ニキビへの対策と予防方法とは!ニキビへのNG行為の理由

美肌を目指すための食べ物と飲み物とは?
2018年4月9日
ニキビが出来やすい人は要注意。カフェインはNG!見直すべき食生活とは?
2018年4月9日

ニキビへの対策と予防

治療のためには洗顔料から見直しをしてみましょう

ニキビ跡で悩む人の洗顔料選びは、汚れはしっかりと落とせるけれど潤いまでは奪わないということが大切です。
ニキビ跡が気になると、とにかく洗浄力の高いものを使いたくなりますが、それでは治療によくありません。
洗顔によって皮脂や肌の潤いまで奪ってしまうとニキビが悪化してしまう恐れがありますし、ニキビ跡も改善するのが難しくなります。
なぜなら、ニキビ跡が気になるときには角質が厚くなっていることが考えられるため、潤いまで奪って乾燥させてしまうと余計に治りにくくなります。
そのため、洗浄力が高すぎるものは逆に治療に向かないということがいえます。

よく油が落ちる=洗浄力を高くするために肌を刺激してしまう強い成分が配合されていることも多いため、むしろマイルドな洗浄力のものを探したほうが効果的であるケースも多いです。
汚れはしっかり落として潤いを奪わないためには泡を使って上手に洗うほうが効果的ですので、しっかりと泡が作れるものを選んだほうが良いです。
そのため細かくてしっかりしている泡を作れるものを使って、しっかりと泡立てることが必要ですから洗うときに泡立てネットなどを活用するのも効果があります。

ニキビが出来やすい方は肌が弱っている状態ですから、なるべく刺激のない成分で汚れが落とせるもののほうが向いています。
その場合、石鹸を選んだほうが汚れをキチンと落とせて肌への刺激を減らすことができたりします。
石鹸は天然の界面活性剤で作られているものが多いので、肌に優しく汚れを落とすことができます。
合成界面活性剤の入っている洗顔料は避けて、石鹸を選んだほうが肌を傷めることなく汚れを落とすことができるというわけです。

そして、ニキビ跡の改善のためには古い角質を取り除いて肌の再生を促すことも必要です。
そんなときには、ピーリング石鹸を活用すると良いです。
肌を刺激してしまうため、古い角質を落とすのにスクラブの入っているものを選ぶというのはオススメしません。
古い角質を刺激を与えずに落とすには、グリコール酸やフルーツ酸(AHA)、サリチル酸(BHA)など、酸性の成分によって古い角質を取り除くピーリング石鹸のほうが向いています。
ピーリング石鹸は使い過ぎると肌が傷んでしまいますので、週に一回など肌の調子を見ながら使うと良いです。
ピーリングをした後には、いつもよりも保湿をしっかり行ったり、紫外線対策をキチンと行うことが大切になります。

ニキビ跡が気になるからといってゴシゴシ洗うなどの焦りは禁物です。
肌への刺激は避けたほうが良いですから、自分の肌にあった、マイルドな洗浄力の洗顔料を正しく使うようにしましょう。

サプリメントを活用してニキビを対策する!

ニキビは誰にでもできる可能性があるものですが出来てしまったら早く治したいと思って洗顔を頑張ったり、化粧品で保湿をいつもより入念にしたりするなど対策をしていくものです。
食事でもなるべく改善できるように野菜類などを多めに食べたりするかもしれませんが、それだけでは足りない時などもあります。
そんな時にはサプリメントを補助的に活用するのもいいでしょう。

ニキビケアのために使えるようなものもありますが、一度どんな種類があるのか自分でも見ておくと、さらに効果的に使っていくことが出来ます。
特に普段の肌のサポートとなるのはビタミン類なのですが、これも相当な種類があります。
ニキビによいとされるビタミンもあれば、過剰摂取になると逆に悪化させてしまうものがありますので購入する時にはよく覚えておきましょう。

ニキビに良いと言われているのは、基本的に水溶性のビタミン類です。
ビタミンCなどはその代表選手とも言えますが、これらの水溶性のものの場合は吸収できなかった分はそのまま水分と一緒に体外へと排出されていきますので、こまめに補給する事が重要になります。
そんなビタミンCの効果は皮膚の健康を維持してくれたり抗酸化作用もありますので積極的に摂りましょう。

ビタミンB1やビタミンB12は神経機能を正常にしてくれるだけでなく疲労回復なども期待できるので、しっかり眠って肌の回復を促すのに重要です。
ビタミンB6も肌の回復力を高め、抵抗力などもアップさせてくれるのですが皮脂の分泌を促す作用もあるので過剰摂取には気をつけましょう。
ビタミンEもその関連で、摂りすぎには気をつけながらサプリメントを選んでいきましょう。
これらのビタミン群だけでなく、女性ホルモンの作用に似ていると言われる大豆イソフラボンもニキビ軽減のためによく使われます。
豆乳や豆腐などの豆類から摂るのが難しいという場合には、サプリメントを使った方が普段の生活に取り入れやすいです。

同じようにイブニングプリムローズ(月見草オイル)というものもありますが、これもホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。
いろんなサプリメントがあるのでどれを利用したらいいのか、購入する時は迷うものです。
利用の前には普段の食生活やライフスタイルも考えて、不足しがちな栄養素を補いつつ満遍なくいろんな栄養素を偏りなく摂る事がニキビケアにも効果が出やすいです。
過剰摂取は逆効果になる可能性がありますので摂取量目安を守り、摂りすぎなどには気をつけていきましょう。
普段の食事で補いきれない栄養素をサプリメントで上手に普段の生活に取り入れてニキビのない綺麗な肌作りに役立てましょう。

ニキビを予防するためには保湿が重要!

ニキビができてしまって悩んでいる人は、男女ともに本当に多いです。
どうやったら改善できるのだろう?と悩みながら日々洗顔やその後のスキンケアに励んだり、食生活などにも気を使っていることだと思いますが、まずは作らないという予防の観点からケアをしていきましょう。
普段のお手入れは洗顔をした後に化粧水をつけ、クリームや乳液を塗っているという人が多いです。
一般的な肌質の人であればそれでもいいのですが、ニキビになりやすい人は乾燥肌の人が多いです。

また、オイリー肌の人でも自分の肌のてかりや皮脂を取ろうと思って頑張って洗顔をする事が多いのですが、それが乾燥を招いてさらなる皮脂の分泌に繋がっていきます。
そうなると、結局、自分はどうしたら予防ができるのかと考え込んでしまうかもしれません。

そんな時には、保湿のためにローションパックを行いましょう。
コットンにたっぷりと化粧水を含ませて、顔全体に貼り付けて行うやり方が一般的です。
大体3~5分ぐらいしたら剥がして、次のケアに進みます。
市販されているフェイスマスクなどもありますので、こちらを利用するのも手軽にパックが出来ますので便利です。

よくニキビ予防や対策には保湿が重要だと言われます。
それはなぜかと言うと、肌の水分が減っていくと、どんどん乾燥していきます。
そうなると、角質が分厚くなって毛穴が詰まりやすくなってしまいます。
見た目にもごわごわとして硬い肌になって印象も悪くなります。
皮脂や様々な汚れが溜まりやすくなって、それらが最終的にニキビになってしまうのです。
乾燥した肌だと、その状態を補うために肌が皮脂分泌をしようとします。
それを防ぐためにも保湿は必要なのです。
水分で潤っていれば肌の透明感も出てきますし、毛穴も綺麗に閉じていきます。
ターンオーバーも問題なくできるようになりますので、ニキビが出来にくい肌環境になっていくのです。

ローションパックをする時には、どんな化粧水を使えばいいのか分からないと思うかもしれませんが、高価なものではなく、たっぷりと使えるものを選びましょう。
ちびちびと少しずつ使うのではなくて、たっぷりと肌に潤いを与えていくのが目的なので、大容量の安価なものでも十分です。
コットンも毛羽立つようなものはパックには不向きなので、幾つかコットンも使いやすいものを探してみるといいでしょう。
朝晩の二回できればいいのですが、朝は仕事などで忙しい事も多いですから、その場合には無理をせずに夜にしっかりと汚れを落として綺麗な肌にパックを行い、ニキビの予防をしていきましょう。

ニキビ跡を悪化させないために

毛穴が広がってしまうニキビ跡は、見た目にも目立ちやすいものです。
これは周辺の浅い層の部分に、傷跡が消えないで残ってしまっている状態となっており、本来は柔軟なはずの肌の収縮機能が失われています。
その場合には、お肌の表の部分はもちろんのこと、真皮層もともに改善をしていく必要性があります。
セルフケアだけではなかなか改善が難しいことから、皮膚科などで専門の医師に診察をしてもらい治療をしていくことも大事です。

毛穴にたまってしまった皮脂汚れや、硬くなって溜まってしまった角質は肌のサイクルの乱れも関係しておりニキビ跡にも関係してきます。
効率よくニキビ跡をキレイにしていくためには、皮膚をスッキリ綺麗にするのはもちろんのこと、肌の新陳代謝を促進させることも必要不可欠になります。

ニキビ跡を治していくためには、洗顔と保湿をベースとした、基本の正しいお手入れも大切です。
スキンケアの大きな基本は、やはりなんといっても洗顔にあります。
古い角質や余計な皮脂やお化粧の汚れ等、洗顔によって洗い流して日々お肌を清潔に維持してくことが大切です。
顔にとって正しい洗顔をすることで、肌のターンオーバーを促進させましょう。
これは皮膚の再生になりますから、ニキビ跡のケアとしても重要なポイントになります。

洗顔は大切ですが、顔を洗いすぎるのはマイナスです。
洗顔料を使いすぎは肌への刺激になりますし、洗顔料が残らないようにも気をつけましょう。
洗顔料の残りや泡の洗い残しはニキビの原因にもなります。

そして、ニキビ跡を治していくためには、洗顔と同じくらいに重要視しなければならないのが皮膚の保湿のお手入れになります。
健やかで若々しい皮膚を作つためには、新陳代謝を良くしてターンオーバーを正常に整えることが必要ですが、この肌のターンオーバーのキーとなるのが、ほかならぬ保湿のお手入れです。
肌が本来持つ天然の保湿成分の力を引き出し、加えてスキンケア商品の成分を有効利用して、素肌へたっぷりの潤いを与えていくことが大切です。

毛穴に詰まった汚れは、ニキビ跡を改善していくためにもスッキリさせる必要があり、基本の洗顔と保湿のケアで肌の新陳代謝を促進させていきましょう。
毛穴をスッキリさせるためにも、皮膚のターンオーバーを促進させるためにも、定期的なピーリングのお手入れやパックなども良い方法です。
ピーリングは、皮膚の不要な角質や汚れを除去してくれますし、パックも新陳代謝を促進させるためにも良い方法です。
肌をきれいにするので化粧水などの浸透も良くなり、ニキビ跡改善にもとても良い方法の一つです。

また、ビタミンやコラーゲンやプラセンタ配合の美容液や、フェイスクリームで水分をしっかりと補給し、肌にしっかりと保湿を閉じ込め栄養を与えるのも行いましょう。
日々の生活の中で自宅で毎日出来ることも続けていきニキビ跡にさよならしましょう。

ニキビを潰してはいけない理由

普段、何気なく見ていた鏡で、頬などにニキビが出来ていたら誰もが驚いたり凹んだりするものです。
何とかしないといけないと思って潰したくなりますが、ぐっと我慢をしている人も多いでしょう。

では、なぜニキビは潰してはいけないと言われているのでしょう?
ニキビが出来た時には、基本的には雑菌がついたりしないよう触らないように気をつけて治療やスキンケアを行う事になります。
ニキビが出来てしまう原因菌としてよく知られているのは、アクネ菌です。
発生したり悪化させたりする原因になるのはどうしてなのか?
もう一度よく確認しておくのもよいでしょう。

もともとアクネ菌自体は常在菌ですから、どんな人の肌にもいるのですが、その性質としては脂分が多くあって風通しの悪い場所を好みます。
この事から分かると思いますが、その性質上、毛穴の中に入り込んで活動をするのは当たり前と言ってもいいでしょう。
そして、そのまま皮脂や汚れが詰まってふたが出来た状態になれば、菌の住処としては最高の場所になって活動もしやすくなるのです。
アクネ菌は常在菌なので、アクネ菌を肌から完璧に根絶するという事はできません。
これも腸内の菌と同じように、悪玉菌と善玉菌がありますので善玉菌がなるべく多く活動しやすい肌作りをしていく事がニキビを防いで綺麗にしていくことになります。

そして、出来てしまったニキビに関しては、状態をよく見て潰すか潰さないかを決める事になります。
ニキビの状態が白や黒などの初期状態なら、この時点で清潔な状態で潰しておけば治りも早いのですが、炎症を起こして赤や黄色の状態になってしまったニキビを潰してしまうと、今度はそれを餌に悪玉菌が活動を活発化させてさらに悪化させていきます。

よく、ニキビが出来たら触らないようにと言われます。
実はきちんと手を洗っていたりしても、完璧に除菌が出来ているわけではありません。
そのため、肌を触ったりニキビに触ると雑菌が入り込んでしまいます。
その状態でもし潰してしまったとしたら今度はその潰した所にも雑菌が入って混じりこみ、悪玉のアクネ菌がそこで活動をはじめ炎症を起こすようになってしまうのです。
一般の人では自分のニキビの状態がどんな状態なのかよく分からない事も多いです。
特に初期状態のものかどうかの判別も難しいですから、潰せる段階かどうか分からないという時には触らずにケアをするか、病院で診てもらってから処置をしてもらいましょう。
アクネ菌は善玉菌であっても悪玉菌へと働きを変える事もありますので、ニキビは潰さず、出来てしまった場所や顔などはできるだけ必要な時以外は触らずスキンケアや治療を進めていきましょう。

ニキビ跡のシミに有効なものとは?

ニキビがせっかく治ったと思ってもシミのような色素沈着が肌に残ってしまうと悩みの種となってしまうでしょう。
そういった悩みを持つ方であれば、色素沈着が肌に残ったニキビ跡の効果的な改善策を探している方を多いでしょう。

ニキビが治った後にできるシミのような色素沈着に関しては紫色や赤黒い色をしたニキビ跡が残りますが、これはニキビによって起こった炎症が肌組織を傷付けて毛細血管から血が滲み出て内出血を起こしている状態です。
また、茶色のシミのようなニキビ跡が残る事もありますが、これはニキビ跡が残った肌で紫外線の強いダメージを受けると、皮膚がそのダメージからメラニン色素を発生させて保護しようとするからであり、肌のターンオーバーが正常に行われていない時に沈着しやすいのです。
ニキビ跡のシミに関してはこういった種類がありますが、シミのような色素沈着を消すための改善法の中でもやっておきたいポイント3選があるので試してみると良いでしょう。

色素沈着が残ったニキビ跡に対してポイント3選
・「肌のターンオーバーを正常な状態に導く」
・「ピーリング」
・「紫外線のダメージ対策」
になります。

「肌のターンオーバー」に関しては、色素沈着が残っている表皮は肌のターンオーバーによって新しく生まれ変わる部分であり、肌のターンオーバーを正常にさせる事が重要になるので食生活を見直してバランスの良い食生活を心がけたり、睡眠不足を避けて質の良い睡眠を取るように工夫するのが効果的です。
また、肌のターンオーバーを正常な状態に導くためには低刺激で肌に優しい洗顔料で顔を洗ったり、洗顔後の保湿ケアは重点的に行うようにしましょう。

「ピーリング」に関しては28日周期で行われていると言われる肌のターンオーバーを早める方法であり、古い角質を剥離する作用のある特殊な薬剤を使ったものです。
ただ、ピーリングは肌のターンオーバーを早める働きがある一方で、強引に角質層を剥がして肌に刺激を与える行為なので、肌が弱い方にとっては肌トラブルを起こす可能性があるので気を付けなければなりません。
特に肌に刺激が少ないタイプのピーリングが自宅でできる薬剤も多く販売されていますが、使用後の保湿ケアは十分に行った方が良いです。
また、過剰に使用を繰り返すのは刺激を与えてしまい逆に肌トラブルを招きかねないので注意しましょう。

「紫外線のダメージ対策」に関しては、茶色いタイプのニキビ跡に発展させないための方法でもあり、外出する際は特にUVケアを徹底して行うようにしましょう。

色素沈着が残るニキビ跡に対してはこれらのポイント3つをしっかり取り組めばほとんど消す事が可能と言われています。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す