トリエタノールアミンの効果と効能、作用について

トマトの効果と効能、作用について
2018年3月30日
トリプトファンの効果と効能、作用について
2018年3月30日

トリエタノールアミンは、アミンの一つで、エチレンオキシドとアンモニア水溶液から生成される物質です。

アミンには、メチルアミンや、エーテルアミン、エチルアミンなどがあり、
トリエタノールアミンの主な働きはpH調整剤の役割があります。
そのため、トリエタノールアミンは、スキンローションや、シャンプーなど、多くの化粧品に利用されています。

アミンは、アンモニアの水素原子を炭素基で置換した化合物の総称のことを言います。
そして、トリエタノールアミンは、エチレンオキシドと、アンモニア水溶液から生成される物質です。

エチレンオキシドは、医療機器や精密機器の減菌のために使われる毒性が強い物質です。
このエチレンオキシドを、アンモニア水溶液と合わせると、
トリエタノールアミンと、ジエタノールアミンを生成することができ、
トリエタノールアミンがpH調整剤として利用されています。
特に、酸性の物質を中性にする時に利用することが多いです。

トリエタノールアミンはpH調整材としての役割のほか、以下のような用途があります。
・アルミニウムイオンのキレート剤として利用される
・セメントのクリンカーを粉砕するために利用される

このトリエタノールアミンからは、二次的に発がん性物質ニトロソアミンが生成されるため注意が必要です。
ただし、通常の化粧品などに配合されるトリエタノールアミンは、人体に問題ない範囲であるため安心してください。
また、アンモニア成分も含まれていますが、
石鹸などの中和のために利用されているだけのため、製品では中性となっているため安心してください。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す