リンゴ酸の美容、美肌効果がすごい!リンゴ酸の効能や効果、作用とは?

スピルリナのアンチエイジング効果5つをご紹介
2018年4月10日
リンゴ酸によるダイエット効果!リンゴ酸との相性の良い栄養は?
2018年4月10日

リンゴ酸を多く含む食品とは?

はじめにリンゴ酸が風味の基礎になるフルーツをみてみましょう。

リンゴ酸を多く含む食品ではフルーツが代表的ですが、そのままの状態では利用できる時期が限られてしまいます。
先人たちは保存性を高める手段として、発酵の技術を活用しましたが、その中ではワインが重要になってきます。
ワインの酸味を作る成分は多彩ですが、主に酒石酸やリンゴ酸で構成されています。
ブドウには最初から糖分が含まれることから、日本酒のように糖化の作業を行わなくてもアルコール発酵が進みます。
製法の変化によって違ったものに生まれ変わることは、ワインビネガーの製造例からも明らかです。ヨーロッパではワインを酢酸発酵させて利用することで、多彩な疲労回復成分を摂取して、健康を維持するという知恵が生まれました。

フルーツの種類としては、リンゴに含まれる量が圧倒的に多いために、ヨーロッパでは昔から健康長寿の象徴として大切にされています。
ブドウと同じように醸造することで、香りが素晴らしい果実酒として生まれ変わります。

ブドウよりはリンゴに含まれる量が多いのですから、特に重視して大量に摂取したい場合にはアップルパイして食べる方法も使えます。
生のリンゴを大量に食べることは難しいわけですが、ジュースに加工する場合には事情が違ってきます。
ジュースにすることで、リンゴ酸の量を十分に確保しながら、ミネラルやビタミンも含めて摂取量を増やすことができます。

リンゴだけでなく、キウイフルーツに関しても多く含まれることから、ジャムにして利用すると効果的です。
フルーツから摂取する場合には、季節の旬に合わせて種類を変えればリンゴ酸の慢性的な不足もなくなります。

梅干しはリンゴ酸が多いことで有名

リンゴ酸を多く含む加工食品として、伝統的な部類に入るものでは梅干しも代表的です。
原料になる梅は日本では古来から親しまれてきたフルーツであり、開花から果実の収穫に至るまでの作業は歳時記の中でも紹介されてきました。
梅は生の状態で食べることが不可能なために、先人たちは塩漬けにする方法を編み出したのです。
やがては製造法も進化して、戦国時代には梅干しが重要な兵糧になっていました。

梅干しに含まれるリンゴ酸や、クエン酸の働きは疲労回復とともにリラックス作用も与えるために戦国時代には息合いの薬としても重宝されていました。
具体的には急激な運動による息切れを防いで、筋肉に蓄積した疲労を回復させる意味もありますが昔の人は経験的に効果を知っていたことになります。
江戸時代になると、梅干しには紫蘇を加える製法も生まれたことでリンゴ酸と相性が良い成分も充実することになりました。
紫蘇を加えることで抗酸化成分のアントシアニンが豊富になり、特有な辛味成分と芳香によって発散作用も働くわけです。
紫蘇が入った梅干しには、リンゴ酸などの有機酸が豊富なだけでなく夏バテ予防に欠かせないビタミンB群やミネラルも多いのが特徴です。

リンゴ酸が豊富な梅干しは、現代では料理の調味料として使うことで、疲労回復を促進させることが一般的です。
豚肉料理と一緒にすると、補酵素のビタミンB1との相性が良くなります。
梅干しは和菓子の材料として使われることがありますが、小豆やインゲンの餡と合わせる場合には、強い酸味が軽減してサポニンなどの有用成分も同時に増やすことができます。

リンゴ酸の宝庫となる酢は種類が豊富

リンゴ酸が豊富な加工食品の種類で、海外のワインビネガーと対比できるものでは米や麹を主原料にする米酢も代表的なものです。
米自体の味わいは甘味が強く、最初の状態では酸味はほとんど含まれていません。
しかしながら、醸造の過程ではリンゴ酸やクエン酸などの成分が生まれ、猛烈な勢いで増えていきます。
米酢と日本酒は似たような製法で作るものですが、途中で酢酸発酵をさせることについてはワインビネガーと同じです。
完成直後の米酢には強烈な酸味があるわけですが、熟成させると強烈な部分は抑えられて、芳醇な風味へと変化してきます。

熟成させたものでは黒酢が代表的で、今ではリンゴ酸も豊富なサプリメントの原料としても重宝されています。
リンゴ酸を摂取するためには、ブドウを利用することが理想ですが日本の高温多湿の気候では上手に栽培することは簡単ではありません。
米の場合には国土の広い範囲で収穫できるもので、麹の発酵には高温多湿の環境が適していることから日本では米酢からリンゴ酸を摂取する習慣が根付いたのです。

リンゴ酸の代名詞になっているリンゴについても、米やブドウと同じように発酵させるとリンゴ酢として利用できるようになります。
リンゴ酢は新しい米酢に比べれば酸味が穏やかで、甘い香りも特徴なためにリンゴ酸を効率よく摂取したい場合にも適しています。
日本料理では酢を様々な料理で使いますが、全てが発酵によって作られているわけではありません。

瀬戸内海沿いの温暖な地域では、特産の柑橘類の果汁を原料にして即席のポン酢を作る伝統が根付いてます。
ポン酢もリンゴ酸の宝庫となりますから、刺身や和え物などの調味料として使えば健康的です。

リンゴ酸で歯の黄ばみをとる

リンゴ酸の効果としてあげられる美として口腔内の歯の黄ばみを、やさしく取る効果をもたらします。
表面にこびりついたなかなか普通のブラッシングでは取りきれない着色も、次第に浮き上がらせることができるので洗い流して本来の色を取り戻すということになります。
普段、日本人もよく口にする紅茶やコーヒーなどの飲み物には色素が色濃くあります。
色素の濃いドリンクや食べ物を口にすることで、色素沈着を起こすこととなるのです。
そんな色素沈着によるステインの汚れは、リンゴ酸の力により黄ばみ汚れや歯の汚れの隙間に入り込み、浮き上がらせて無理なく落としきることができます。
研磨剤や漂白剤とは違うので、歯に対して負担にはなりません。

リンゴ酸はりんごから発見された酸であり、りんごだけに含まれる酸というわけではありません。
もちろんメインのりんごにもリンゴ酸は豊富に含まれてはいますが、ほかのフルーツや野菜にも含まれている酸の成分です。
ヒドロキシ酸の有機化合物のひとつでもあり、口腔内へと入れてみますとピリッとした酸味を感じることになります。
クエン酸と一緒に含有されることも多く、酸味を感じますが有害ではありません。
人間の体の中へと入れても、問題はない安全な成分であることが確認されていますので食品にも利用は幅広いものです。
市販食品の味付けとして、酸味料として幅広い活用となっています。
ドリンクにも酸味のために利用されていますし、食品にも味付けで利用されています。
豊富にリンゴ酸が含有してる食材としては、りんごをはじめとしてパパイヤにいちご、それから梅に梨にナツメ、ほかにもトマトなど主あります。

リンゴ酸は他にも様々な効能をもたらす

リンゴ酸は歯の黄ばみを除去するためにも効果を発揮しますが、実は人間にとってさまざまなメリットも併せ持っている酸の種類でもあります。
まず、人間の体の中をリンゴ酸の働きにより、弱いアルカリ性にキープすることができます。
弱アルカリ性で保たれるために、人間が本来持っている事前治癒力を高めるためにも役立つこととなりますし、胃腸関連の疾患を予防することにもなります。
体内では酸性の物質を穏やかに分解することも得意としていますので、それからエネルギーへと速やかに変換させることができます。
肉体内を弱アルカリ性へと変化させてくれるクエン酸サイクルは元気に活動をスタートさせることができるので、それは疲れなどをなくすためにも役立つこととなります。

現代を走り生きている人間は常に疲労感を感じていますし、疲れとストレスとは隣り合わせで生きています。
疲れは体内にできる疲労物質が大きく関わりを持っておりますので、その点を忘れないことであり、それは酸の影響力でなくしていくことは可能となります。

これらは普段の食事から自然に摂取のできる酸であり、消化をされる過程で自然にクエン酸サイクルへと入り込んでいきます。
酸は形状を変えていきますし量も少なくはなりますが、汗や二酸化炭素に熱エネルギーとなります。
体内ではこのサイクルを良い状態で維持することが重要であり、このコンディションのキープができると体内における新陳代謝は活発になります。
特に糖質の代謝が良くなりために、エネルギーが今までよりも効率的に生産されるようになりますし、無駄に脂肪を作ることがなくなります。

リンゴ酸を利用するときの注意点

リンゴ酸を利用するときには良い部分もありながらも、注意をしなければならない事もあります。
基本的なこととして酸性であるという点を忘れてはならないのです。
酸性のものを口の中に使うということは、少量であれば問題はないままで済みます。

しかし長い時間賛成の成分を口の中に存在させた場合、酸はどのような作用をもたらすか考えてみると答えは浮かび上がってきます。
酸という存在は、元来、溶かすという働きを持っています。
つまりお口の中にいつまでもとどめておいたり、過剰な利用をすると歯の表面に存在をしている大切なエナメル質をどんどん溶かしてしまうということです。
良いことばかりを目にするものの内容的には酸であることには変わりはありません。

リンゴ酸は基本的に溶けるという自覚を持ち、そのさじ加減をうまく利用して口腔内の管理にも上手に活用するというのが賢い利用の方法だと言えるでしょう。
酸性を含む飲み物などは、できるだけ長い時間口腔内には止めないことです。
味わいを楽しむという点ではやってしまうかもしれませんが、ドリンクは口腔内へと入れて喉を流してしまうものですから留めることはありません。
口腔内の酸を意識するのであれば水を多めに飲んだりお茶などを飲むなどして、酸の成分を薄めるということを行うといいでしょう。
酸の中和をいう観点からして行動を起こすのであれば、食材にはカルシウムを含有する食べ物を意識して食べるようにすることです。
カルシウムたっぷりの食材は身近に多くありますのでチーズや牛乳などを食べれば大丈夫なのです。

リンゴ酸の消炎効果とは?風邪の時にもりんごが役に立つ理由

昔から、病院へお見舞いに行く際に持って行くお土産の定番も風邪をひいた時にお母さんが出してくれる果物の定番もりんごでしたよね。
実はそれって、本当に理にかなっていることだったのです。
というのも、りんごに含まれているリンゴ酸という成分には、様々な効能があり特に消炎効果が非常に高いため喉の炎症を抑えて痛みを和らげたり、身体全体の炎症を抑えることで熱を下げたり、関節の痛みなどを取り除く効果があるのです。
まさに風邪の時には、高い消炎効果を発揮するリンゴ酸を摂るのが一番なのですね。

リンゴ酸は有機酸の一種ですが、りんごの中に含まれている酸味の成分でもあります。
そのためリンゴ酸は様々な食品の酸味料として使われていることも多く市販のゼリーやシャーベットなどにもよく使われているようです。
リンゴ酸はりんごだけではなく、梨や赤ブドウ、いちご、梅、トマトなどの果物にも含まれていますので、りんごが苦手な方は他の果物から摂っても良いのです。

リンゴ酸の主要な働きとして、細胞内のクエン酸サイクルを活発にするというものがあります。
これにより組織内の代謝が促進されてエネルギーが補給されますので疲労回復に効果があります。
ですから、運動などをして身体が疲れた時にもりんごを食べると良いと言えます。

また、リンゴ酸が持っている作用の中で特徴的なのがキレート作用というものです。
キレート作用とは、特定の金属と特異的に結合する性質のことで、この作用を用いてリンゴ酸を金属の洗浄に使用したり放射性物質を身体から除去するために使用したりも出来るのです。

リンゴ酸のデトックス効果

リンゴ酸は消炎効果だけではなく他にも様々な効果と効能を持っています。
体内を弱アルカリ性に保ってくれる性質があるので、身体の自然治癒力が高まって健康になりますし、胃腸病などを予防したり、体内の老廃物を排出しやすくしてデトックスを促してくれます。
身体がデトックスされるとむくみも解消されてスッキリと美しくなれそうですね。
また、クエン酸サイクルを活性化するので糖の代謝がアップしてその結果、血糖値を下げる効果があります。
ですから、甘いものを食べる時にはリンゴ酸の含まれる食品を一緒に摂ると良いかもしれないですね。

糖の代謝がアップすると、身体に余分な糖分が脂肪として蓄えられることが減りますからダイエット効果も期待できるのではないでしょうか。

また、体調が悪い時や夏バテして食欲がない時などにリンゴ酸の含まれている食品を摂ることで、食欲が回復する効果も期待できます。
確かに、酸っぱいものを食べると元気になって食欲が増進しますよね。

また、リンゴ酸はph調整剤としての役割も持っているのでシャンプーなどに使用されることがあります。
リンゴ酸は他の有機酸に比べて、ph コンロトール力が大変高く、アルカリ性に傾いた髪の毛を酸性に戻してくれる効果があります。
消炎効果が頭皮にも作用するので、皮膚のかゆみなども抑えてくれるのではないでしょうか。

以上のように、リンゴ酸は本当に沢山の効果と効能を持ったすごい成分ですから、是非とも毎日の生活の中で健康と美容増進のためにリンゴ酸が多く含まれる食品を意識して食べるようにしていきたいものですね。

リンゴ酸の効果を高める食べ方

このようにリンゴ酸には本当にすごい効果、効能が沢山ありますが、これらの消炎効果や疲労回復効果をさらに高めるためには赤ブドウエキスなどを配合したサプリメントを一緒に摂ると良いということです。

プロポリス 赤ぶどうエキス配合

トマトを食べる時には良質な油分と一緒に食べることで、栄養成分の吸収がさらに良くなるようですからオリーブオイルをかけて食べるといいですね。
また、りんごは皮に栄養が沢山含まれているので出来れば皮ごと食べるのが良いでしょう。
その際には農薬なども気になりますから、よく洗うようにしてください。
皮が固くて食べにくい場合は、おろし金ですりおろしてしまうのがお勧めです。

りんごを丸ごと凍らせて、それをすりおろすと高級なシャーベットのようになってとても美味しいですよ。

レンジで簡単に作れる焼きリンゴもお勧めです。
りんごを半分に切って、その上に少し砂糖を振りかけ、レンジでチンするだけで美味しくて食べやすいコンポートが出来上がります。

少しレモン汁を加えて煮詰めることで、りんごジャムにしてもいいですね。
これなら日持ちしますし、ヨーグルトに混ぜたりパンに塗ったりして色々なバリエーションで楽しむことが出来ます。

どんなに効果、効能がある成分を含んだ食品でも、やはり味が美味しくなければ継続して食べようという気持ちにはなりませんから、身体に良い食べ物を美味しく楽しく食べるということも心掛けていきたいです。
リンゴ酸を含む食品は、健康を増進させたい方、疲労回復させたい方、デトックスを促進して美しくなりたい方などに特にお勧めですので毎日の食事に取り入れてみてください。

リンゴ酸と女性に嬉しい美容効果

リンゴ酸は世の中の女性たちが喜ぶ、美容効果ももたらしてくれる効果が期待できます。
リンゴ酸が女性たちのビューティーケアにもたらす働きは、長い目で見ても美しさを維持するサポートになります。
リンゴ酸はスキンケアにも大きな影響力をもたらしますので、これは世代を問わないほど女子たちには興味深い働きともあるでしょう。

人の見た目の美しさを判断する基準ですが、顔の作りが良いに越したことはありません。
しかし顔の作りは個性はありますが、人が美しいと判断するのはいかに肌の状態が良いかということです。
シミやシワが多くて、くすみのある乾燥した状態では誰の目から見ても美しいとは感じないでしょう。

しかし、リンゴ酸の働きというのは、そうしたマイナスのスキン状態を緩やかに良い方向へと導いてくれることになります。
皮膚からは表皮の汚れをマイルドに取り去ることができますので、皮膚の持つ様々な悩みからの開放となります。
皮膚には年齢とともにシワが生じやすくなりますが、皮膚の弾力繊維が増える事となるためにシワなどを気にする必要もなくなります。
皮膚はずっと同じ状態ではなく、静かにサイクルを繰り返して生存をしています。
皮膚は新しい細胞を誕生させて、やがては垢となって剥がれ落ちてはまた新しい皮膚を生まれさせています。

しかし、年齢が高くなったり、乾燥をしたり、生活の習慣が乱れることでそのサイクルが遅くなります。
すると、皮膚には様々な問題が起こりやすくなります。
それを救うのもリンゴ酸の働きであり、皮膚のターンオーバーは正常化されていきます。

リンゴ酸と美しい肌への効果

リンゴ酸は古い角質をやさしく取り除くことができる点でも、女性には嬉しいな肌の作用として働くことになります。
スキンコンディションは、女性であれば誰でもベストな状態を望みますし思わず触れたくなる様は表皮には誰もが憧れを抱きます。
でも人間の皮膚というのは、毎日顔を洗っているだけでは汚れ等はすべてがきれいにはなりにくいものです。
表皮には古い角質も蓄積がされますし、皮脂や油汚れも古くなって溜まりやすくなります。
鏡を見てもくすみがちになりますし、自分で触ってもがさつく状態は気になります。

リンゴ酸はそんな表面の汚れを落とすためにも、貢献をする酸でもあります。
自然の酸でありますので、とても肌にも優しい細胞であり、それでいて素敵な美しさへの効果を発揮してくれます。
特に定期的なスキンケアのスペシャルケアとして、ピーリングなるものがありますが、ピーリング効果で良い皮膚状態に導いてくれます。
ピーリングは、表皮の古い角質をソフトにはがすことができる方法であり皮膚への刺激は少ないものです。
古くて洗顔では落としきれない表皮の部分の角質層を柔軟に溶かしてくれます。
それは最も上の表皮細胞だけなので、そのあとで皮膚は自然治癒力を発揮していきます。
これにより自然の力で、まるで赤ちゃんのような美しい、ベビースキンが再生をすることとなります。
古く不要な角質がなくなるので、遅くなっていた皮膚のサイクルは正常に戻ることができます。
リンゴ酸でのピーリングによりスベスベとした表皮となりますし、それは顔色にも変化が現れ、くすみがちな色は、やがて明るくなります。

リンゴ酸と女性の美髪効果

リンゴ酸の有機酸と一緒に浸透促進剤の組み合わせをすることにより、傷んだ髪の毛への補修にも役立つことになります。
リンゴ酸のヘアケアでの働きも、世の中の女子たちにはハッピーをもたらす要素となってくれます。
りんごというのは様々な栄養を含むことで知られていますし、ビタミンにペクチンにカリウムなども豊富なものです。

ポリフェノールも多いことでに知られていて、ポリフェノールによって毛母細胞は増えていくことになります。
更に、遅くなり乱れてしまったヘアサイクルはポリフェノールの働きで正常化されることになります。
ポリフェノールには、アニジンが含まれていますので頭皮の乱れた環境をよくすることにもなります。
頭皮の血液の流れが良くなりますので、その土台となる頭皮が健康になりそこには丈夫な髪が生えやすくなるということになります。

人間は年齢を重ねるごとに頭皮の環境も乱れていきますし、髪も細く弱くなり抜けやすくなります。
それはひとえに頭皮環境が悪くなっている合図でもあるので、根本の土台を立て直すことが重要課題になります。
リンゴポリフェノールの構成成分は、ほとんどがアニジンであり発毛を促すことにもなります。

ヘアケアというとヘアだけに意識が行くのが、多くの人間がやることです。
でもその土台となっている頭皮という部分を抜きにはできません。
この頭皮の状態がいかに良いかによりまして、丈夫で健康で美しいヘアを維持できるかが決まってきます。
頭皮が硬いままではなく柔らかくてよく血液もめぐる状態にすることが重要になります。

意外に知らない「リンゴ酸」の効果と特徴

リンゴ酸とはリンゴやぶどう、さくらんぼなどのフルーツに含まれる有機酸の一つで、その名のとおり主にリンゴに多く含まれています。
リンゴ酸は1785年に発見され、その別名を「オキシコハク酸」ともいいます。
リンゴ酸は、リンゴの爽やかな酸味の成分でもありゼリーやシャーベットなどの菓子類や、果実飲料などの清涼飲料水などの酸味料としても使用されています。

リンゴ酸の主な働きとして、クエン酸サイクルの働きを活発にするということが挙げられます。
人は食べ物から摂取した糖質や脂質などをエネルギーに変換していますが、その際に栄養素がクエン酸などの8種類の酸に分解されます。
これらの酸は老廃物を排除しその後また元の物質に戻るのですが、このサイクルのことをクエン酸サイクルといいます。

クエン酸サイクルが活発なほど乳酸などの疲労物質がこのサイクルの中に入って燃えていきます。
乳酸とはその名のとおり酸性の物質です。
体内に乳酸が増えると体内が酸性に傾き、そうなると通常より疲れやすく、なおかつ疲れが取れにくくなってしまいます。
そのため、クエン酸サイクルを活発にしておくことは基礎代謝をあげ、疲労回復の効果や肉体疲労を軽減することに繋がります。

また、リンゴ酸は体内を弱アルカリ性に保つ働きがあり、これは胃腸病などを予防したり自然治癒力を高めることに繋がります。
そして、リンゴ酸は他の物質と組み合わせることによって更なる効果を発揮します。
例えばリンゴ酸とクエン酸とカルシウムを組み合わせたものをクエン酸リンゴ酸カルシウムと呼び、カルシウムの吸収率を高める効果を発揮します。

女性に嬉しい美肌効果も

リンゴにはリンゴ酸の他にも、ビタミンA、ビタミンC、カリウム、食物繊維、セルロース、ポリフェノールなどのさまざまな栄養素が含まれており、「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」と言われるぐらい、健康に良いフルーツとして知られています。

そして、リンゴには、女性に嬉しい美肌効果が期待できます。
リンゴには「リンゴポリフェノール」という成分が含まれており、これにはカテキンやケルセチン配合体、プロシアニジンなどのたくさんのポリフェノールが含まれています。

これらには抗酸化作用があり、中でもプロシアニジンは他のポリフェノールと比べてより強い抗酸化作用を持つとされています。
そもそも抗酸化作用とは、シミやシワなどの原因となる活性酸素の発生を抑える作用のことです。

活性酸素は体内に進入したウイルスを排除する役割を持っていますが、紫外線やストレスなどが原因で増えすぎてしまうと正常な細胞まで傷つけてしまい、その結果シミやシワなどの原因になるだけでなく動脈硬化や生活習慣病の原因にまでなってしまいます。
「リンゴポリフェノール」を存分に含むリンゴを食べることは、体をこういった酸化から守ることに繋がるのです。

また、「リンゴポリフェノール」には、シミやソバカスの原因の一つとなるメラニン色素の生成を抑え、紫外線をカットする働きもあるため美白効果も期待できます。
そして実はリンゴの皮には栄養がたっぷり含まれており、皮と実の間は実以上に栄養が豊富です。
特にポリフェノールは、皮には実の4倍以上もの成分が含まれているため食べる際は皮ごと食べることがオススメです。

整腸作用とダイエット効果

リンゴ酸には整腸作用があります。
胃腸が弱った状態だと老廃物がうまく排出できずに有害な物質が腸内に滞留しますが、リンゴ酸は腸内を刺激しぜん動運動を高めます。
また、リンゴは実に水溶性食物繊維を含み、皮に不溶性食物繊維と二種類の食物繊維を含んでいます。
特に実に多く含まれる水溶性食物繊維であるペクチンは、腸の粘膜を保護して守ってくれて腸内の悪玉菌の繁殖を抑え、善玉菌を増やす働きがあります。

また、皮に含まれる不溶性食物繊維にはデトックス効果があります。
その名のとおり水に溶けない食物繊維のため胃や腸の中で水分を吸って大きく膨らみ、便のかさましや、ぜん動運動の働きがあります。
そのため皮ごと食べることで整腸作用が期待できます。

気になるカロリーですが、可食部、約250gほどの中サイズのリンゴは1個あたり130〜140kcalほどです。
糖質が多いためダイエットには向かないといったイメージがあるかもしれませんが、リンゴに含まれる糖質はほとんどが果糖です。
果糖は体内に取り込まれる際、一度、ブドウ糖に分解されるため食べてから消化吸収するまでに時間がかかり血糖値が上がりにくいことが特徴として挙げられます。
そのためお腹が空きにくく、摂取カロリーが抑えられます。

またリンゴに含まれるカリウムは体内のナトリウムを排出する働きがあるため、むくみの解消も期待できます。
そのため、食べ過ぎてしまった後の食事に取り入れると、デトックス効果や整腸作用のより良い働きが期待できます。
リンゴにはリンゴ酸の他にもさまざまな栄養素が含まれており、健康だけでなく美容にもよい作用が期待できます。

Share on Google+
Instagram

コメントを残す