トマトの効果と効能、作用について

ドーパミンの効果と効能、作用について
2018年3月30日
トリエタノールアミンの効果と効能、作用について
2018年3月30日

トマトは、ナス科に属している、緑黄色野菜として知られています。
トマトの主な働きは、代表的な成分である、リコピンによる血液をサラサラにする効果などがあり、
美容と健康のためにオススメの食材となっています。
このほか、様々な健康効果を持っているため、普段からトマトを食していくと、その効果効能を手に入れることが出来るのです。

トマトは16世紀ごろにヨーロッパに伝えられたとされており、
メキシコの先住民が「トマトゥル」と呼んでいたことに由来して「トマト」と名づけられました。
「トマトゥル」というのは「膨らむ果実」と言う意味があり、正式にはホオズキのことを指しています。

日本では1868年ごろから、赤ナスという名称で輸入されるようになり、
その後、日本全国でトマトが生産、消費されるようになりました。
現在では、トマトは生で食されるほか、ケチャップやトマトソースなどに加工されて、どの家庭にも親しまれています。

トマトは、近年になって効果効能が見直され始め、13-0x0-ODAという成分が入っていることが分かってきています。
これは脂肪燃焼を促す作用であり、トマトにはダイエット効果があることも分かってきました。
トマトは様々な効果効能があり、代表的な藻に以下のような効果効能があります。

トマトの主な効果/効能/作用

・ダイエットを促す(13-0x0-ODAが脂肪の代謝を助けるため)
・美肌効果(リコピンやビタミンCが活性酸素を除去するため)
・動脈硬化を予防する(リコピンが血液の流れをよくするため)
・高血圧を予防する(カリウムがナトリウムの排出を手助けするため)
・疲労回復を促す(胃の粘膜の炎症を抑え、夏バテなどを防ぐため)
・便秘の解消(食物繊維が豊富に含まれているため)

トマトには、こうした働きがあるほか、コラーゲンなども含まれており
美肌効果を生みだしたり、食欲不振を直してくれたりするのです。

トマトの過剰摂取による副作用はあまり見られていませんが、過剰摂取には注意が必要となっています。
リコピンを目安に摂取するのであれば、1日当たり15mg程度となっています。
これは大きめのトマト2個分にあたるので、1日で摂るにはむしろ難しいかもしれません。

そのため、効率的にトマトを摂取するのであればトマトジュースやソースとして摂るのがいいでしょう。
ですが、こうしたジュースなどには塩分が多く含まれている可能性もあるため、注意が必要となっています。

また、トマトの良い成分を摂ったサプリメントなども販売されているので、
効率的にリコピンなどを摂取するのであれば、こうしたサプリメントを使うのもいいでしょう。

更に、オーガニックコスメティックにも美肌効果があるため、トマトが使われている事があります。
オーガニックコスメティックをお持ちの方や気になる方は成分を見てみるのも面白いかもしれません。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す