ブラックモアズ バイオCで肌トラブルや風邪と無縁に♪ノーベル賞を受賞した博士も認めるビタミンCの効果とは?

冬になると気分が落ち込むのは「冬季うつ」かも?腸内環境を整えればウィンターブルーなんて怖くない!
2019年12月8日
「ガンは治す時代から予防する時代へ!!」
2019年12月9日

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!ブリリアント美レポ隊のhpuriです♪

『ブラックモアズ バイオC』の前回の記事では、実際にサプリを飲んだ感想や他社製品との成分比較結果などをお伝えしました。

 

 

ブラックモアズ社のビタミンCサプリ、1ボトルに150粒と大容量のおかげで、1日1粒ずつ飲んだとして単純に5か月くらいもちます。
実際、私も7月頃から飲み続けていますが、12月時点でまだ少し残っている状態です。
(柑橘系のフルーツを食べた日や、ビタミンC入りのドリンクを飲んだ日は飲用しませんでした)

今回は、私が4〜5ヶ月間『ブラックモアズ バイオC』を飲んでみて感じた変化をまとめるので、皆さんの商品選びの参考になれば嬉しいです(^∇^)

 

 

その1:風邪をひかなかった

私は風邪をひくと症状が悪化しやすい&長引きやすいため、通年で風邪対策を実践しているのですが、今年は一度も風邪をひきませんでした。
ビタミンCサプリが風邪予防に一役買ってくれたと思っています!

 

ビタミンCが風邪に効くという話はよく耳にしますが、その真偽についてはご存知ですか?

ノーベル賞を2度も受賞したライナス・ポーリング博士という方が、1970年代に『ビタミンCと風邪』なる書籍を発行しています。
その中に、1日に5〜10gのビタミンCを摂れば風邪が予防でき、もしかかっても症状が軽くなるという記述があるのです。

 

ポーリング博士の発表は、当時医学会を騒がせたそうで、現在でも賛否両論になっています。
博士はビタミンCには寿命を延ばす可能性もあると述べていますが、ご本人も93歳まで生きていることから、個人的には信ぴょう性が高いのではないかと考えています(^∇^)

ちなみに、私はティートータル社の紅茶をペットボトルに入れて持ち歩き、外出先でうがいや水分補給に活用させていただいたりもしました。
紅茶は殺菌作用が高く、インフルエンザウイルスの効力も失わせるというので、きっと風邪予防の一助になってくれたはず♪

 

 

その2:肌トラブルが起きにくくなった

お肌の弾力やハリに必要なコラーゲンの合成にかかわるビタミンC。
たるみやシミ、ニキビの予防など美容に効く栄養素として広く知られていますよね!

 

私も『ブラックモアズ バイオC』を飲んでいる間、目立った肌トラブルに見舞われることはありませんでした(^∇^)

「最近、疲れているな〜」と感じるときニキビや吹き出物ができることがあったのですが、ほとんどなくなりました。
汗をかきやすく、以前はよく額やあご、背中にニキビができていましたが、それも随分減ったなぁと感じます♪

また、肌の色が白いせいか顔色が悪く見えることが多いのですが、なんとなく肌の印象が明るくなったような気がします!

 

 

その3:筋力や体力の維持

ビタミンCは筋肉に多く含まれているため筋力や体力の維持にも関係すると考えられており、「老化予防のクスリ」と呼ばれているのです。

また、エネルギーを生み出す工程である「クエン酸回路」を正常に回すためにも欠かせません。
エネルギーの材料になるのが糖質や脂質、たんぱく質ですが、作り手(ビタミンC)がいなければ元も子もないのです。

 

私は外でスポーツをする習慣がないため、筋力や体力に不安を抱くことはありますが、長時間歩いても意外と平気だったり、筋トレ後に痛みを感じることは全くなかったりします。

これも、ビタミンCの働きのおかげではないでしょうか♪

まだまだ多くの効果がありそうなビタミンC。
引き続き『ブラックモアズ バイオC』のレポをおこなっていきます!

<参考商品>