねく、タンパク質補給

気力が落ち込がちで食欲がない状態は、精力も落ちています。
性的な反応がなくなってくると無気力で倦怠期が強く目立ってきますから、スピルリナを補給してスタミナを付ける事も一つの対処方法です。
逆に言い方を変えると「性欲が強い人は鬱病にはかからない」という特徴があります。
仮に精神疾患に悩み、無気力で食欲もない人が、性的な高揚感があらわれてきたら、それは回復に向かっているという証明になります。
スピルリナにはたくさんのタンパク質が豊富に含まれていますが、吸収率も抜群です。
100g中に40%以上ものタンパク質を含有していますが、アミノ酸に分解されやすいメリットも強みです。

人間の身体は必ずそのような栄養素を必要とします。
アミノ酸やタンパク質をたくさん補給していくと、身体の免疫力や細胞が活性化していき、結果的に精神的にもメリットを与えます。
性欲も強くなっていき、積極的になりますから、自分から沈む様な要因も生み出さなくなっていきます。
ポジティブになっていくと多少のストレスや不眠、肉体疲労にも抵抗力が付いていきますから、タンパク質やアミノ酸はそれだけ重要です。
スピルリナを一日に5gも補給していけば、病が回復する可能性が高くなっていきます。
因みに値段も手頃で、大手メーカーのサプリメントでは大容量でも比較的安価で買えます。

スピルリナを飲んで回復してきたら

鬱病が回復してきたら、自然と食欲が湧いてきます。
しかし、再発の防止として栄養素はきちんと補給していくべきです。
スピルリナを飲み続けていくと性欲も上がっていき、自発性も強くなっていきます。
「亜鉛」や「フィコシアニン」が含まれていますが、前者は必須ミネラルですが、一日に最低は10mgは必要とするセックスミネラルと呼ばれる物質です。
そのような名前が付く程ですから、人間の生殖器や性欲、欲望に大きく関与します。

鬱病は悲しみや不安、否定的な感情が強くしてしまう精神的な病ですが、亜鉛を一日に必要な目安量を摂取していく事で、それらの不快な感情を消していく事が可能です。
スピルリナには亜鉛を多く含みますから補給すれば、セックスミネラルは最低目安量の半分は補給出来ます。
更にはタンパク質をたくさん補給出来ますから、相乗効果により意欲や性欲を向上させていきます。
フィコシアニンはスピルリナに含まれる独特の青色をした有効成分です。
通常はスピルリナは深い緑色をしていますが、クロロフィルの色が濃すぎてフィコシアニンの青色が隠れてしまっています。
その有効成分は身体の免疫力や細胞を強化していく、成長ホルモンを多く分泌出来る様にサポートする働きがあります。
よってスピルリナには鬱病を予防、改善しながら心身ともに健康的にする、万能な食品となります。

うつ病は性欲や積極性を減退させる病です。
食欲を低下させますから、進行を抑制する為にもスピルリナを補給して改善させるのも一つのやり方です。
様々な栄養素が含まれていますが、特に亜鉛、タンパク質、フィコシアニンはうつ病に効果を示します。
それら全てはスピルリナに入っていますが、毎日続けて摂取出来れば回復と予防に繋がります。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す