バストアップ効果があるって本当なの!?女性に嬉しい作用がたっぷりのローズヒップの秘密とは?①

下痢はなぜ起こる!?お腹が痛くなる理由とは?メカニズムや原因を徹底解説します!
2019年12月20日
バストアップ効果があるって本当なの!?女性に嬉しい作用がたっぷりのローズヒップの秘密とは?②
2019年12月20日

バストを大きくする方法って実にたくさんあるんです。

バストアップマッサージや、補正ブラ、バストアップサプリなどバストアップに関連する商品は続々登場しています。
しかし、バストアップ商品の中には、体によくない成分が含まれているものもあり、副作用が出て危険なものもあるんです。

健康的に、美しく、そして安全にバストアップしたいという人にぴったりなのが「ローズヒップ」です。

今回は前半、後半に分けてローズヒップのバストアップについてまとめてみましょう。
前半部分は、ローズヒップの特徴や、バストアップなど様々な効果・効能を解決していきます。

 

【ローズヒップとは?】

ローズヒップとはバラの果実のことであり、ビタミンCの爆弾とも呼ばれています。
爆弾と呼ばれるほど、豊富な栄養素が詰まっているんですよね。

ローズヒップと聞くと、「バラのお尻」という意味に聞こえますが、ローズヒップとは野バラの実を意味しています。
西洋の漢方薬として古くから活用されており、ハーブティーとして使われることが多いです。
ローズヒップティーは数多くあるハーブティーの1つであり、便秘や健康、肌の悩みを改善してくれます。

ローズヒップには、豊富なビタミンCが含まれているため酸味が強いと思われがちですが、それほど酸味は強くありません。

でもローズヒップティーを飲むと酸味を感じますね?

あの酸味は実はハイビスカスにあります。

市販のローズヒップティーにはハイビスカスがブレンドされているものが多く出回っており、このハイビスカすにはクエン酸やリンゴ酸が豊富に含まれているんです。
ローズヒップティーで酸味を感じるのは、ハイビスカスがブレンドされているからなんですね。

 

また市販されているローズヒップティーの色といえば、赤をイメージされる方が多いでしょう。
ローズ=赤というイメージも強いですよね。
実は、ローズヒップティー自体の色はベージュに近い色をしています。
色が赤いのは、ブレンドされたハイビスカスティーの赤なんです。

 

【ローズヒップの栄養素とは?】

ローズヒップに含まれる栄養素には

・ビタミンC(レモンの20倍)
・ビタミンP
・ビタミンE
・ビタミンA(ホウレンソウの2倍)

など豊富なビタミン類が含まれています。

特にビタミンCはレモンの20倍も含まれており、その含有量の多さはお墨付きです。

ビタミンC、ビタミンP、ビタミンEは肌を綺麗にするための、美肌成分でありも、アンチエイジングケアには欠かせません。

ビタミンのほかにも、

・βカロチン(トマトの20倍)
・カルシウム(牛乳の8倍)
・鉄分(ホウレンソウの2倍)
・ポリフェノール(ホウレンソウの2倍)
・食物繊維
・リコピン(トマトの8倍)
・マンガン(わかめの2倍)
・ナトリウム

などが含まれます。

βカロチンはトマトの20倍、カルシウムは牛乳の9倍、ポリフェノールはホウレンソウの2倍も含まれているんですよ。
ビタミンだけのイメージが強いのですが、ビタミン以外の栄養も非常に豊富に含有しているんです。

 

【ローズヒップでバストアップできるの?!】

ローズヒップと聞くと、美肌ケアができるというイメージが強いかもしれません。
しかし実は、ローズヒップはバストアップにも効果を発揮してくれるんです。

ローズヒップにはレモンの20倍ものビタミンCが含まれています。
このビタミンCはバストアップには欠かせない栄養素の1つ。

 

バストの乳腺や脂肪組織は、クーパー靭帯と呼ばれるコラーゲンの弾力成分によって支えられています。
このクーパー靭帯が弱ってしまうと、バストは垂れてしまったり、小さくなってしまったりします。

 

ローズヒップに含まれるビタミンCには、クーパー靭帯の主成分であるコラーゲンの生成を促進する働きがあるんです。
コラーゲンは体内で生成される成分ですが、加齢とともにその生成量は減少します。

年齢を重ねるごとに肌に弾力が失われて、しわやたるみが増えてしまうので、体内のコラーゲン量が減少してしまうからなんです。
つまり、コラーゲン量が増えれば肌には弾力が戻り、バストの形も維持できます。
バストを支えるクーパー靭帯の強化にもつながるので、結果としてバストアップになるんです。

 

ローズヒップでビタミンCを効率よく補給することができれば、体内のコラーゲン生成量が増えて、クーパー靭帯を補強し、張り、弾力のあるバストを保ちやすくなるでしょう。

また、ローズヒップにはビタミンCだけではなく、壊れやすいビタミンCを保持する作用のあるビタミンPも配合されています。
そのため、ビタミンCが吸収されやすく、より効果を発揮しやすくなるわけです。

 

【ローズヒップのそのほかの効能・効果とは?】

ローズヒップにバストアップ効果があることが分かりましたね。

しかしローズヒップの効果はバストアップだけではないんです。

それ以外にもたくさんの効能・効果が期待できるんですよ。
では、ローズヒップはどのような効能・効果が得られるのでしょうか?まとめてみましょう。

 

<美肌効果>

ローズヒップには、ビタミンC、P、Eが豊富に含まれています。

ビタミンCは肌の張り、弾力成分であるコラーゲン生成には欠かせない栄養成分です。
ビタミンCは摂取する際に、壊れやすく、壊れてしまうと美肌効果が得られません。

 

壊れやすいビタミンCを保護してくれるのが、ビタミンPです。

ビタミンPがあることで、ビタミンCの効果は150%アップするといわれるほど。
ビタミンCとビタミンPを両方含有しているローズヒップは、ビタミンCの効果を実感しやすいでしょう。

 

この他、若返りのビタミンといわれるビタミンEも含有しています。
ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、肌の老齢化を防いでくれます。

 

老化の原因物質である活性酸を除去し、肌細胞のターンオーバーサイクルを促進することで、しわ、たるみ、くすみ、シミといった症状を改善できます。
また、シミの原因となる紫外線から肌を守る効果もありますよ。

 

ローズヒップの種子から抽出されるローズヒップオイルには、必須脂肪酸をはじめとした美容成分がたっぷりと含まれています。

このローズヒップオイルを肌に塗ることでニキビ跡やシミを目立ちにくくしてくれますよ。

 

<便秘解消、腸内環境の改善>

ローズヒップには腸内環境を整える作用もあります。

食物繊維がたっぷりと含まれているので、便通を促して、腸内環境を整えてくれるでしょう。

またペクチンや、フラボノイドも含まれていて、それらの効能にも腸内環境を整える作用があり緩下作用もあります。
便秘がちの人にとっては、お通じがスムーズになりますが、飲みすぎるとおなかを下してしまう可能性もあります。
おなかが弱い人は注意が必要でしょう。

 

<女性ホルモンのバランスを整える>

ローズヒップに含まれるビタミンEは、トコフェロールとも呼ばれています。

トコフェロールは女性ホルモンの中でも黄体ホルモン(プロゲステロン)を作るための材料となります。
そのため、女性ホルモンのバランスを調整する作用があるでしょう。

ビタミンE(トコフェロール)は、女性ホルモンのバランスを整えて、生理痛を軽減させ、月経トラブルを改善します。

また、ローズヒップに含まれるビタミンやカルシウムにはストレスを抑える効果があり、生理前症候群のイライラ軽減にも効果を発揮してくれますよ。

ローズヒップは女性にとってメリットが多いですね。

 

<貧血予防作用>

ローズヒップにはホウレンソウの2倍の鉄分が含まれています。

体に含まれる鉄分はヘモグロビンを適切に保ち、鉄分と結びついた酸素が活性酸素を分解するので、アンチエイジングにもなります。

鉄分は貧血予防に効果的であり、コラーゲンの材料にもなるので、肌のある肌を維持できるでしょう。
肌に張りがよみがえれば、バストアップにもつながりますよ。

 

<疲労回復効果>

ローズヒップには豊富なビタミンCが含まれているので、疲労回復を早めてくれます。

特に冬場などは風邪予防にも有効です。
免疫力や殺菌力を高める栄養素も含まれていて、体内の新陳代謝をよくすることで、風邪をひきにくい強い体になれます。

 

<骨を丈夫にする>

ローズヒップには牛乳の8倍ものカルシウムが含有されています。

カルシウムは骨を形成する材料であり、健康な体つくりには欠かせません。
豊富に含まれているカルシウムが骨を丈夫にしてくれるでしょう。

 

<利尿作用>

ローズヒップに含まれるペクチンやフラボノイドには利尿作用があります。

そのため、ローズヒップを摂取することで体内にたまった水分や毒素がスムーズに排出されるようになるので、デトックス作用が得られるでしょう。
むくみを改善するのはもちろんですが、体内の老廃物を排出してくれますよ。

 

<ダイエット効果>

ローズヒップに含まれるポリフェノールとリコピンには脂肪燃焼効果があります。

ローズヒップに含まれるポリフェノールは「ティリロサイド」と呼ばれており、内臓脂肪を減少させて、内臓脂肪がつきにくくする作用があるのです。
ティリロサイドは近年の研究で、脂肪代謝を促進させて、脂肪燃焼をスムーズにさせることが分かっています。
脂肪燃焼をスムーズにさせることで、体脂肪を低減させます。

 

またリコピンには体内の中性脂肪を減らす作用がありますよ。
そのほか、ビタミンCには、脂肪の栄養源となるブドウ糖の供給を防ぎ、脂肪燃焼を活性化させる働きがあります。
ビタミンCとティリロサイドを豊富に含んだローズヒップは、ダイエットに最適ですよ。

 

いかがでしたか?

ローズヒップは、バストアップもできて、アンチエイジングもできて、ダイエットにも効果的。

さらに女性ホルモンのバランスを調整してくれるなど、女性にとっては魅力的な作用が満載ですね。
こんなにたくさんの効果が期待できるのであれば、摂取しないなんて勿体ないです!!

 

後半は、ローズヒップの摂取方法や注意点などをまとめてみましょう。

 

後半は、こちら

 

 

 

<参考商品>